運動不足とうつの関係、気力の老化を防ぎ気力を高める運動の効力


今回のテーマは、

運動不足とうつの関係、気力の
老化を防ぎ気力を高める運動の効力

について紹介します。

運動がアンチエイジング
の重要な柱になると言う事は

既に何度も紹介してきていますが、

運動と言うのは気力の充実、
心のアンチエイジングとも
深く関係するので、

もう一度ここで取り上げましょう。

運動を嫌がる人は少なくありませんが、

この世の中、何もせず
手に入れられるものなどないのです。

楽しく健康に長生きする為に
それなりの努力が必要だ

ということを良く理解しましょう。

そしてどうせやるなら、

長く続けられるよう、

あなた自身が楽しめる運動から
始めるのも大切です。

身体を動かすことは誰でも
できるのですから。

さらに運動が心と身体に及ぼす
影響をしっかり理解しておけば、

よりあなたの人生にプラスに
影響することでしょう。

スポンサーリンク

運動不足でうつ、気力の低下、心の老化に

ある運動に関するデータによると、

うつ病の人は、一日当たりの
歩数が4000歩以下となっています。

身体が動きにくくなり、
家に閉じこもりがちになると考えれば、

これも当然のことで、

うつ病で一日5000歩以上
歩けている人はまずいない
と言っても良いでしょう。

心の老化を心配している人、
既にうつの傾向がある人は、

運動量を増やす努力を始めましょう。

歩数が一日4000歩に満たない人は、

何が問題なのかをまず調べた
方が良いでしょうね。

慢性的な体の不調や
痛みなどが原因なのか、

悩み事や心配事で
動く気力がなくなっているのか。

それとも仕事が忙しすぎて
動きたくても動けないのか。

例えば、

家に閉じこもった状態を改善するだけで、
うつ状態から抜け出せる人もたくさんいるはずです。

最近のデータでは、
閉じこもりはそれだけでうつ病の一つの
要因になっている事が分かっています。

色々な刺激を受ける事、
特に都会の人にとっては、

自然と触れ合う事が非常に重要です。

運動を兼ねて緑の多い公園に行ったり
ときには郊外にも足を伸ばすとか、

できる範囲で自然の中に
身を置くようにしましょう。

気力の老化を防ぎ気力を高める運動

アメリカのシアトルにある

「健康に関する共同研究センター」

という研究所の所長である、

エリック・B・ラーソン博士
による研究によれば、

運動を続ければ、

アルツハイマー病や認知症の
発症リスクが、

30〜40%低下する
ということが明らかになりました。

この研究では、

1994年〜2003年にかけて

65歳以上の男女合わせて
1740人を対象に、

健康、身体機能、精神機能が
生活習慣とどうか変わるか調べた
大型調査です。

その結果、15分の運動を
週三日以上、定期的に行う人は、

それより運動不足の人に比べ

認知症になる割合が
32%も低くなっていました。

とりわけ体力のレベルが
高い人ほど認知症のリスクが
低いことが分かったのです。

人の体力と気力には
密接な関係があります。

運動不足は年を重ねるごとに
非常に危険になるのです。

運動不足とうつの関係、運動の効力

うつ病と言うのは
心の老化の最たるものです。

気力の衰えが症状として
現れるものです。

血管や骨など、
他の部分の老化の末期症状と違う所は、

回復する病気だという事です。

今の所、根本的には治せない、
認知症とは異なり、

「治療をすれば必ず回復する」

という点がうつ病の特徴です。

繰り返してしまう事もありますが
必ず良くなります。

なのでもし既にうつになっている人も
その家族も諦めずに春は来ると信じて下さい。

その為に運動とい言うのは
治療においても予防においても
重要なポイントになります。

運動不足のままでは、

ますます気力は老化し、
ウツの症状がひどくなり、
脳の病気を発生しかねません。

気力を高める運動の効力

運動は、脳にも心にも
良い影響を与えるのです。

フランスの思想家

ジャン・ジャック・ルソーは

歩くことの効用を理解していた
人物の1人です。

ルソーの『告白』によれば

『一人徒歩で旅したときほど、
豊かに考え、豊かに存在し、豊かに生き、

あえて言うなら、豊かに
私自身であったことはない。

徒歩は私の思想を活気づけ、
イキイキさせる何ものかを持っている。

じっと止まっていると、
私はほとんどものが考えられない。

私の精神を動かす為には、
私の肉体は動いていなければならないのだ。』

運動によって、頭の回転が
良くなるというメカニズムは、

人間が太古進化の過程で、

かつて狩猟の為に草原を駆け回り、
獲物を追いかけていた頃、

駆け回りながら、脳内で

「どうやって獲物を捕らえられるか」

その作戦を考えながら練っていた
という名残なのかも知れません。

とにかく、うつ病を予防して
心の老化を防ぐために

気力の老化を防ぎ気力を高めるため
じっとしていないで動く事が大切なのです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。