寝る前の腹筋は危険?腹筋ダイエットのメリット・デメリット


今回のテーマは、

寝る前の腹筋は危険?腹筋
ダイエットのメリット・デメリット

について紹介します。

ダイエットにチャレンジしようとする人に
インタビューしてみて

「あなたが最も気になる部位はどこでしょうか?」

一番先にスリムになって欲しい所を聞くと

男性女性に限らず

「お腹!」

と答える人が圧倒的多数です。

確かに引き締まったお腹
くびれのあるお腹周りは
魅力的で理想的ですね。

「ではお腹を引っ込めるために何をしますか?」

と聞くと、これまた圧倒的多数の人が

「腹筋運動」

と答えます。

もちろん腹筋運動は悪い事ではありません。

毎日の習慣的な運動は
体内時計を適切に調整してくれ、

睡眠にとっても効果的ですし、

筋肉を付ける事は
成長ホルモンや痩せホルモンを出す
メリットもあり非常に重要です。

しかし、、

睡眠ダイエットのための腹筋

これはある意味正解でもあり、
不正解でもあるのです。

これは睡眠ダイエットを
成功させる運動と言う意味でも
非常に大切なテーマです。

ここでしっかりと理解していきましょう。

スポンサーリンク

腹筋のダイエットへのメリット

確かに、腹筋運動により
お腹に筋肉を付けることで
身体の前側のゆる身が引き締まり、

ポッコリお腹はスッキリするはずです。

また睡眠の質を良くするために
少しきついくらいの運動をするのがベストです。

これは睡眠中に再生ホルモンや
痩せホルモンが出やすくなるためで、

筋肉を動かす事で
成長ホルモンが分泌されます。

なので睡眠ダイエットのためには

有酸素運動のような
快適で無理のない運動よりも、

無酸素運動などの筋トレが
効果的でありメリットが大きいです。

筋トレをすると筋肉が太くなりますが、

これは負荷がかかった
筋繊維が傷つき、

それを修復する事で太い筋繊維に
生まれ変わる事ですが、

その過程で成長ホルモンが
分泌されます。

中でも、腹筋は毎日できる
筋力トレーニングとして重要です。

腕や足の筋トレをする場合、
超回復のために休息日として
日にちをおく事がセオリーなのですが、

腹部には他の部位にの筋肉に比べ、
骨とのつながりや血行の流れも
いい場所にあるので

傷ついても回復が早いと言われているからです。

だから毎日のようにできる
筋トレとしてお勧めできます。

美しく痩せる事を目指す人が
腹筋運動をする事自体は、
間違っていないのでぜひやって欲しいのですが、

ただし寝る前の腹筋運動は

残念ながら不正解です。

筋トレをやるにはタイミングが最も大切です。

寝る前にきつい運動をするのは
睡眠ダイエットにとっては少し危険です。

睡眠の質を下げるデメリット、
リスクがあります。

寝る前に腹筋をしてはいけない理由

寝る前には腹筋や筋トレなど
激しい運動をしない方が良いのです。

なぜなら、腹筋運動のような
激しい動きをしてしまう事で

自律神経の内でも交感神経と
呼ばれる場所が刺激され

交感神経が優位になります。

これで私たちの体は日中と同じように
シャッキリと覚醒してしまうからです。

それでは、不眠を促し

痩せるために必要な眠りを
妨げてしまいます。

結果的に痩せたいはずに始めた
腹筋運動によって、

太ってしまう事があるのです。

これが腹筋のデメリットです。

私の友人でも、忙しい中
ダイエットに励もうと頑張り、

寝る前に腹筋を始めた人がいますが、

徐々に眠れなくなり、体調が悪くなり
逆に太って行った人がいます。

「なぜこれだけ頑張っているのに・・」

と悩んでいましたが、

このメカニズムを教え、腹筋をする
時間を変えてもらっただけで

スムーズに健康的に痩せて行く事に成功しました。

寝る前でなく、朝に運動、
腹筋をすれば最も効果的です。

ぜひ実践してほしいと思います。

金メダリストの腹筋トレーニングを
正しい時間にやって美しく痩せましょう↓

寝る前にするとダイエットに効果的な運動

食事制限やカロリー制限など
無理なダイエットで筋力が落ちた人は、

基礎代謝が低下し、

一時的に痩せたとしても、
実は太りやすい身体になってしまいます。

また自律神経のバランスが乱れ、
身体に不調を起こしたり、

不眠になるケースもあるのです。

だから運動の習慣、筋肉を付ける習慣
と言うのは非常に重要なのです。

筋肉を付ける運動をすれば、
だいたい3ヶ月経ったころには

見違えるほど健康になり、

適度な筋肉がつき
スリムに引き締まった体型で、

ハダニは潤いとハリがあって
皮膚のバリア機能も回復します。

基礎代謝が上昇する事で
体温や免疫力も上がり、

表情も生き生きとして
体全体が若返るでしょう。

多くのメリットがあります。

でも筋トレをするには
タイミングが重要と言う事です。

なので、腹筋をするなら日中

これを覚えておいてください。

或いは、眠るためには、就寝前には
腹筋運動のような筋トレ系の運動ではなく、

ストレッチやリラックスヨガなどの
身体を緩める動きの方が適しています。

或は深呼吸も寝る前の運動としては
オススメです。

副交感神経を優位にする運動が良いでしょう。

身体を緩めて深く眠り
痩せホルモンを十分に分泌させましょう。

やり方次第で腹筋はダイエットに
メリットもデメリットももたらします。

寝る前の腹筋運動は痩せる睡眠を
殺してしまうので要注意です。

ぜひ参考にして下さい。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。