unnamed

痩せホルモンが活発する体内時計リズムと睡眠ダイエットの方法


今回のテーマは、

痩せホルモンが活発する体内時計
リズムと睡眠ダイエットの方法

について紹介します。

眠っている間の脂肪燃焼効果を
見込める「痩せホルモン」の働きを
より活発にするのが、

3・3・7睡眠法です。

睡眠法のテクニックと言うのは
本当に様々あります。

もちろんそう言った方法は
効果的なものであり、

今後様々なテクニックやノウハウを
紹介していきますが、

あまりこう言った方法に
神経質になりすぎるのも危険です。

きっちり○時○分に眠らないと行けない、
○○を正しい姿勢でやらなければ行けない、

など考えすぎると
ストレスになってしまい、

逆に睡眠の質を落としてしまいます。

睡眠の質を上げようと
試してみたテクニックも、

こだわりすぎると精神が不安になり、
ぐっすり眠れなくなります。

不安や緊張は脳に取って
強い覚醒刺激になってしまいます。

だからこそ、安眠のために
そう言った不安を取り除くのが大切です。

何か自分に合いそうな
睡眠テクニックがあれば、

柔軟に試していけば良いのです。

そう言った意味で今回はまず

理想の痩せホルモンが出る
目安の睡眠法として

これだけ覚えておけば

適切な美容に効果のある
痩せホルモンが分泌すると言う
目安を紹介します。

この睡眠法は、

特別な薬に頼ることなく、
美しく健康に痩せるために、

あなたのダイエットに
強い味方になる眠り方です。

詳しく説明します。

スポンサーリンク

夜中の「3時」には眠っている

人間の身体の中には
「体内時計」と呼ばれるものがあります。

どんなに真っ暗闇にいても、

ある一定の時間が来なければ
眠れないのも、

ずっと眠り続ける事ができないのも、
体内時計があるからなのです。

体内時計を持っているのは
人間だけではなく、

その証拠に、生物はほぼ同じ時間に眠り、
同じ時間に目覚めて活動します。

これらは体内時計によって
コントロールされているのです。

そして人間の体内時計は

昼や夜のサイクルに合わせて
活動と休息のリズムを刻みます。

もともと私たちの体は、

活動期と休息期を1セットと考えた時、
三つのリズムがあります。

24時間周期のサーカディアンリズム、
12時間周期のセーカセメディアンリズム
90分周期のウルトラディアンリズム

という3種類です。

これらのリズムがちょうど重なりあうのが、
夜中の3時前後です。

夜更かしをしがちな人も、
朝が弱い人も、

夜中の3時前後であれば
最も深く眠りやすい時間帯と言えます。

また痩せホルモンは夜10時から
夜中の3時までがもっとも分泌
されやすいことが分かっています。

という事は夜中の3時に眠っていれば
ギリギリとは言え、

痩せホルモンの分泌タイムに間に合います。

理想は10時に眠っている…

と言う事ですが忙しい
現代人に取って現実的ではありません。

なのでこれから、夜中の3時に
深い眠りについている事は、

私たちにとって、自然な流れであり、

ダイエット効果も高いという
効率のいい眠り方になるのです。

眠り始めの「3時間」はまとめて眠る

痩せホルモンは、眠りについた
直後の3時間にまとめて分泌されます。

そしてその後は、ほとんど
分泌されない事も分かっています。

そもそも、私たちの眠りの種類は二つ、

脳の情報処理時間と言われる
レム睡眠と、

脳の完全休養時間と言われる
ノンレム睡眠を

繰り返し、次第に眠りが浅くなって
目覚めを迎えます。

ノンレム睡眠とレム睡眠の繰り返しは

1セット約一時間半です。

また眠りの深さによって
脳波も異なり、

最も深い眠りの際には
デルタ波の波形をかきますが、

一般的に大人
はこのデルタ波を描く時間

つまり深い眠りの時間が
睡眠全体の内2時間無ければ

目覚めがすっきりしなかったり、
疲れが取れない感じを受けます。

人レム睡眠の中でももっとも
深い眠りが現れるのは

最初の2セット程度なので、
眠り始めの3時間は、

睡眠時間の中でも最重要になります。

こうしたリズムに合わせるのが
睡眠ダイエットの秘訣なのです。

一日トータルで「7時間」睡眠を目指す

健康的に美しく痩せたいなら、
睡眠時間は7時間、

この7時間睡眠が、最近の
スタンダードになっています。

睡眠時間と肥満との関係について
アメリカのコロンビア大学の論文で、

ハッキリとした結論が出ています。

睡眠時間7時間の人に比べ
5時間の睡眠では肥満率が52%高く、

4時間では72%も高くなったのです。

このデータから、
7時間より短い眠りの人は

睡眠時間が少なくなるにつれて
太りやすくなる

とも読み取ることができます。

また「たっぷり眠る事が最高の睡眠だ」

と長時間睡眠信仰を
持っている人もいますが、

例えば週末に

「今日は寝だめしておこう」

と昼過ぎまで眠ったものの

すっきり疲れが取らず、
あまたも身体もしゃきっとしない

と言う経験をした経験がある人も
多いと思います。

これは寝過ぎです。

もちろん人によっては
たくさん睡眠を必要としたり、

疲れた時、大いに頭や身体を使ったときに
たっぷり眠るのが大切ですが、

その睡眠も質が良くないものであれば
長く眠る事に意味はありません。

それどころか質の悪い
睡眠をだらだらと続けてしまうのは、

脳と身体を鈍化させる
と言う事にもつながるのです。

なので質の高い睡眠を
7時間とると言う事を目安にしましょう。

毎日適正な睡眠時間を取る事は、
心身ともに健康で過ごすための基本です。

痩せホルモンが活発する
体内時計リズムに合わせた

睡眠ダイエットの方法は効果的です。

痩せホルモンを活発にし
美しくダイエットするために

これらの事から「3・3・7睡眠法」
は健康的に美しく痩せる効果を期待できます。

ぜひ今夜から試してみて下さい。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。