unnamed

寝る前に食べても太らない人の3つの法則、就寝前に食べるなら


今回のテーマは、

寝る前に食べても太らない人の
3つの法則、就寝前に食べるなら

について紹介します。

「就寝の3時前には食事を終わらせること」

が鉄則と前に述べたのですが、

実は例外があります。

そこで今回は、寝る前に
食べても太らない3つの法則
というものを紹介します。

「腹の皮が突っ張れば、
目の皮がたるむ」

と言う言葉があるように、

お腹がいっぱいになれば
眠くなると言う実感がある人も
いると思いますが、

半分正しく、半分間違いです。

満腹な状態では質の良い
睡眠は手に入れる事ができません。

お腹がいっぱいになれば、

消化のためにエネルギーが
消化器官に集中してしまい、

思考能力が低下し、
頭がぼーっとしますが、

これは身体や脳を休ませるために、
眠くなると言う訳です。

なので就寝直前の飲食は、
眠りを誘うどころか

かえって熟睡を妨げます。

だから

「就寝の3時前には食事を終わらせること」

は理想ですが、、

理想通りにもなかなか
行かないのが現実です。

スポンサーリンク

寝る前に食べても太らない法則

というのも、私たち現代人の
忙しい生活では

毎日きちんと就寝3時間前までに
食事を終わらせる事は難しいのが現実です。

飲み会が盛り上がって
遅い時間まで飲み食いをしたり

残業で遅くなって深い時間の
食事になったりする事は

よくある事ですよね。

さらに、いくらダイエットのためとはいえ

「寝る前3時間は
死んでも食べ物を口にしない!」

と言うように、

かたくななルールを作ってしまうのは
ストレスをためてしまい、

精神的に良い事ではありません。

どんなルールにも例外はあるように
ダイエットにも抜け道はあります。

最も大切なのは、ダイエットと
楽しく付き合って行く事です。

それがダイエットを長続きさせる秘訣でもあります。

そこで私も実践している

「夜遅くに食べても太らない体つくりの3つのコツ」

を紹介します。

1.1日2リットルの水を飲む

2.サプリメントでカロリーをコントロールする

3.野菜から食べ始める

この三つの法則を守れば

就寝3時間前にこだわらなくても

安心して食事ができ 

就寝後もしっかりと痩せホルモンを
分泌させることができます。

詳しく説明します

1.一日に二リットルの水を飲む

就寝前に食べるなら普段から、

なるべく泉の湧水に近い
ミネラルウォーターや浄水を

一日二リットルを目安に飲む習慣を作ります。

これは体の中の老廃物を外に出す
いわゆるデトックス効果が目的です。

体内の老廃物を排出する為の尿や、

吸収されなかった食物のの頃の便を
速やかに体の外に出すためには

水の摂取が欠かせません。

またデトックスをすることで

身体の代謝は上がります、

代謝にはエネルギーが必要ですから、

一日中を通じて脂肪が燃える体に変わるのです。

寝る前に飲み過ぎない方が良いですが、

日中多く水を飲む事を意識すれば、
寝る前に食べても太らないようになります。

2.サプリメントでカロリーをコントロールする

夜遅く食事をする時は

カロリーカット系のサプリメントを活用します。

炭水化物を多く食べるなら
白いんげんのサプリメント

脂っぽいものや甘いものを
食べるならキトサンやギムネマのサプリメント

ちなみに私がサプリメントを選ぶ際は

原料が植物に近いものを選ぶようにしています。

市販の錠剤状にサプリメントの多くは、

有効成分は半分以下から
10%程のものがほとんどです。

大部分が錠剤にする為の混ぜものなので

なるべく混ぜ物は少なく
植物に近い状態のものを選ぶと良いでしょう。

3.野菜から食べ始める

食事をする時は、
野菜や海藻やキノコと言った
食物繊維が豊富なものから
食べるようにします。

これは前にもブームになった

低インシュリンダイエットに近い考え方ですね。

食後に血糖値が急に上がると
それを下げようとして

インスリンも急激に分泌されます、。

ここで勢い余って分泌されたインスリンは
中途半端な時間の空腹感を呼び
さらなる過食を呼んでしまいます。

就寝前に食べるなら
こうしたインスリンの分泌を抑えるために

食事の初めは血糖値の低い
食物線維を多く含んだ食べ物から食べるようにする
と言う方法です。

お手軽な食物繊維のサプリメントもお勧めです。

また良く噛んで食べる事も大切です。

良く噛む事と食べる事は
一見何の関係もないように思えますが、

良く噛まずに食べると
血糖値が急激に上がり、

胃や腸の負担がかかり、
快便の妨げにもなります。

胃や腸が疲労していては
メンテナンスに眠りの時間が取られ、

睡眠が浅くなります。

逆に顎を動かして良く噛むと

顎の筋肉も鍛えられ
唾液の分泌も良くなります。

血糖値の上昇も抑えられ、

ホルモンの分泌を促して
脳を活性化させる事にもなります。

痩せホルモンも分泌するので

良質な睡眠のためにも
意識して良く噛む習慣をつけましょう。

これらを気をつければ

多少寝る前に食べても太らないようになります。

いずれも簡単に実践できるものばかりなので
ぜひ今日からスタートして見て下さい。

理想を目指しながらも
柔軟に対応しながらやっていくのが
睡眠ダイエットのコツでもあります。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。