unnamed

早老症の症状の特徴で分かる老化の謎、テロメアを伸ばす方法


今回のテーマは、

早老症の症状の特徴で分かる
老化の謎、テロメアを伸ばす方法

について紹介します。

あなたは早老症と言う病気を
ご存知でしょうか?

文字通り「早く老化する症状」
と言う名の恐ろしい症状なのですが、

この症状を理解することで
老化の原因が見えてきます。

そしてテロメアを伸ばし
老化を抑えるアンチエイジング
のための秘訣も見えてきます。

活性酸素で細胞のDNAか傷つくと
前回紹介しましたが、

細胞を傷つけてガンの原因を
作るものと言えば、

活性酸素の他にも色々とあります。

歳を取るほど、ほとんどの
ガンの発症率が高まる傾向があると
以前お話ししましたが、

加齢するとガンに
なぜなりやすくなるのでしょうか?

これを解明しようとする
研究者が注目したのが、

いわゆる「早老症」です。

スポンサーリンク

早老症とはどんな病気なのか?

早老症は1903年にドイツのキール大学の
研修医学生のOtto Wernerさんが
初めて報告したものです。

早老症の患者は子供の頃より
老化が始まった場合急速に進みます。

通常の2倍の速さで老化が進んでしまう

「ウエルナー症候群」

と呼ばれる病気なのですが、

これは遺伝子の病気なので、

この症状にかかると、

通常なら60から90代で現れる
白内障、糖尿病、骨粗鬆症、
動脈硬化などの症状が

30~40代で次々と表れてしまいます。

恐ろしい特徴を持つ症状ですが、

しかもウエルナー症候群で出てくる
病気には癌も含まれているのです。

↓早老症の少年の動画

早老症の原因遺伝子とは?

残念ながら医学界では
早老症から回復する方法は、

いまだ見つかっていませんが、

人が老化する謎のようなものが
この症状から見えてきたと言います。

そこで研究者たちは
この病気で起きている遺伝子の
異常を調べれば、

なぜ加齢するとガンにかかりやすくなり
予防につなげられるだろうと考えていたのです。

そして1995年に、

ウエルナー症候群の
原因遺伝子が分かりました。

その原因遺伝子が発現するかどうかの
カギを握っているのが、DNAについている、
ヘリカーゼと言うタンパク質だったのです。

このヘリカーゼは、細胞の中で
遺伝子の組み換えが行われる際に
働く特徴を持つ修復酵素です。

通常ならば、組み換えの時に
ねじれた遺伝子は、ヘリカーゼの
働きでもう一度もとの形に修復されます。

しかし、それが出来ていないと、
障害が残ったままの異常な遺伝子が出来て
細胞の中にどんどん蓄積され、

老化や病気の発症を招きます。

老化やガンを予防するには?

これがウエルナー症候群の原因だったのです。

つまり、ヘリカーゼがきちんと
働く状態を維持できれば、

異常な遺伝子の発生を抑えて

急激な老化や、それによる
ガンの発生を予防できると考えられるのです。

これで老化の謎が少し解明されました。

また以前も紹介しましたが、

遺伝子の染色体の
末端にテロメアと言う構造体があります。

このテロメアは、染色体の
末端にキャップのようについていて、

分解酵素などから
DNAを守る役目をしています。

テロメアに守られているDNAの中には、

いくつかの病気の原因遺伝子と共に
ガン遺伝子も含まれていて、

それらはすべて早老症に関係してきます。

つまり、このテロメアがしっかり
機能できないと老化が早くなり、

ガンなどの病気にもなりやすい
と言う事が実験から分かったのです。

テロメアを伸ばす方法

そもそもテロメアは、
染色体の両端にあり染色体の安定性を保つ
保護キャップのようなものです。

私たちが生きる上で細胞分裂を
するたびに短くなっていき、

構造の完全性が崩れ
細胞は老化して速やかに死滅します。

そして近年の研究から、
テロメアが短いほど

癌、脳卒中、肥満、骨粗鬆症、糖尿病など、

老化に関連した特徴の病気の
リスクが上がりると言われています。

ではどうすれば癌や老化を防ぎ
テロメアを長く持たせる事ができるのでしょうか?

基本的にはこのサイトで紹介している
方法を使い健康的なライフスタイル
を送る事によって

「テロメア」は伸ばせると言う事です。

カリフォルニア大学予防医学研究所の創設者
オーニッシュさんの実験によれば、

食事と運動、ストレス管理と社会的援助によって
「テロメア」を伸ばす、つまり長くする
ことができるという結果が示されています。

逆に言えば、

食生活の乱れ、運動不足、ストレスや喫煙などは

テロメアを短くする方法とも言えます。

美容・健康・長寿の為に、
テロメアを伸ばす方法を
しっかり実査炎しなければいけません。

特に食事はキーポイントになります。

次回は、老化の謎の解明を前提とした

老化やガン予防に適した
栄養摂取の秘訣について紹介します。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。