真夜中の空腹を抑え、食べずに寝る睡眠ダイエットに成功する方法


今回のテーマは、

真夜中の空腹を抑え、食べずに寝る
睡眠ダイエットに成功する方法

について紹介します。

夜中になるとお腹が空く…

誰でも経験があると思うのですが、

まず覚えておいてほしいのは、

この寝る前に食べてしまうか、
食べずに眠るのかの分かれ道を決めるのが、

睡眠の絶対量です。

寝る前にお腹がすくと言う
反応は誰にでも起こりますが、

普段から睡眠の絶対量が
確保できていると、

お腹が空いていても
我慢できる事が知られています。

食べずに寝る事は大切です。

スポンサーリンク

夜中にお腹が空いてしまう意外な理由

夜中になるとお腹が空く理由は、

夜になるほど人間の脳は
活動を低下させます。

すると実際にはお腹が空いていないのに、
脳が勝手にエネルギー不足だと判断し、

エネルギーを補充させようと
ホルモンを分泌して空腹を知らせます。

しかしこれは偽物のシグナルです。

そこで何かお菓子や食べ物を
食べてしまうと、

成長ホルモンの分泌が減り、
ダイエットを困難にしたり、

内臓に食べ物が入る事で
内臓が活動して温度が上がってしまい、

深部体温が下がりにくくなり
睡眠が浅くなってしまいます。

食べずに寝る方が良いのです。

だからこそこのテーマで
紹介しているような

睡眠を良くするテクニックを使い、

15分でも早寝をして
睡眠の絶対量を増やす事は

眠る前に食べて睡眠が
浅くなると言う悪循環を
断ち切る事ができるのです。

真夜中にものを食べない方が良いのはなぜ?

睡眠の質を上げ
ダイエットに成功するために、

では眠る前に、
食べない方が良い時間帯とは、
具体的に何時頃を指すのでしょうか、

「眠る3時間前には食事を
終わらせた方が言い」

と良く聞きますが、

もう少し具体的に言えば、

起床から14時間後が
(6時起床の人なら20時)が
胃酸のピークです。

胃酸は消化を助ける重要なものです。

この胃酸が出にくい時間に食事をとる

これ以降は夜遅い食事になりますので、

色々なテクニックを実施しながら
できるだけ控えましょう。

ただし、眠る前にはできるだけ
食べないように気をつけていると、

今度はお腹が空き過ぎて
夜中目が冴えて眠れないと
言う問題が起こる事があります。

これは食欲を亢進するグレリン
と言うホルモンが増えることで、

脳を覚醒させるオレキシン
と言う物質が増える仕組みがあるからです。

オレキシンは、

脳を覚醒させると同時に
身体を動かす事を

促進させる作用もあるので、

お腹がすいて眠れない時に

「お腹がすいたなら食べ物をとってこい」

と脳が命令する動物的な反応も生みます。

真夜中の空腹を抑える方法

ではこう言った状況に陥った時
これを解決するためには、

どういう方法を使えばいいのでしょうか。

一時的にお腹が満たされるような
作用を人工的に使ってみましょう。

どうしてもお腹がすいたときには、

小さじ一杯のご飯を口の中に甘みが広がり
噛む所が無くなるまでしっかり噛みます。

寝る前に炭水化物を食べると
糖分が増え太ってしまう、

と気にする人もいるでしょう。

確かにその通りなのですが、

ただこの方法は、

お腹がすいてしまったときに
お菓子を食べないようにするための
応急処置なのです。

だからこそ意識してほしいのが

『少量を良く噛む』

と言う事、

通常、夜中にお菓子などを食べ始めると、

硬いものを噛んでいるにも関わらず
良く噛まずに飲み込み、

次々と口に入れて
止まらなくなってしまいます。

ダイエットにとってこれは危険です。

これはドーパミンによる
やめられなくなる作用なので、

少量のご飯を良く噛むのは

お菓子に手を出す前に、

脳にエネルギーを補給したと
思い込ませる事が狙いです。

ご飯を良く噛んでいると、

糖分が吸収されやすく、
一時的に食欲が満たされたような
反応を作る事ができます。

しっかり噛む事で
セロトニンが分泌され、
イライラや落ち着きがない気分が安定するので、

ご飯を飲み込んだ後は、

空腹感が減り、次々と
食べようとは思わないはずです。

真夜中の空腹を防ぐ夕食の取り方

真夜中にお腹が空く事を
防ぐためにも、

通常の夕食でも工夫が必要です。

ダイエット目的で
夕食を抜いて空腹のまま
眠る人がありますが、

これでな脳が空腹と言う危機を察知し、
「栄養を取りたい」と言う反応を起こし

深い眠りにつけなくなります。

脳が空腹を気にするあまり、
眠りが浅くなります。

さらに食欲機能や代謝機能が低下し、
リバウンドのリスクも起こります。

ダイエット自体が身体に悪くては
何のためにしているのか
本末転倒になるので、

一日3食規則正しく食べる事を意識し、
夕食はしっかりととりましょう。

食事のリズムは時計遺伝子を整え、

昼間の身体のサーカディアンリズムを
調整してくれるようになります。

そして際簿の食事は
寝る3時間から二時間前に終わります。

睡眠ダイエットに重要な
成長ホルモンとメラトニンの分泌が
最大になるゴールデンタイムに

満腹でも空腹でもない状態が理想です。

そして真夜中にどうしても
空腹を感じてしまった場合、

少量のご飯を良く噛んで食べてください。

こう言った事を心がければ、

眠る前にお腹がすいてしまうのも、
お腹が空きすぎて眠れなくなるのも
なくなります。

食べずに寝るのが理想ですが、

紹介した対処方法で
その場を乗り切りながら、

睡眠サイクルを整え、

トラブルそのものが起こらないように
していきましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。