アンチエイジング医学界の権威レオナルド・ガレンテの手法


今回のテーマは、

アンチエイジング医学界の権威
レオナルド・ガレンテの手法

について紹介します。

世界のアンチエイジング医学界で
今最も注目され、権威とされており、

同部門で最もノーベル賞に
近いと言われている人物が、

レオナルド・ガレンテさん、

アメリカ、マサチューセッツ工科大学の教授で、
長寿遺伝子Sir2(サーツー遺伝子)を
発見した人物です。

この遺伝子は、特別な人が持つものでなく、
誰しもが持っているもので、

人の寿命を司る働きがあり、
空腹時にスイッチが入るという特徴があると言います。

最近では本屋さんなどでも
空腹をテーマにした健康法が良く提唱されていますが、

この長寿遺伝子のスイッチが入ると
細胞中のミトコンドリアが活性化し、

エネルギー効率が高まり
結果、生物の寿命が延びると言われています。

このニュースはアンチエイジング業界でも
最も期待されている研究ですが、

この遺伝子を発見した本人が
どんなアンチエイジング手法を実践しているか?…

というのも気になる所です。

スポンサーリンク

アンチエイジング医学界の権威が行う若さの秘訣

人間の若さを求めるアンチエイジングの
欲求は強いものです。

寿命をコントロールすると言うのは、
昔からSFの世界などでは良く語られ、

ある種、夢の世界と、
誰しもが希望を持ちながらも、

非現実だと思われてきた事です。

人間や動物の身体には
老化やがん化を司り

寿命を左右する遺伝子がきっと存在する

それをなんとか見つけ出したい、

と言う世界中の研究者たちの
長年の願いを叶えたのが、

レオナルド・ガレンテさんです。

酵母菌の寿命に関わる
長寿遺伝子Sir2(サーツー遺伝子)を
8年がかりで発見し、

線虫やマウス、そして人体にも
同様の遺伝子がある事を突き止めたのです。

「サーツー遺伝子をコントロールできる
薬が開発されたら、老化を食い止め、

ガンなどの病気にかからないように出来る
可能性があります。

将来は120歳の老人が50歳並みの
体力で動く事も夢ではない」

と語るアンチエイジング医学界の権威である
ガレンテ教授、

そんな彼が現在行っている
アンチエイジングの秘訣は何でしょうか?

実は、ブロッコリーとトマトだと言います。

バランスが鍵と説くレオナルド・ガレンテさん

寿命を延ばす遺伝子が見つかったものの、、

誰でも持っている長寿遺伝子も
残念ながら普段は眠っていて活動していないといいます。

つまりこの遺伝子のスイッチをオンに
入れる事が出来れば健康、長寿を手に入れる事が出来る。

と言うことですが、

カロリー制限によって
サーツー遺伝子が活性化する事が
分かっているのですが、

アンチエイジング医学界で実証された

ガレンテさん自身の行う
アンチエイジング手法によれば、

「私自身は、極端な
カロリー制限はしていません。

運動は、ランニングやウェイトトレーニングを
中心にして行っています。

大切なのはバランスです。

栄養のバランス、食事と運動のバランス、

そしてストレスとのバランスを
とる事です。」

そして健康で長生きするための
食生活のアドバイスとして教授が語るのが、

「食べ過ぎない事、抗酸化成分の多い
食材を積極にとる事、

緑黄色野菜や果物、
魚やナッツ類などには、

こうした成分が豊富に含まれています。」

ガレンテさんが好むブロッコリーとトマト

アンチエイジングの効果があると
普段からムシャムシャと食べているようですが、

ガレンテ教授が好んで良く食べる
ブロッコリーとトマトは

確かにアンチエイジング野菜の王様
と言えるほど抗酸化作用が強い食材です。

アンチエイジング医学界でも
実証されている食材です。

ビタミンやミネラルが豊富なだけでなく、

ブロッコリーには200種類異様もの
ファイトケミカル、

ポリフェノール類など病気の予防に
働く機能性成分が含まれています。

発がん性物質を解毒する
イソチオシアネート

血液を丈夫にするケルセチン

胃潰瘍を防ぐビタミンU、

インスリンの働きを助けるクロム

そして食物繊維も豊富です。

アンチエイジングにとっては
有益な栄養素がたっぷりのブロッコリーですが、

小房に分けて、2、3分ゆでると、
食べごろになります。

茎の部分にもビタミンCや
食物繊維が多いので、

皮を剥いて、小房と一緒に
ゆでて食べると良いでしょう。

或は日本ではなじみのない習慣ですが、
生で食べるのもオススメで、

最近ガンの改善にも効果があると
話題になっている

ブロッコリースプラウトですが、

スフォルファランと言う抗酸化物質が
特に有効ですが、

この成分は熱に弱いため
加熱をすると壊れてしまいます。

なのでスプラウトの形でとったり
生で食べる事もオススメです。

またガレンテ教授が
勧めるもうひとつの野菜

トマトには塩分を排泄する
カリウムが多く、

香り成分でもあるピラジンが
血液をさらさらにします。

このピラジンは、パセリ、ニラ、
玉ねぎ、セロリ、ほうれん草にも
含まれています。

トマトの栄養効果は、
加熱、濃縮でより高まるので、

焼きトマトやトマトソースも
上手に使うといいでしょう。

日本人、20代~60代の
男女1000人に聞いたアンケートでは、

好きな野菜として4割以上が
トマトと答えトップでした。

トマトやブロッコリーは
アンチエイジングの権威
レオナルド・ガレンテ酸もオススメの食材です。

よく食べて、健康美容長寿をすべて手に入れた
ぼけない100歳を目指しましょう。

レオナルド・ガレンテさんの
MITホームページはこちら

アンチエイジングの権威
レオナルド・ガレンテさんのインタビュー↓

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。