エアコンをつけたまま寝ると太る、快眠ダイエットを促すエアコン


今回のテーマは、

エアコンをつけたまま寝ると太る、
快眠ダイエットを促すエアコン

について紹介します。

「エアコンをつけたまま寝ると太る」

と聞くと驚く人が多いのですが、

夏や真冬など
ついついエアコンをつけたまま
寝てしまい、

次の日の調子がどうも悪い・・

そんな経験があると思うのですが、

実はこれダイエットに関しても
痩せにくい身体を邪魔する要注意の行為なのです。

太りにくい身体を作るためにも

心地良い居眠りの条件には
「寝付きの良さ」は欠かせません。

睡眠の入り口で躓けば、
一晩中それを引きずってしまう
場合もあるからです。

眠ったような、眠らないような
うとうとした状態が続き、

やっと深く眠れたかと思えば
朝になっていたのであれば、

疲れは倍増してしまい、

フラストレーションもたまるばかり、

どうしても太る原因になります。

そうならないためにも

布団に入ればできる限り
短時間でスーっと眠られる
環境を作るのが大切ですが、

その際の的となるのが、

夏の蒸し暑さによる寝付きの悪さ
冬の寒さによる冷えによる寝付きの悪さ、

…こう言った環境の悪さに
対処するためにはどうすれば良いのでしょうか?

スポンサーリンク

夏にエアコンのせいで太るのを防ぐ方法

夏は涼しく、冬は暖かく
エアコン頭いのは便利なものですが、

エアコンや暖房に頼ってしまう季節は
寝床内気候をバランスよく保つ上で
気をつけたい事があります。

夏の場合、

都会はアスファルトも多く、
緑が少ないため、

夜になっても気温が
なかなか下がらないですが、

ただでさえ体力を消耗しがちな夏に

ぐっすりと眠って疲れを
取らなければダイエットが難しくなる
だけでなく体調も崩します。

だからエアコンや扇風機、除湿機を
使用する機会も増えます。

その際には、各機器からの風が
直接身体に当たらないように注意しながら、
さらにタイマー機能を活用しましょう。

就寝してから3時間後にはタイマーの
スイッチがオフになっていることが望ましいです。

タイマー機能を使わずに、

一晩中、身体に風を当てていると、
朝起きたときい身体がぐったりしている事があります。

こんな状態では
痩せホルモンを出すどころか、

しっかり眠ったつもりでも、体の疲れは
芯から取れていない事になるので

太るやすい身体になる事もあり
注意が必要です。

夏にエアコンなしで快眠する方法

もしエアコンなしで
熱帯夜を乗り切りたい場合、

室内を涼しくする方法の一つに
グリーンカーテンがあります。

グリーンカーテンと言うのは

窓全体にネットやひもを
張り巡らせ、

つる植物を絡ませて窓を覆うものです。

グリーンカーテンは、

窓から差し込む夏の強い日差しを遮り、
室内の温度上昇を抑えます。

遮光率は60%以上、
室温は10度ほど性でると言われます。

日中直射日光を遮れば

壁自体に熱が蓄積されないので、
冷房を使わなくても

涼しく夜を過ごせます。

グリーンカーテンがあれば、
エアコンなしでも、

心地よさを手に入れ
夜も熟睡し太る事を防いでくれ、

さらにエコ活動にもなるので、

実践できる方にはオススメです。

冬にエアコンのせいで太るのを防ぐ方法

蒸し暑い夏の季節も
なかなか寝付けませんが、

寒い時期もまた
手足などが冷えて寝にくいものです。

そのため電気毛布をかけたり、
暖房器具をつけたまま寝る人もいますが、

どうしても空気や皮膚が乾燥し、
器官や肌トラブルが気になり、

夜中に咳き込んだり
肌のかゆみで目が覚める場合もあり、

また、冬の場合、

寒さのあまり、とにかく部屋を暖めようと
暖房をガンガン付けて寝てしまうのもNGです。

エアコンの効いた暖か過ぎる部屋では、
帰って寝つきが悪くなる事も多く、

ダイエットの足を引っ張ってしまいます。

こういった場合は、寝る前に部屋を暖めておき、
布団に入ったら暖房のスイッチを
オフにするくらいがちょうどよいでしょう。

冬にエアコンなしで快眠する方法

冬にエアコンの暖房なしで

暑くなりすぎずぐっすりと眠り、
太りにくい体質を作るためには、

敷き布団の下にアルミ製の
断熱シートを敷くと

グンと暖かさが増します。

これは敷き布団に伝わった自分の熱が、
逃げる道を遮断する意味があり、

登山用品に以前から
アルミシートが使用されていましたが、

最近では寝具用の
アルミシートも販売されています。

さらに足先の冷たさが
気になって眠れない人は、

お風呂上がりに、

指の間の水分をしっかり拭き取り、

5本足ソックスをはいて
ベッドに入るのも良いでしょう。

吸湿性と通気性に優れた
絹のソックスなら、

他の素材に比べて
軽くて柔らかい上に

布団の中で足が温まりすぎて
蒸れる心配もなくオススメです

またベッドの中で
足の指を閉じたり開いたり

と言う運動を少し繰り返すと、
血行も良くなり

足がポカポカして
気持ちよく眠れるでしょう。

こうした工夫をして、

なるべく機械には頼らず、
自分の体温と寝具で調整をしながら

寝床内気候を整える事を心がける事

そうすることで、
季節と環境に応じて、
微調整の効く体になっていくはずなのです。

エアコンが太る原因になる

と言った事はなかなか気づかないものです。

こうした些細な気の使い方を
工夫することで、

快眠ダイエットができ
痩せやすい身体が作れるのです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。