善玉菌、悪玉菌の割合、腸内細菌はアンチエイジング、若さの秘訣


今回のテーマは、

善玉菌、悪玉菌の割合、腸内細菌
はアンチエイジング、若さの秘訣

について紹介します。

前回紹介したように、

アンチエイジングを実現し
若さを保つ秘訣は腸内環境にあります。

では腸管環境を正常に保ち
バランスをよく働かせるには
どうしたら良いのでしょうか。

その答えの一つが腸内細菌です。

腸管には無数の腸内細菌が
バランスよく常在しています。

善玉菌、悪玉菌などと分かれ、

色々な説がありますが、

300種類、100兆個以上
とも言われています。

腸内細菌の主な活動場所は

小腸下部から大腸全体に
かけての部分です。

これらは、腸の中で同じ
種類の最近同士が集まって
住み着いています。

この集団の事を「腸内細菌叢」とか
「腸内フローラ」と呼びます。

叢は草むら、フローラは
花畑と言う意味です。

正常な腸内フローラは
乳酸菌やビフィズス菌など
善玉の腸内細菌が、

大腸菌などの悪玉菌より
優勢な状態なのです。

そしてこの腸内フローラの
割合が正常なら

免疫システムもバランスが保たれ
腸管免疫の低下や過剰反応は
起こらなくなるのです。

そして外面のアンチエイジング、
若い肌や見た目を作る事ができるのです。

スポンサーリンク

アンチエイジングを実現する腸内細菌の効能

腸内細菌の効能について
面白い実験があります。

無菌マウスを使った実験で、

無菌マウスと言うのは
腸内細菌がゼロのため
免疫力がとても弱い状態のマウスです。

ところが、このマウスに
通常のマウスと同じレベルの
腸内細菌を与えると

通常の免疫力を獲得するそうです。

この実験から分かるのが、

後天的に健康や若さに有益な
腸内細菌を増やす事ができる事、

そして腸内細菌が
免疫力にとって大きく関わる事、

この実験から腸内細菌がいかに大事か
お分かりいただけるでしょう。

善玉菌、悪玉菌の割合をとれば
アンチエイジング、若さにも繋がります。

では腸内フローラを正常に
保つにはどうすれば良いのでしょうか。

それには「プロバイオティクス」と
「プレバイオティクス」が必要になります。

プロバイオティクスと言うのは

腸内の善玉菌を優位にするため

食品から乳酸菌やビフィズス菌を

直接摂取、補充して
悪玉菌を抑制することを言います。

一方で、体内の善玉菌は
オリゴ糖や食物繊維、ビタミン、
ミネラルなどを餌に繁殖します。

そこで善玉菌が増殖するための
栄養素を補給して、

その繁殖を促し、
善玉菌を優位にする事で

悪玉菌の増殖を抑える
仕組みがプレバイオティクスです。

この二本立てを継続的に
実践する事が、腸内菌の割合を改善し、

腸管免疫を正常に機能させ
アンチエイジング若さを実現する方法です。

腸内細菌を増やしアンチエイジングをする方法

腸内は免疫力の活動の最前線です。

腸内環境を大切にしておくことも重要です。

だからこそ食生活が健康、
免疫力向上の重要なカギを
握ってくるのです。

腸内細菌を増やすための食事をしたり

腸内細菌が喜ぶような
栄養を与える事が最も重要です。

そして他にも腸内細菌を増やし
腸内環境を保つために重要な事があります。

それは冷たいものをとりすぎない事です。

冷たいものはなぜ
身体にダメージを与えるのでしょう。

それは腸内環境を悪化させるからです。

冷たいものをとりすぎると
まず肌の老化が始まってしまいます。

基本的に哺乳動物は
各動物ごとにその平熱が決まっています。

例えば、牛の平熱は39度で

人間の平熱は36.5度です。

つまり、私たちの身体の細胞は
体温がほぼ36.5度の状態で
正常に機能するようにできています。

なので、キンキンに冷えた
