光を目覚まし時計代わりに、朝日で気持ちよく目覚める健康効果


今回のテーマは、

光を目覚まし時計代わりに、
朝日で気持ちよく目覚める健康効果

について紹介します。

光を目覚まし時計の代わりにすると

健康効果があるだけでなく
ダイエットにも効果的です。

忙しい現代人が朝起きる際、
アラームを使って起きるのが普通だと思います。

ただ、

「けたたましいアラーム音が苦手」
「毎朝、ドキっとして起こされるのが不愉快」

こんな風に、目覚まし時計に関する

そこで、朝、目覚まし時計で
起きるのが苦手な人に

私がお勧めしている方法があるのですが、

それは「音」でなく「光」を
活用すると言うものです。

分かりやすく言うと、

夜は夜らしく暗くして眠り、
朝は光を浴びることで

身体は自然の反応として
目覚めるという事になります。

さらに光を上手く使うと

健康にメリットもあり
美容に関しても効果があります。

スポンサーリンク

光を目覚まし代わりにする方法

光を目覚まし時計の代わりに
活用するのはとても簡単です。

まずは大きな窓、外の明るさを
取り入れやすい窓のある場所で眠る事です。

カーテンは遮光にせず、
夜は月明かり、

朝は太陽の光が十分入る
ようにすると理想的でしょう。

朝に自然に光が脳に
届けれれば、翌日の朝は

さらに目覚めやすくなる効果があります。

ただしマンションの
共有廊下の照明や近隣の照明で、

カーテンを開けると人工光で
寝室が明るくなってしまう場合は

しっかりと遮光する事が大切です。

遮光カーテンの場合は
あらかじめ隙間を開けて
眠ることで調整できます。

身体に余計な負担もかけず
気持ちのいい自然な目覚めを
感じる事ができるお勧めの方法です。

光を朝浴びる事の健康効果

目覚めてから、すぐ寝床を出て
窓から一メートル以内の所に行き、

朝日の太陽光を浴びるのは効果的です。

さらに二度寝をしてしまう場合、

朝目覚めても身体が起こせず、
ぼーっとしてしまう場合も、

まずはカーテンを開け、
照明を付けましょう。

それから二度寝してもOKです。

目覚めたのに暗いまま眠ってしまうと、
生体リズムがスタートしないので、

朝起きられないサイクルから
脱却しにくくなります。

しかし光がある状態で
眠ってしまったとしても、

脳に光は届きますので、

メラトニンなどのホルモンの
生体リズムはそこからスタートします。

例えば窓が北側にしかなく、
直接日光が入らなくても、
問題ありません。

私たちの目は焦度を絞るので
外の方が暗く見える事もありますが、

光の強さは部屋の中央にいるより
窓側にいる方が強いので、

目が覚めたらできるだけ早く
窓側に移動するようにします。

これを続けられれば、

朝の生体リズムがスタートする時間が
徐々にそろってきて、

自然に目が覚めるようになるでしょう。

朝日で気持ちよく目覚める
健康効果により、

またリズムが良くなり
痩せホルモンの分泌もスーズになります。

夜に避けるべき光の種類

朝に朝日を浴びるのは効果的です。

そして光と眠りが深くかかわっている
話をしましたが、

明るさだけでなく「眠れなくなる光」
があることを知っていますか?

私たちの睡眠を妨げる光は

緑から青の波長の光、
いわゆるブルーライトなのです。

究極のブルーライトは
太陽光と言えば、

ブルーライトで眠れなくなるのは
納得できませんか?

たとえ徹夜明けであっても
私たちは朝に太陽光を浴びると
目が覚めます。

時差ボケの時に、眠くても
外で太陽の光を浴びるように言われるのは

究極にブルーライト、
太陽光の威力を目覚ましに使っている訳です。

これを効果を逆手に取れば、

熟睡しやすい環境づくりの
ヒントになります。

たとえば、自宅のリビングや
ベッドルームには

黄色灯や間接照明を設置する、
寝る前にパソコンやスマホを
使う時には

ブルーライトをカットする
メガネやフィルターを活用するなど
工夫ができます。

夕方以降のブルーライト対策で
あなたの眠りはより深いものになるでしょう。

朝は光を目覚まし時計の
代わりにして起きる、

そして夜は余計な光を遮断する。

気持ちよく眠り、目覚める健康効果

このステップを心がけるだけで

健康効果があるだけでなく
ダイエットにも効果的です。

ぜひお試しください。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。