知りたい「アルファカロテン」サプリメントの効果、効能、副作用


今回のテーマは、

知りたい「アルファカロテン」
サプリメントの効果、効能、副作用

について紹介します。

まずは有名なカロチノイド族の筆頭、
アルファカロテンのサプリメントの
効能から解説しましょう。

カロチノイドというのは
果物や野菜に含まれる物質で、
天然の色素でもあります。

植物には健康に効能のある
栄養素である

植物栄養素(ファイトニュートリエント)
と呼ばれる天然の植物化学物質が含まれています。

それは果物、野菜、穀物、
豆類に色や風味を与える物質で
様々な病気から守ってくれる働きをします。

最近の研究では、

カロチノイドは単に彩りを添えるのではなく、
抗酸化剤や抗がん剤としての効果に
優れていることが分かりました。

植物の成長には日光が必要ですが、
それでも太陽から出される紫外線を
日常的に浴びると、

危険なフリーラジカルが形成され、
遺伝子に異常をきたします。

そこで植物は、
生存競争の中で危険要素
となる紫外線から身を守るための

メカニズムを必要とし、
それがカロチノイドなのです。

カロチノイドは紫外線を取り除き、
発がん性物質から身を守るための

サンスクリーン効果を持つ
天然物質なのです。

植物中に存在するカロチノイドは
500種類以上もあり、

約50種類が食用の
果物や野菜に含まれています。

カロチノイド族の中でもっとも
有名なのがベータカロテンですが、

21世紀の抗酸化物質の
スターと呼ばれている物は5つあり、

アルファカロテン、ベータカロテン、
リコペン、ルテイン、ゼアキサンチンの
5つです。

ビタミンAの前駆体である
ベータカロテンですが、

ベータカロテンは
体の要求に応じてビタミンAに

変化する働きがあり、

これまでの研究は、
βカロテンを中心に行われていました。

最近までβカロテンそのものは
利用価値がなく、

ビタミンAに変化して初めて
体内で有益になると考えられていましたが、

現在は、βカロテンなどの
カロチノイドにはそれぞれの
効能があることが分かっています。

中でもアルファカロテンは

人参や、橙、黄ピーマンなどの
緑黄色野菜に含まれている色素、

βカロテンと同じく

体内でビタミンAに変化する
(プロビタミンAとしての作用)

活性酸素を除去する
(抗酸化作用)

という二つの機能がありますが、

1の機能はβカロテンより弱いですが、

フリーラジカルによる損傷から守る
働きはベータカロテンより10倍強力です。

スポンサーリンク

アルファカロテンの主な効果、効能

<アルファカロテンの主な効能>

・抗菌、抗ウィルス、抗真菌作用
・抗酸化作用、抗がん作用
・白内障になるのを防ぐ
・生活習慣病のリスクの低減

1980年代、
βカロテンがガンの一部に対して
効果を持つという研究報告に続き、

脚光を浴びました。

そこで、他のカロチノイドにも
隠れた効能があるのではないか、

と期待して研究を行った所、
驚くべき事実が判明しました。

それまで無名だったカロチノイドが
素晴らしい抗がん作用を示し、

しかもその多くがβカロテンよりも
効果が高かったのです。

その中の一つが
アルファカロテンであり、

アルファカロテンはこれまで
まったく注目されていませんでしたが、

現在ではサプリメントとして
見直されています。

アルファカロテンが
動物実験で肺がんや肝臓がん
皮膚がんの腫瘍の数を大幅に
減少させたのです。

実際にアルファカロテンは
ベータカロテンの10倍もの

皮膚や目、肝臓や肺の組織を
フリーラジカルによるダメージから
保護する力を持っています。

またベータカロテンと同様に、

アルファカロテンもビタミンA
へと変化します。

アルファカロテンの摂取法と副作用の注意点

アルファカロテンを
最も多く含む食物は、

調理したニンジンやカボチャです。

アルファカロテンのサプリメントは
単体で販売されているほか、

混合カロテノイド・サプリメントや
抗酸化補助食品にも配合されています。

単独でとるより、
βカロチンなど他のカロチノイド
と一緒にとる方が効力が高まります。

また、ビタミンB群、ビタミンD、ビタミンE
カルシウム、リン、亜鉛と一緒のときに
ビタミンAが最高の働きをします。

カロテンと一緒にとった
多価不飽和脂肪酸は

抗酸化物質が存在しないと
ビタミンAの働きを妨げます。

アルファカロテン摂取の注意点としては、

成人の場合、
1日5000IU以上を
何ヶ月にも渡ってとり続けると
毒性効果が生まれると言う報告があります。

子供の場合は、1日当たり、
18500IU以上とると
毒性効果が現れ、

1日当たり、
34000IU以上のベータカロテンを
とり続けると皮膚の黄変の原因に
なる事があります。

ビタミンA過剰の症状として

髪が抜ける、嘔吐、下痢、
皮膚が鱗のようにはげ落ちる、
ぼやけて見える、発疹、骨が傷む
生理不順、疲労、頭痛、肝臓肥大

など副作用も報告されています。

またコレステロールを下げる薬を
飲んでいる際は、

ビタミンAの吸収率を下げるので
カロテノイドサプリメントが必要でしょう。

なお妊婦さんは、処方される
ビタミンA経口剤で

奇形発生の恐れがある場合もあるので
お医者さんと良く相談の上、

ビタミンA
アルファカロテン、ベータカロテンなどを
賢く摂取していってください。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。