unnamed

音楽や芸術など趣味への没頭が脳のアンチエイジングのカギ


今回のテーマは、

音楽や芸術など趣味への没頭が
脳のアンチエイジングのカギ

について紹介します。

脳のアンチエイジングの為、

高齢になり歳を重ねても、

自分の脳に対して、

自分が期待されている
というイメージやプラスの情報を
焼き付ける努力が必要です。

いつも若々しい好奇心を持ち、

家族や社会の為に貢献しよう
と言う思いを持つことが、

脳を刺激し、活性化します。

精神、心が充実することが
若返りにとって最高の良薬です。

そしてそれが肉体をいつまでも
若々しく維持することにも繋がります。

そこで、

音楽や芸術などアートと言うのは
脳のアンチエイジングのカギとなります。

もし心の機能を含めた、脳全体の
アンチエイジングを考えた時、

論理的な思考などの認知機能も、
喜怒哀楽などの感情も、

視覚や聴覚と言った感覚も

まんべんなく使って行く必要があります。

スポンサーリンク

脳のアンチエイジングのカギ

以前までの学説では、

大人の脳は成長が止まり、

加齢とともに脳細胞が破壊される
と考えられていました。

脳は衰え行くものだと
信じられていたのです。

ところが1990年代後半、

アメリカ、カルフォルニア州
ソーク研究所で、

エリクソンさんらによる研究で

50〜72歳の成人を
対象とした調査が行われ、

中高年の脳で新しい神経細胞が
生まれていることが、

突き止められたのです。

その後も脳の新しい神経細胞を
増やす可能性について、

いくつかの研究グループからも
報告が上がっており、

アンチエイジングにたいする
取り組みも変わってきました。

そして神経細胞を増やす
ひとつの方法が、

「知的刺激」のある
環境に身を置くことです。

若いうちから仕事だけに没頭し、

リタイアして燃え尽き
何もする事が出来ない…

では脳は老化が進み衰えていきます。

若いうちから趣味ややりがい、
生きがいを見つけることは大切です。

健康長寿を実現する体現者の
多くに共通するのは、

趣味に没頭する姿勢、

そして常に新しいことに
挑戦する姿勢です。

いくつになっても脳細胞が
成長を繰り返しているのですから、

脳細胞への刺激を
忘れないのが重要です。

音楽や芸術など趣味への没頭の効能

そういった意味で音楽や芸術など
アートに接する事は素晴らしい
アンチエイジング効果となるのです。

これらの神経活動の全ては、
学習や経験によって変わります。

つまり、心が豊かになるような
生活をすればシナプスの状態も
変わって脳が発達するのです。

以前にも紹介したように、

刺激に満ちた豊かな環境
育ったネズミは、

新しく神経細胞が生まれ、

それと同時に、シナプスで
やり取りされる神経伝達物質も
増えてくるという訳です。

人間かそれと同じような効果を得るには、

創作、芸術、音楽などに
触れる事も大変役立つという訳です。

アートを趣味にするのは
大変効果的です。

芸術家の多くは健康長寿を
実現しているのも興味深いです。

2008年に105歳で亡くなれれた
音楽家である中川牧三さんは

イタリアンオペラが専門でしたが、
100歳を過ぎてもレッスン指導を
受けていたそうです。

腹式呼吸で歌う訓練は、
心肺機能を高め、

それに加えて音楽を愛し、
楽しむことで心のアンチエイジング
もしっかりできていた事でしょう。

その両方が、中川さんの健康長寿に
大きく役立ったと思われます。

音楽と脳のアンチエイジングの効果

脳と音楽の関係については、
興味深い事が分かっています。

多くの人は、利き腕の反対側の
脳にブローカーの中枢という
言葉を司る中枢があります。

その正反対の側の脳に
音楽中枢と呼ばれる部分があります。

右利きなら左脳に言語中枢が
右脳に音楽中枢があるという訳です。

そして言葉を脳で処理する時には、

声帯を動かして言葉を出すのは前頭葉、
人の言葉を聞くのは側頭葉と言う風に
処理する部分が違いますが、

音楽に関しても、楽器を演奏する部分と
音楽を聞いたり楽譜を読んだりする部分は
別だと考えられています。

例えば、

言語中枢のある左脳に障害が起き、
運動失語で言葉が全く出なくなった患者さんが

君が代をリクエストすれば
スラスラと歌えたりします。

言語中枢がダメになっても、
反対側にある音楽中枢に
問題がなければ、

歌詞も音楽の一部として処理し、
声を使って表現できたりするわけです。

言葉がもたらす論理的な機能と、
音楽がもたらす感性的な機能は

どちらも年をとってからの人生で
重要な役割を果たします。

それぞれに豊かな刺激が与えられれば、
脳の隅々にまで、全体が活性化するはずです。

これまでの脳の研究では、
認知機能、つまり論理的な機能が
対象になる事が多かったのですが、

心の若さを保つために、
欠かせない感性の部分にも、
もっと注目していかなくてはいけないでしょう。

その意味でも音楽や芸術など
アートの趣味がアンチエイジングの
カギになるのです。

ぜひチャレンジしてください。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。