unnamed

部屋の片付けとダイエットの関係、痩せる清潔な寝室の作り方


今回のテーマは、

部屋の片付けとダイエットの関係、
痩せる清潔な寝室の作り方

について紹介します。

「寝室が汚い人ほど痩せにくく
綺麗好きは痩せやすい」

こういうと多くの人が驚きます。

なぜ部屋とダイエットが関係あるの?
そんなこと信じられない・・

と言う反応をする人が多いのですが、

これは真実です。

部屋が清潔な人は、不潔な人に比べて
確実に痩せやすいと言えます。

特に寝室は重要です。

例えば、

以下の項目に当てはまるものはありますか?

□寝室に雑貨やぬいぐるみが置いてある
□部屋の掃除は週に一度、しない時もある
□布団を干す習慣はない、布団乾燥機も使用していない

もしもこれらの項目のいずれかに
当てはまるものがあれば要注意です。

あなたの寝室は清潔とは言えません。

しかも、寝室が清潔ではない事により
上質な睡眠が妨げられ、

無意識のうちに痩せにくい身体に
なってしまっている可能性があります。

特に、寝室にあるちょっとした
置物やぬいぐるみが

気づかない内にあなたのダイエットと
睡眠を邪魔している可能性もあります。

部屋の片付け掃除は
ダイエットに必須なのです。

部屋が汚いと睡眠の質が低下する

なぜ寝室が不潔だと質の良い眠りが
できないのでしょうか?

ちょっとここで考えてみて下さい。

例えば、埃っぽくてかび臭い部屋と、
湖畔にある木立からさわやかな
風が吹き抜ける部屋。

同じ睡眠時間を取ったとして

どちらが翌朝、気持ちよく
目覚められると思いますか?

当然後者ですよね。

痩せホルモンというのは、

清潔な環境で眠る方が十分に分泌されるので
ダイエットにも効果が見込めるのです。

これは考え方によっては、

部屋を清潔に保つだけで
ダイエットの成功できるという事、

痩せる清潔な寝室の作り方

ぜひ今日から実践したいことですね。

寝室とダイエットの関係

もし一人暮らしであれば、

あなたに適切な部屋の環境を作る事は
睡眠ダイエットにとって大切です。

しかし、家族で住む場合、

睡眠時の悩みとして良く聞くのが、

同じ部屋で寝るパートナーと
体感温度が違いすぎると言う点、

夏に夫がエアコンの設定温度を下げれば
妻は布団の中で寒さに震え

冬に妻が暖房を強くすれば、
夫は寝苦しくて何度も目を覚ます…

と言った事がありますが、

夜中にエアコンのリモコンを
取り合って喧嘩をしているようでは

ますます寝不足の原因になります。

寝不足で体調を崩し、
太ってしまうだけでなく、

夫婦仲が険悪になる事もあります。

性格や体格などによって
体感温度は違って当然です。

同じ環境で全員が眠れる訳ではありません。

寝室を家族分作れる・・といった
余裕のある人はそう這いません。

そこで解決策としては

室温をどうにかするのではなく、

それぞれが自分に合った
睡眠環境に寝具で調整する事です。

痩せる寝室を作ると、
色々な面でメリットがあります。

睡眠ダイエットに適した寝室の作り方

部屋の片付けを習慣化するとともに、
清潔な寝室を保ちながら、

以下のような工夫をしましょう。

暑がりの人は掛け布団の
ボリュームを減らす他、

夏ならひんやりするパッドシーツなど
機能性の高い敷き寝具を取り入れてみたり、

寒がりの人は夏でも
羽毛布団をかけたり、

冬は敷き布団に毛足の長い
パッドシーツを加えてみたり、

自分にとって理想的な
寝床内気候を保てるように工夫します。

寝るときの環境や寝具は

一人一人の姿勢や体格にあった
ものを使えうほど、

睡眠ダイエットはスムーズになります。

夫婦だから、恋人同士だから、、

といって一つの布団で
眠る必要はありません。

できればダブルベッドより
シングルベッド2台の方がオススメです。

ダブルベッドの場合でも
寝具は1人ずつ、それぞれの
身体にあったものを選びましょう。

掛け布団や敷き布団も
別々にした方が良いですね。

寝返りもスムーズになり、
ぐっすり深く眠れます。

そうして不快質の良い睡眠がとれれば、

健康ダイエット効果だけでなく、

心が穏やかになり、
お互いに対する思いやりの気持ちも
生まれてくるでしょう。

喧嘩の絶えない夫婦の仲を
改善させる鍵は、

意外にも寝室にあるとも言えます。

ダイエット、夫婦仲と
部屋の関係は案外大きいのです。

ダイエットに理想の部屋とは?

部屋の片付けはちょっとした
運動になるのも効果的ですし、

何よりも気持ちいいです。

さらに痩せる寝室を作れば、

健康、美容、長寿に
メリットがあります。

ではダイエットに理想の部屋
とはどういった部屋でしょうか?

家と違って、一流ホテルで
宿泊したときに、

いつもより良く眠れたと言う人がいますが、

それは寝具の質だけでなく、

睡眠に適した環境を工夫した
部屋だからと言う理由もあります。

ホテルと言うのは睡眠ダイエットに
素晴らしい環境が全て備わっています。

例えば、室温と湿度

室温は冬15℃、夏25℃
湿度50%前後が理想です。

自宅でも寝る前のエアコンを調整し、
加湿器などで工夫できます。

また明るい光が目に入ると
脳は覚醒してしまうので、

ホテルのような調光は嬉しいですね。

自宅の寝室でも
光源が直接目に入らない、

間接照明やフィットライトを使うと
良いでしょう。

壁や天井、カーペット寝具の色は

好みがあるので一概に
どれが良いとは言えませんが、

一般的には
赤やオレンジ黄色と言った
刺激の強いものを避け、

ベージュやブラウン、グレーと言った
ナチュラル系の優しい色合いが
眠りを促進してくれます。

睡眠でもダイエットでも
目指す部屋の環境は一流ホテル、

清潔で快適な環境で睡眠を取る事で
様々な恩恵が得られるので、

ぜひできる所から始めてください。

unnamed
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。