なぜヒーラーは生体エネルギーで病気を治す事ができるのか?

なぜヒーラーは生体エネルギーで病気を治す事ができるのか?
今回のテーマは、

なぜヒーラーは生体エネルギーで
病気を治す事ができるのか?

について紹介します。

ここ数十年の科学的進歩のおかげで、

生体エネルギーを測定する技術が
色々と生まれてきています。

普通に科学技術を使って生体エネルギーを
説明できるようになってきたのです。

人間の体内に存在する、

或いは体外へと放出されるエネルギーというのは、
極めて微弱なものですが重要な役割を持ちます。

スポンサーリンク

しかもそのエネルギーを数値化できる
機械も開発されてきているのです。

数十年前には医学者の間では

そんなエネルギーの存在は
完全に否定されていました。

ところが現在では、

そのエネルギーのメカニズムや、
病気時におけるエネルギーの変化まで

明らかにされつつあります。

またヒーラーと呼ばれるような

優れたセラピストが、どのように
患者のエネルギーを感じとり
修正するのかという

生物物理学的メカニズムも
ある程度、解明されつつあるのです。

そうです。時代は変わってきています。

いつまでも頭を固くしたままでは
非常にもったいないと言えます。

こう言ったエネルギーに関する
メカニズムが解明されてきたおかげで

今までの生物学に取って空白だった領域が
埋められつつあると言う事です。

とはいえ、それは

何かしら新しい分野から生まれた発見

という訳でもありませんし、

特定の研究方法が必要だった

という事でもありません。

多岐にわたる研究分野のおけげで、
根本的な事実が明らかになってきた
というだけの事なのです。

医学界が認めようが認めないが、、

人体に作用するという治療法というのは

突き詰めれば、形は違えど
何かしらのエネルギーを利用していたのです。

つまり、
エネルギーを素直に受け入れさえできれば、
現代の医学ではさじを投げられたような

つまり、エネルギーを無視してきた
治療法では手に負えない重症にも

何かしら回復する方法が
見つかるかもしれないのです。

ぜひ、心を柔軟にフレキシブルにして
エネルギーについて取り組んで行きましょう。

なぜヒーラーは生体エネルギーで
病気を治す事ができるのか?

一緒のこのメカニズムを考えて行きましょう。

そして、すばらしい新しい
この世界の事一緒に学んでいきましょう

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。