unnamed

不眠症とダイエットの関係、よく眠る事は痩せ体質を作る方法


今回のテーマは、

不眠症とダイエットの関係、
よく眠る事は痩せ体質を作る方法

について紹介します。

よく眠る事は痩せ体質を作る
素晴らしい方法です。

睡眠の質を高める事は

健康、美容、長寿
すべてにとっても重要なのです。

多くの人が誤解している事に、

「寝ているときには、
心身の活動はストップしている時間」

と勘違いしている事があります。

しかし真実は、

睡眠時間は活動停止の
時間ではありません。

脳や身体をリセットして
痩せホルモンを分泌させるための

一種の活動の時間でもあるのです。

つまり、眠る事は

痩せ体質を作る活動

と理解すると良いでしょう。

例えば、こんな風に考えて下さい。

飛行機をひたすら長く飛ばし続けたとします。

もしも、飛行時間を長くしたいあまり、

整備上での待機時間を
削ったらどうなると思いますか?

もちろん、機体へのメンテナンスが
不十分になり、

たちまち大事故につながる故障をするでしょう。

実はそれと同じ事が人間にとっての
「睡眠」にも言えるのです。

飛行機の整備上での作業は
「無駄」や「停止」ではなく、

円滑に滑走する為の
「整備」という「活動」なのです。

だとすれば、

「睡眠時間は何もしないので
もったいない・・」

というイメージではなく、

「明日を快適に過ごすために
必要な今夜の活動」

と捉える事ができると思います。

スポンサーリンク

よく眠る事で痩せ体質を作れる

睡眠と言うのは、

人間の活動においては、
いわば裏方のような存在です。

無くてはならないけれど、

普段は特別にその存在を
意識しなくても、

きちんと暮らしていけるものです。

だからおろそかにしてしまう事もありますが、

よく眠る事は痩せ体質を作るため
大切な事です。

質の高い睡眠を取ると、

心と身体にとって良い事はたくさんあります。

健やかに、穏やかな気持ちで暮らせるのも
良く眠れているからです。

「では良い睡眠とは何?」

と改めて考えると、

それは、

昼間眠くならず、
仕事や家事、勉強など日常生活を
滞り遅れると言う、

極シンプルで当たり前の事です。

それが長期的に続けば、
体質も変わってきます。

不眠症とダイエットの関係

良く質問されるのですが、

「私は不眠症気味なので
ダイエットも上手く行かないのでしょうか?」

と言うもの、

しかしここで、
不眠症と睡眠不足は全く違うものです。

不眠症の症状には
4つのタイプがあります。

寝付くのに2時間以上かかる
「入眠困難」

夜中に何回も目が覚める
「中途覚醒」

朝早く目覚めてしまい、
その後なかなか寝付けない
「早朝覚醒」

十分に眠った気がしない
「熟眠困難」

誰でも彼でも
こうした症状は多かれ少なかれ
経験するものですが、

2、3日程度であれば
睡眠不足が続いても大丈夫です。

その後しっかり眠れたら
問題は無いのですから、

気にしすぎる事無く
調整をしていきましょう。

こう言った症状が
週3日以上、1ヶ月に渡って
続く場合不眠症と診断されます。

眠れないと言う思い込み

もちろん、症状が悪化した場合、

しっかりとした専門医に
見てもらうなど対処が必要ですが、

不眠の原因は

ストレス、神経症、うつ病、
痛みや発熱など身体的なもの、
脳の病気などありますが、

意外と多いのが、

温度や湿度、静けさなど
睡眠環境が整っていなく
眠りにくいと言う場合があります。

そしてもう一つが、

眠りに対して神経質に
なりすぎているケースです。

「正しく眠らなきゃ痩せれない」

…などと意識を強く持ちすぎると、

スムーズな入眠を妨げられる
可能性が高くなります。

まずは睡眠環境を整え、

睡眠時間をしっかり確保しましょう。

不眠症で眠れなくて悩む人も
時間を意識すれば、

思っているより良く眠れます。

「眠れない」
「眠らなきゃ」

と言う思い込みを捨てて

気軽に布団に入る事を
まずは心がけたいですね。

理想の睡眠を取るためにできる事

ところで、私たちの脳は
眠る時間を考え始めるよりも、

ずっと前から「今日の睡眠」の
準備を始めているのです。

医学的には、その日の晩に
眠る態勢が整うのは、

光で体内時計がリセットされたときから
14時間後と言われています。

つまり、夜の12時に眠るためには
朝の10時には起きて、

脳に次の睡眠の準備を
開始させてあげるべきなのです。

私たちの体にはもともと
備わっているシステムがあり、

朝の光を浴びてから
14時間から16時間で

次の眠る態勢に入る事は
自然の摂理として決まっています。

ですから、あなたが今晩
眠りたい時間から逆算して
14~16時間前に起きておけば

今晩はぐっすり眠れて
痩せホルモンも十分に分泌されるだけでなく、

明日の朝もすっきりと
目覚める事ができるようになります。

痩せ体質を作るためにも
良く眠れる環境作りを整えましょう。

不眠症とダイエットの関係は、
美容・健康・長寿と深い関わりがあります。

よく眠る事は痩せ体質を作る方法です。

素晴らしい睡眠を作れるよう
少しずつ環境を整えていきましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。