生活スタイルとアンチエイジングの極意、若返り生活の基本を守る


今回のテーマは、

生活スタイルとアンチエイジングの
極意、若返り生活の基本を守る

について紹介します。

日本では当初、アンチエイジング
というのは、

小手先の美容技術のみが紹介され、

肌の小じわをとるレーザーや
化粧品が中心で、

未だにそう言ったイメージを
持っている人も多いのですが、

アンチエイジングは奥深い世界です。

見た目の若さや美容だけで泣く、

身体も心も対象とした、

男性も女性も若者も高齢者も
国民全員を対象とし、

内科、産婦人科、耳鼻科、歯科、
泌尿器科、眼科、整形外科、脳神経外科

などと言った領域を全て含み、

その手法も、運動、栄養学、
サプリメントなど、

伝統的な自然療法から
最先端の医療技術まで、

実に幅広い分野にまたがるものです。

かなり複雑で幅広い学問ですが、

基本は非常にシンプルです。

生活スタイルを少しずつ改善し
若返り生活の基本を守るだけです。

スポンサーリンク

日本に必要なのはアンチエイジング

これからの日本社会に必要なのは、

真のアンチエイジングの知識と
実践ではないでしょうか?

2007年に医療機関に
支払われた医療費の総額
(国民医療費)は、

34兆1360億円、

一人当たりの医療費は
前年度比3ポイント増の
26万7200円で、

医療費は増加し続けています。

そしてそのうちの半数以上が、

65歳以上の高齢者の
医療費が占めています。

日本では2004年に初めて
出生数が死亡数を下回り、

人口が減少に転じました。

65歳以上の高齢者が
全人口に占める割合を見ると
予測ベースで、

2025年には30%
2050年には36%となり、

もう数十年で国民の
三分の一が高齢者になる
という予測がされています。

高齢化が進めば進むほど、

医療費はさらに増大して
国民の負担は増え続けます。

こうした社会情勢を考えると、

これまでのように、病気になれば、
皆保険で手当てすると言う
やり方では、

間違いなく健康保険精度は
破綻してしまうでしょう。

しかしです。

これからどれだけ高齢者が
増え続けたとしても、

その高齢者が病気をせず、
健康に若々しい状態であれば、

医療費の負担はかなり
抑制できるはずです。

つまり治療から予防へと言う
パラダイムシフトが必要であり、

アンチエイジングの役割は
今こそ真に力を発揮できる時です。

生活スタイルと若返り生活の基本を守る

その為には私たち個人個人が
少しずつ考え方をシフトさせる
ことから始めるべきです。

アンチエイジングの極意…

それは身体を根本から見つめ直し、

老化の原因をひとつずつ
つぶしていく事です。

ここまで、老化のタイプを
大きく6つに分けて、

それぞれのタイプごとに
解説してきました。

最後にその全体を貫いている

「エイジングコントロールの基本」

をもう一度簡単にまとめておきましょう。

1.体の部位ごとに、機能ごとに
老化の速度は異なっている。

2.男女によって老化しやすい
所に違いがある。

3.老化の進み方は遺伝よりも
環境に大きく左右される。

4.老化に関わる三大要因は
「食事、運動、生きがい」である。

5.カロリー制限と抗酸化力のある食品の
摂取で長寿遺伝子のスイッチがオンになる

6.老化は対抗するものでなく、
生活の中でコントロールしていくものである

この6つの基本を忘れずに
それぞれの老化対策を実行すれば、

必ずいい方向へ行けるでしょう。

さらに付け加えると、

ガンに関する話題でも出てきたように、

「自分の老化を進める
要因になっているものを知って
それを生活の中から取り除く」

この努力がとても重要です。

アンチエイジングの極意は
そこにあると言っても過言ではありません。

良くない生活習慣のままに
サプリメントをがぶ飲みするよりも、

例えば禁煙したり、
暴飲暴食をやめたりする方が
遥かに大きな効果があるのです。

アンチエイジングの極意は簡単な算数

要は生活スタイルにおいて、

「何かをプラスするか」

とりも

「何をやめるか」

と言うのがポイントです。

あなたも是非そこから
始めてみて欲しいのです。

老化についての知識を持つ事、

自分の老化タイプを理解する事、

老化の原因になっている
生活習慣を少しずつ改善していく事、

この三つがそろう事で
初めて適切な老化コントロールが
可能になって行くのです。

長寿遺伝子と言うのは
どんな人の細胞にも備わっています。

若返り生活の基本を守ることで、
誰しもが、

健康、美容、長寿を手にすることが可能です。

今は老化が気になっている人でも、

これからの生活次第で、
アンチエイジングを実現していけるのです。

大切なのは、このサイトで学んだ
どんな事でも良いから

まず一歩を踏み出す事です。

この情報をきっかけに、
幸せな健康長寿への道を歩き出す方が、
一人でも増える事を願っています。

一緒に頑張りましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。