寝酒は睡眠、ダイエットへの悪影響、寝る前のアルコールの弊害


今回のテーマは、

寝酒は睡眠、ダイエットへの悪影響、
寝る前のアルコールの弊害

について紹介します。

「よく眠るためにはアルコールを飲む事」

と信じている人がいたら、
ただちに考えを改めるべきでしょう。

寝酒は睡眠を害し太る大きな要因です。

英語ではナイトキャップと良い、
世界中で眠る前に、

ぐっすり熟睡するためにアルコールを
飲む習慣があり、

これをいわゆる寝酒といいますが

お勧めしない行為です。

お酒とダイエットの関係について

このサイトでは
何度か述べてきましたが、

美しく健康的に痩せるために、

お酒が好きな人は我慢して
辞める必要はありません。

ただその飲み方や飲むお酒の種類など
しっかり意識する必要はあります。

特に寝る前のお酒は注意が必要です。

お酒を飲んで眠るその睡眠は、
健康的に美しく痩せる為の眠りとは、

かけ離れたものだからです。

スポンサーリンク

アルコールと睡眠の関係

「お酒を飲むと眠れる」

そんな経験を持つ人もいるでしょう。

なぜなら、
お酒の成分であるアルコールには
覚せい水準調整作用と言う性質があり、

私たちを陽気で元気にさせる
働きがある事の他、

反対に眠くさせたりもします。

また、眠るまでの時間を
短縮する作用があるために

「お酒を飲むとすぐに眠れる」

と思う人がいるのでしょう。

ホッとしたい夜、

寝酒を飲みたくなる気持ちは
私にもわかります。

しかし、お酒を飲んで寝てしまうと、
その後の睡眠の質に変調をきたしてしまうので
気をつけなければなりません。

お酒を飲んで寝ても、
眠りが浅く短期間睡眠になります。

そして怖いのが習慣化です。

長期的にお酒を飲んで寝る
と言う習慣を持つと

徐々に心と身体、
睡眠の質に悪影響をもたらします。

寝酒で太るメカニズム

お酒を飲むと、私たちの体では
どんな事が起こるのでしょうか?

私たちがお酒を飲むと、
アルコールは肝臓に運ばれます。

肝臓と言うのは
ダイエットにとって重要な器官です。

そして、アルコールが分解されて、
アセトアルデヒドと言う物質になります。

アセトアルデヒドには覚醒作用があり、
私たちの眠りを浅くします。

お酒を飲んだ日に、夜中に
起きてしまう事があるのはそのためです。

熟睡する時間こそ
睡眠ダイエットに書かせないものです。

当然のことながら
痩せホルモンもあまり分泌されません。

つまり、健康と美容のためには
アルコールは敵とも言えます。

体のリセットに関しても、
アルコールが入っている状態では
不十分なまま朝を迎えてしまいます。

眠りの導入にはなっても、
その後は覚醒作用によって
眠りが浅くなってしまうのが

アルコールのマイナス面の特徴です。

眠りの導入は簡単になっても、
深い眠りは出来なくなるのです。

睡眠に分泌する様々な恩恵、
回復機能が完全に働ききりません。

充電が不十分なまま
生活していけばどうでしょうか?

日々の生活の質は
徐々に落ちていってしまいます。

お酒はタイミングと量が重要

これまで寝酒のデメリットについて
紹介してきましたが、

ダイエットや睡眠のために
「禁酒しなさい」とまで極端な
事は言いません。

このサイトではダイエットのため
飲むお酒の種類として、

ビールより赤ワインを
オススメしています。

食事とともに少量のワインを飲む事は
身体に有益な作用もあります。

ただお酒は、あくまでもストレス解消や
リラックスのための嗜好品と言う
位置付けであって

睡眠をサポートする事とは
無関係な存在です。

食事のときに晩酌を楽しんだり、
飲み会やパーティーの時に
友達と楽しんだりする事は

人生の彩りとして大切なことでもあります。

しかし寝酒はダイエットの邪魔をするだけでなく、
睡眠の質も低下させてしまいます。

特に寝酒を習慣にしては危険です。

毎日飲む事はせずに
休肝日を作る事、

寝酒の睡眠、ダイエットへの
悪影響をしっかりと認識し、

寝る前のアルコールの弊害を避けましょう。

布団に入る3時間前までのお楽しみとして、
お酒と上手に付き合って行きましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。