腸内環境の改善が肌の若返りアンチエイジング・スキンケアを実現


今回のテーマは、

腸内環境の改善が肌の若返り
アンチエイジング・スキンケアを実現

について紹介します。

「色白は七難隠す」
というように、

美肌は、美しい顔を
ますますキレイに見せてくれます。

だからこそ、

メイクアップ以上にスキンケアに
時間をかける人も多いでしょう。

肌のアンチエイジングは
誰もが気になる所です。

でも、気になる吹き出物や湿疹など、

肌荒れを起こす最大の要因は、

身体の外側ではなく
むしろ身体の内側にあります。

特に腸内環境が
その肌の調子を左右します。

腸内環境の改善が若さを取り戻し
肌のアンチエイジングを実現する
秘訣となります。

スポンサーリンク

腸の持つアンチエイジングの機能

私たちの体内にある腸管の
表面積は、

広げるとテニスコート1面半にもなり、

それが日頃から、
たんぱく質など食事で摂取した成分、

或は病原菌にさらされたりします。

人間の腸は「内なる外」と呼ばれるほど、

この器官は身体の内側にありますが、
外界からの刺激にさらされているのです。

だからこそアンチエイジングを目指すにあたり、

腸のクオリティ腸内環境の改善は
必須の事と言えます。

人間は口から肛門までを通す
1本の管のような動物です。

だからこそ腸の粘膜も
外界に接していると言えます。

その腸の粘膜を通じて、
外敵が侵入を試みる事もありますが、

腸管の免疫システムが、

吸収すべきものと異物とを識別し、

異物と判断すれば排除したり
その毒性を中和したりするのです。

つまり体内でとても重要な
役割を果たす

いわば免疫の最前線なのです。

この最強の防御システムが

「腸管粘膜免疫組織」と言うシステム

このシステムがしっかり
働いてくれるからこそ

スキンケアが上手くできるだけでなく、

私たちは健康でいられたり、
若さを保つ事ができるのです。

腸は栄養を消化吸収し、
食べ物の粕谷不要物を排出し、

さらに悪いものから身体を守る
素晴らしい機能を持ち合わせた臓器です。

さらに体内と肌はつながっているように

腸のクオリティで若返り、
肌のアンチエイジングも実現します。

腸へのダメージ、負担が上がるほど
肌の調子も悪くなります

口呼吸で肌がぼろぼろになる

ではなぜ腸の働きが下がるのでしょうか?

まず一つ目が口呼吸です

口呼吸をしていると、

鼻呼吸ならば撃退できるはずの
ウィルスや細菌、埃、花粉などの

異物が直接体内に侵入してきます。

或は冷たいものを食べ過ぎる事も
腸の負担を上げ、肌のアンチエイジングを
阻害してしまいます。

冷たいものを食べて
腸を冷やしてしまうと、

腸扁桃から雑菌が
白血球に乗って体内に入ってきます。

普通体内に侵入した異物は、

血液中の白血球によって
捕らえられ、

無毒化されて皮膚から
対外へ排除されます。

ところが、先ほどのように、
口呼吸や冷えが原因で
ウィルスの対処が多くなったり、

疲れていたり、
睡眠不足で体力が低下していたりすると、

身体が十分に新陳代謝できず、

元気のない白血球が
作られたり、

白血球の数が減少したりして、

雑菌を無毒化する力が
低下してしまいます。

白血球が捕らえきれなかった雑菌は

増殖しながら、
血流に乗って身体のあちこちに運ばれ
悪さを始めます。

皮下組織に行き着いた雑菌は
未処理のまま、ゴミ(毒素)として
皮膚から排泄されますが、

それが刺激となって、
肌荒れや炎症、湿疹を招くのです。

スキンケアが困難になります。

さらに白血球のくたびれや
減少が続いて免疫力が低下すると、

アトピー性皮膚炎や花粉症などの
アレルギー性疾患を招く事もあります。

アレルギー反応は、

白血球がアレルギー反応を起こす
原因となる異物、アレルゲン物質を
消化できなかったために起こります。

私たちは普段なかなか気づかない
悪習によって

腸に負担をかけ
肌のアンチエイジングにとって
厄介な習慣を持ってしまっているのです。

腸内環境を改善しアンチエイジングを

したがって、肌荒れを防ぎ
肌のアンチエイジングをするには

腸内環境を改善するのが
大切になってきます。

鼻呼吸をして腸を温め、
十分な睡眠を取る事が大切です。

また、喉から侵入して肌荒れの
原因となる雑菌を撃退するには
うがいも大変有効です。

朝起きたときはもちろん帰宅時はもちろん、
喉の洗浄をする事で

若返り肌もキレイになるのです。

肌を美しく保つには
食べ物選びにも注意が必要です。

食べ物が肌荒れや
アレルギー性疾患を招く事が
あるからです。

アレルギーの原因となる食品としては、
卵や乳製品などが有名ですが、

それ以上に注意をしたいのが
冷たいものです。 

冷たいものをとりすぎると
お腹を壊すのは

あなたも良くご存知だと思います。

しかし、冷たいものが身体に
与えるダメージは

それ以上で、皮膚や肌にまで
及んでしまうのです。

冷たいものを食べる事は
肌のアンチエイジングにとって
危険な事です。

実際に冷たいものを避けるようにするだけで
肌の若返りを実現する人は
何人もします。

また呼吸も大切で

胸式呼吸をしていると
肌が黒ずんできます。

特に口呼吸の人は
胸式呼吸になりがちです。

胸式呼吸は
呼吸が浅く、十分な酸素を取り入れられません。

体全体が酸欠気味になり、

細胞の新陳代謝も悪くなり、
内臓の機能も低下してしまいます。

その結果、顔色がくすみ
目の下にクマが目立つようになるのです。

顔のくすみや黒ずみの気になる人は、

身体に酸素を十分取り入れましょう。

細胞の新陳代謝を活発にして
老廃物の排出を促進すれば、

アンチエイジング・スキンケアをして
輝くような白い肌が手に入るでしょう。

横隔膜呼吸をすると、
自然と鼻呼吸が身に付きます。

是非以上のルールを守り
腸内環境の改善をしていってください。

さらに次回は肌のアンチエイジング

美容、健康、長寿すべてを
実現するために重要な

腸内環境を改善するための
腸内細菌について詳しく解説します。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。