unnamed

快眠・美容ダイエット効果のある枕、自分に合う枕選びのポイント


今回のテーマは、

快眠・美容ダイエット効果のある枕、
自分に合う枕選びのポイント

について紹介します。

「朝起きたときから肩が凝っている」

「睡眠時間は足りているのに
朝から腰が重い」

もしもあなたにもそんな症状に
心当たりがあるならば

その不調の原因は
布団や枕などの寝具にあるかもしれません。

枕と言うのは、
ただ頭を乗せておくだけ
のものではありません。

自然な姿勢を保ち、
首と首の中を通る血管などを
保護するためのものです。

首の頸動脈は脳への血管の通り道で、

そこを流れる血管によって
脳の機能は睡眠中にも維持されます。

枕は脳の活動も支える重要なものです。

ダイエットのためにも健康のためにも
適切な枕選びは軽視しては行けないポイントです。

良い眠りにはこだわろう

枕や布団ベッドなどを選ぶのは
少し時間がかかり面倒です。

が、「この程度で良い」と妥協せず
自分に最適なものを探すのが重要です。

寝室周りに関しては
素晴らしい環境を作るには
時間がかかります。

しかし、それだけの効果があるのです。

良い眠りを働かす事ができれば、
一日中素晴らしい体調で活動する事もできます。

つまり、素晴らしい眠りを作るために
私たちができる事は、

昼間に環境を整え、
夜に眠りにつく準備をする事です。

私たちは眠くなったときに
意思の力で眠らないでいる事はできますが、

眠りたいと思っても
意思の力で眠りにつく事はできないのです。

私たちができる事は
身体本来の能力を引き出し、

質の良い睡眠を呼び込む
工夫をする事、

これが唯一できる事で
最も大切な事なのです。

そう言う意味でも、

自分に合う寝具に変えただけで、
たちまちぐっすりと眠れるようになり、

痩せホルモンの効果も期待でき
ダイエット効果も期待できます。

自分に合った寝具の見つけ方の
ポイントは以下のような事があります。

ダイエットに効果のある枕選びのポイントは「高さ」

多くの人が勘違いしているのが

「枕は後頭部に乗せて眠るもの」

と言うものがあります。

所はこれは勘違いです。

なぜなら、後頭部を枕に乗せると、
首が前に倒れ過ぎてしまい、

うつむいた時の形になってしまうからです。

これでは次第に苦しくなってきて
熟睡ができず、

痩せホルモンも出ないのです。

快眠・美容ダイエット効果のある
自分に合う枕選びができれば、
人生は変わります。

普段私たちが二足歩行で
生活しているときは

頭とくびは自然なS字カーブを
描いています。

ですから、寝る時も
そのS字をキープするような
形で横たわることが望ましいのです。

S字カーブを保ったまま横になると

後頭部は下に向かって
つきだす状態になります。

首は後ろにグーッと落ち
布団との隙間があくようになります。

このときに、枕で首の部分を
支えられている事によって

私たちは心地よいと感じるのです。

自分に合った枕選びを心がけよう

一般的には自分の腕くらいの高さで
楽に寝返りが打てるサイズが

良い枕の条件とされますが、

個人差はもちろんあります。

最近では枕選びの専門家や
専門店もありますので

アドバイスを受けてから
試しながら買うのも良いでしょうし、

自分でできる工夫もあります。

座布団やバスタオルを重ねるなどして
自分で高さや硬さを調整し、

最適の高さと硬さを見つけるのです。

最近では、枕の中央部分がくぼみ、
その分、周りが高くなっているものが
売られています。

仰向けの時には後頭部が
くぼみにハマり、

寝返りを打って横向きになっても
頬がしっかり支えられる

という工夫がされているものもあります。

そういった枕を選べば
ダイエットにも効果があるものです。

中には高価な枕もあり
それが自分にフィットする場合もあるでしょう。

しかし365日一日の
3分の1の時間を睡眠に捧げるのです。

枕も寝具もこだわって
けちけちしない方が良いでしょう。

ある意味、枕を買う事は
投資のようなものです。

良い枕を選び、質のいい睡眠が取れる事で
日中の仕事や勉強がはかどるとしたら、

非常に投資対効果は高いのです。

闇雲に高いものを買う事が
ベストな選択ではありませんが、

自分に適した枕選びは
私たちの心身の状態を変えてくれる
大切なものです。

自分に合うものを
真剣に選ぶようにしましょう。

ダイエットを成功させる枕のサイズ

快眠・美容ダイエット効果
のためには、

また枕のサイズにも
気を配りたいですね。

極端に小さい枕だと、
寝返りを打った時に

頭がガクンと枕から
外れてしまう恐れがあるからです。

出来ればホテルによくあるような
大きな枕が理想的です。

なおかつ、クッションの具合が
上を向いても横を向いても

ちょうど首回りの支えになるような
硬さのものがダイエットにとってはベストです。

睡眠中私たちは一晩に
20回ほど寝返りを打つと言われていますし、

さらに頻繁に手足を動かしているのです。

それが窮屈にならないように、
楽に動けるサイズのベッドそして枕が必要です。

窮屈な状態で寝てしまうと、

全身の血管や筋肉が硬くなり、

血液の循環が悪くなり
ダイエットに逆効果です。

快眠・美容ダイエット効果のある
自分に合う枕を選ぶのがポイントです。

また枕の材質によって形状が
変化する枕もありますので、

枕を購入する時は
自分で実際に試しながら選ぶことを
お勧めします。

unnamed
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。