unnamed

知りたい「クレアチン」サプリメントの効果、効能、副作用


今回のテーマは、

知りたい「クレアチン」
サプリメントの効果、効能、副作用

について紹介します。

クレアチン・サプリメントは

ボディビルダーや運動選手の間で
人気のある「スポーツサプリメント」です。

クレアチンというのは、
体内で自然に生成されるアミノ酸ですが、

骨格筋に集中しており、
身体を動かすために必要な細胞燃料となる

アデノシン三リン酸(ATP)の生成に不可欠です。

クレアチンというのは肉や魚などの
食事中にも存在するのですが、

私たちは食事から1日1gのクレアチンを
だいたい摂取していますが、

スポーツ選手や活動的な人にとっては
それだけでは不十分です。

体内のクレアチンの約95%は骨格に集中しており、

残りの5%は心臓や脳、精巣にあります。

激しい運動をすると食事からとる
クレアチンだけでは筋肉への供給が
不足気味になってしまいます。

そこでクレアチンのサプリメントを取ることで、
疲労した筋肉細胞が回復し、

より長時間トレーニングを行う事ができます。

「国際スポーツ栄養学ジャーナル」誌
によって発表された研究によると、

クレアチンサプリメントを摂取し、
定期的に運動をしている人は、

クレアチン・サプリメントなしで
トレーニングしている人に比べ、

より多くの脂肪を燃焼し、
より良い筋肉状態を作り出すことが
明らかになりました。

またテキサス女子大学による研究では、

クレアチンが男性重量挙げの選手の
運動効率を高め、

より重いウェイトをより長く
持ち上げられたと報告されています。

クレアチンはダイエットに
不可欠なだけではありません。

筋肉は脂肪よりも重いので、
筋肉をつけると体重は増加しますが、

引き締まって肉付きがよく見えます。

裏付けとなる証拠はないのですが、

クレアチンがスタミナを増し、
体力を向上させたと言う友人や
スポーツトレーナーの話を良く効きます。

しかしランニングなど、
過剰な筋肉が邪魔になってしまうような
長距離の選手には効果的ではないかもしれません。

クレアチンのメリットは
もう一つあります。

テキサス女子大とクーパークリニックの
共同研究では、

コレステロールと中性脂肪などの
脂肪性物質の血中値が全体的に高い場合、

クレアチンがこれらを
低下させることが分かりました。

中性脂肪値が高いと心臓病や
心臓発作の危険性が高くなるそうです。

ただ飲み過ぎにより
クレアチニンの血中濃度が上昇し、

副作用として尿の量が増え、
腎臓や心臓に負担をかけると言う
報告もあるので注意が必要です。

unnamed
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。