ビールやジュースを飲んで、

腸が34~35度に冷えると

腸がしもやけを起こして
消化吸収能力が低下してしまいます。

さらに体内に侵入した異物を消化し、
無毒化してくれる白血球は

36.5度の体温と血液中に
栄養と酸素が十分になくては
働く事ができません。

これが肌のトラブルを招くのです。

善玉菌、悪玉菌の割合も悪化します。

また身体を冷やすと、
美肌のもとと言われるコラーゲンの
合成もできなくなってしまいます。

コラーゲンは私たちの身体の
30%をも占めています。

人間の皮膚は表皮、真皮、
皮下組織の3層で構成されていて

このうち、真皮はコラーゲンでできています。

そのため、コラーゲンが不足すると、
肌の保湿力が低下して

艶やハリが無くなるのです。

ちなみに、私たちの骨に
弾力があるのも、

このコラーゲンのおかげです。

口呼吸などによって入り込んだ
雑菌にコラーゲンがやられてしまうのが、

コラーゲン病(膠原病)です。

腸内細菌を減らさない習慣を持とう

つまり、冷たいものは
アンチエイジングを目指す人は
極力控えなければ行けません。

実際に、冷たいものをとるのを
やめたとたん腸内細菌のバランスが整えられ

湿疹やアトピー性皮膚炎の
症状が改善されたと言う
例はたくさんあります。

起床時などに冷たい水を
飲み続けたら必ず肌が荒れて、

やがてリウマチになってしまう
リスクが高まります。

たとえ真夏であっても、

アイスクリームや冷たいおそば
ビールや清涼飲料水など

身体を冷やすものは「美肌の敵」と思い、
できるだけ我慢しましょう。

このように、皮膚の健康は
腸内環境によって決まるのです。

だからこそ発酵食品など
有益菌が豊富な食物をとる事は
素晴らしい事なのですが

私がアドバイスしたいのは

ヨーグルトやその他乳製品は
あまり大量に食べてない方が良いと言う事、

これまでに臨床実験で

腸内が悪玉菌だらけに
なってしまう事が分かっています。

実は、身体にとっては
有益な物質は

ビフィズス菌そのものの中に
あるのではなく、

菌が生息している、
菌と菌の間にある液体の中に
存在するからです。

一方で野菜中心の
発酵食品などは

腸内細菌を増やす
アンチエイジング、若返りにとって
素晴らしい食材と言えます。

野菜に含まれるセルロースには
腸内細菌を整える働きがあります。

新鮮な野菜類を食べる事も
美肌作りに欠かせません。

腸のクオリティに注目しよう

腸は栄養のたまり場です。

人間を樹木に例えると、
腸は栄養を補給する大地のようなものです。

植物は、土の中に
根を張って土壌から栄養分を吸収します。

土壌には、さまざまな
栄養源やエネルギー源が含まれています。

人間の場合は、栄養素を
吸収しているのは小腸です。

なので腸壁の絨毛と言うヒダが
植物の根に相当します。

大腸も水分を摂取します。

まず根の状態、
働きがよくないと栄養素を
十分に吸収もできないですし、

ましてそこから十分な
エネルギーを作り出す事もできません。

ですから、腸は「生命力の根っこ」
といっても良いでしょう。

そして土壌の栄養源はまさに
口から取り入れる食物です。

土壌の善し悪しも大きな要素です。

地中の多くの微生物が
その善し悪しに影響を与えますが、

この微生物と腸内細菌の割合は
イメージが重なります。

土壌が腐っていれば
樹木は枯れてしまいます。

人間も、腸内環境を整え
腸管免疫をきちんと稼働させないと、

毒性物質が全身に回ってしまいます。

腸、血液、細胞は
三位一体なのです。

腸内菌を増やし、腸内環境を整え
アンチエイジング、若返りを
実現していきましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。