知りたい「リンゴ酸」サプリメントの効果、効能、副作用


今回のテーマは、

知りたい「リンゴ酸」サプリメント
の効果、効能、副作用

について紹介します。

リンゴ酸というのは、
リンゴやブドウ、クランベリーなどの

果物の野菜や野菜に含まれる
アルファヒドリキシ酸(AHA)の
一種のサプリメントです。

最近アルファヒドリキシ酸は
皮膚の角質除去剤として
注目されている美容サプリメントですが、

その一種であるリンゴ酸を内服すると、

エネルギーの生成に重要な働きをします。

しかしその点はあまり知られていません。

リンゴ酸は低酸素症と
関わりがあるとされています。

このことから、
リンゴ酸は結合組織炎の
治療薬として研究がすすめられています。

結合組織炎には治療薬がなく、
効果的な治療法もあまりありません。

理由は分かりませんが、
女性に多い傾向にあります。

スポンサーリンク

「栄養医学ジャーナル」誌に
発表された研究では、

15名の結合組織炎患者に
毎日1200mgから2400mgの
リンゴ酸を投与し、

4週間から6週間の間
300mgから600mgの
マグネシウムと偽薬を順番に与えました。

すると、最初の二日で、
全患者の痛みが軽減し、

リンゴ酸を摂取している期間中は、
この状態が続きました。

ところが、偽薬に切り替えた途端、
48時間以内に症状が悪化し始めたのです。

この研究から、リンゴ酸が
結合組織炎や慢性疲労症候群など、

低酸素症が原因となる
病気の突破口となるのではないか
と期待されるようになりました。

運動選手はリンゴ酸が

スタミナと持久力を強化する
サプリメントとして実証される事を
待ち望んでいます。

これにはきちんとした根拠があって、
動物実験により、

リンゴ酸がエネルギーの生成を強化して、

有酸素運動能力が
アップすることが明らかにされています。

筋肉の酸素欠乏を予防すると言う
リンゴ酸の重要な役割を考えると、

エネルギーの生成力が高まり、
運動効率が向上するのも
もっともだとうなずけるでしょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメント

  1. 匿名 より:

    りんごだけにアップルですか?

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。