痩せホルモンを出す食材・食べ物、熟睡・快眠とタンパク質の関係


今回のテーマは、

痩せホルモンを出す食材・食べ物、
熟睡・快眠とタンパク質の関係

について紹介します。

美容、健康、長寿のために
どんな食べ物を食べるかというのは
非常に重要ですが、

当然睡眠の質にも関わります。

特に快眠のためにタンパク質の
摂取が重要になってきますが、

私たち体の形の大部分を
作っているのはタンパク質であり

タンパク質はみずみずしい身体を
キープする為のも欠かせない栄養素
と言う事になります。

ところが、タンパク質は肉や魚と言った
主菜に多く含まれますが、

ダイエット中は摂取カロリーを
抑えようとするために

それらを食べることを制限
しがちになります。

すると潤いやはりが失われ
身体はパサパサの干物状態に
なってしまうのです。

美容、健康、長寿のために、
食べ物にも気を使わなければ行けません。

スポンサーリンク

痩せホルモンを出すタンパク質

さらにダイエットの味方になる
痩せホルモンの正体も実は
タンパク質なのです。

美容を促すホルモンの原料は
たんぱく質が担います。

食べる補正下着と言われるくらい
良質なたんぱく質を食べ物で補う事は

痩せホルモンを作る材料は
補充する意味で大切です。

ということはつまり、

睡眠面と食生活面の両方を考えても

タンパク質は必要不可欠になるという事。

潤いのあるみずみずしい
身体をキープしたまま

美しく痩せるためには
タンパク質を上手にとるべきなのです。

ダイエット中でも賢く効果的に
タンパク質を取るにはコツがあります。

私がお勧めするのは

朝晩一回ずつ、一日二回
取るという方法です。

例えば、朝は納豆や魚と言った
典型的な日本の朝食に使われる食材には

タンパク質が豊富に含まれています。

快眠を促すタンパク質の取り方

もちろん食事でたんぱく質を
しっかりとると言う事は

熟睡、快眠を促す上で大切な事ですが、

朝食を取る習慣がないという人であれば

手軽にとれる粉プロテインを
活用するのも手ですね。

水に溶かして飲むだけで
タンパク質の補給ができます。

粉プロテインは身体を維持する
用のものをお勧めします。

100%植物由来のプロテインなら
この条件を満たしています。

逆に、筋肉増強用のものを用いると
予想外に太ってしまう可能性もあるので
ご注意ください。

次に晩に取りたいタンパク質は

摂取時間がポイントになります。

基本は、終身3時間前までに夕食として
タンパク質を取る事です。

例えば、12時間に眠る人なら
9時までにタンパク質中心の食事を
すませましょう。

すると、消化吸収されたタンパク質は

ちょうどいいタイミングで

就寝後に痩せホルモンとなって
身体を巡って行きます。

睡眠の質の高まりを感じるでしょう。

深く熟睡できるようになり、

そしてこれが適切に痩せホルモンを
分泌してくれるようになるのです。

朝もスッキリ目覚めます。

快眠のための痩せホルモンを出す食材

タンパク質以外にも

シソジュース、ネギスープは
快眠を促し、痩せホルモンをだすのに
役立つ食材と言えます。

シソと言うのは、

日本の代表的なハーブで、

昔から優れて薬効がある
と言われてきましたが、

特徴のある爽やかな香りは

寝付きの悪さや、
質の悪い眠りも改善してくれます。

しかし、シソの葉を生のまま
大量に食べるのは難しく

一度に対象に摂取できるために
ジュースにするとオススメです。

作り方を紹介します。

<シソジュースの作り方>

ステップ1.

赤じその生の葉を300g用意します。

これを冷水に20、30分ほどつけて
アクを抜き取ります。

水2リットルの入った鍋に
アクを抜いたシソの葉を入れて

強火で煮立たせます。

沸騰したら、火を弱めて
2、3分煮ます。

ステップ2.

シソの葉を鍋から
取り出して残った煮汁を

良く洗った使用済みの
飲料用ペットボトルに注ぎ、

冷蔵庫などで保存します。

ステップ3.

これを夕食前などに
コップ1杯ほど飲むと良いでしょう。

このままでは飲みにくいと言う人は、

蜂蜜やメープルシロップを
足して口当たりを良くしてから
飲むのも良いでしょう。

こうした手間が面倒だと言う人は、

漢方薬の店に、

赤じその葉を乾燥させて
粉末にしたものを購入する事もできます。

またシソと同様に、

漢方の生薬として知られるのが、

長ネギの白い部分です。

長ネギのスープを夕食時、
または寝る30分から1時間前に飲むと、

快眠を促し痩せホルモンを
出すのに効果的です。

長ネギのスープの作り方を
いかに紹介します。

<長ネギスープの作り方>

ステップ1.

長ネギの白い部分を
10センチくらいの長さに切り、

網焼きで焦げ目がつくように焼きます。

ステップ2.

次に、焼きネギをみじん切りにします。

ネギを焼くと甘みが出てきて
味わいが深くなりますが、

この甘みも体力回復へのキーになります。

ステップ3.

300ccの水を入れた鍋に
鶏ガラスープの素を入れて温め、

沸騰したら味噌を溶き入れます。

火を止め、ネギのみじん切りを
加えて出来上がりです。

この長ネギスープは
快眠ダイエットだけでなく、

風邪気味のときにもオススメです。

起きているときも
寝ているとき時も少しの工夫で

美しく痩せられるのです。

ぜひお試しください。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。