骨の老化を防ぐ食べ物と栄養素、効率的なカルシウム摂取方法


今回のテーマは、

骨の老化を防ぐ食べ物と栄養素、
効率的なカルシウム摂取方法

について紹介します。

骨の老化が進み、

骨粗鬆症にもなってしまえば、
治療は難しいので、

とにかく予防が大切です。

骨粗鬆症の予防は、

骨密度を測定し、
骨の状態を把握しながら、

バランスの良い食事、

特に若い頃からの十分な
カルシウムを摂取し、

カルシウムを多く含む
大豆製品、小魚、小松菜、
海草類などとると同時に、

運動、エクササイズをする
事も重要です。

特に不規則な食事をしている人は
骨に重要な栄養素が欠如している
可能性が高いです。

しっかりとまずは直視して
栄養素を取り入れていってほしいと思います。

スポンサーリンク

骨の老化を防ぐ食べ物と栄養素

前回警告したような

「私は極端なダイエットなどしていない」

と言う人も、それだけで
安心し過ぎるのは危険です。

骨の老化を防ぐ意味でも、

カルシウムと言う栄養素を
食事からしっかりとらなくてはいけません。

骨粗鬆症の予防など、
骨の健康のためには

食事から十分なカルシウムを
摂取することが欠かせません。

そして栄養調査では、
現代の日本人の食生活では、

他の栄養素と比べて
カルシウムが慢性的に不足している
という結果も出ています。

カルシウムは、
ヒジキやワカメなど海藻類にも豊富ですし、
緑黄色野菜にも含まれているので

これらの食べ物を積極的に食べましょう。

カルシウム補給と言えば牛乳が
有名ですが、個人的にはお勧めできません。

乳製品はカルシウムが含まれていますが、
効率的な摂取法ではありません。

効率的なカルシウム摂取方法

そしてカルシウムを取ると同時に、

カルシウムの代謝を助ける
ビタミンDを多く含む食べ物、

青魚や干し椎茸などを
とる事も重要です。

ビタミンDが不足すると、

血液中に余ったカルシウムが
血管や関節に蓄積し、

動脈硬化や関節痛を
引き起こしたりします。

また、糖尿病や
自己免疫疾患のリスクを
高めるという報告もあります。

また食べ物だけでなく、

一日20分ほど日光に
当たる事で、

必要量のビタミンDの
体内で合成する事が出来ます。

また、運動により骨に
適度をかけると、

骨芽細胞の働きが高まり、
骨量が増えるのです。

こうした組み合わせは
効率的なカルシウム摂取方法を助け、

骨の老化を防ぐ事が出来ます。

骨の老化を防ぐカルシウムメニュー

特にお勧めなのが、

海藻類と、女性ホルモン作用がある
イソフラボンを含む大豆の
組みあわせたメニューは

特に閉経後の女性が骨の
老化を防ぐのに、

二重の意味で効果的です。

その他にもカルシウムの吸収を助ける
ビタミンD,ビタミンK、マグネシウムなど
ミネラル類を意識的にとりましょう。

特にここで骨の健康に
とても役立つ食事レシピとして
紹介したいのが、

プロスキーヤーで冒険家の
三浦雄一郎さんのお父さん、

故・三浦敬三さん

のレシピが特に参考になります。

晩年は一人暮らしであった、
敬三さんは体にいい食事について
熱心に研究されていて、

三度の食事をすべて
自分で作られていました。

その食材の組み合わせは

実は骨を若く保つ上で
理想的なものでした。

例えば、
ミネラル分がしっかりとれるヒジキと、
ビタミンDがしっかりとれるシイタケを
一緒に入れた煮物や、

イソフラボンを含んだ大豆たっぷりの
「キムチ納豆豆腐」というメニューもあり、
とても参考になります。

骨の老化を防ぐアンチエイジング手法

カルシウムを含む海藻を基本にして、
イソフラボンを含む大豆製品の
組み合わせをメインにメニューを考え、

その中のバリエーションを
つけていくと良いでしょう。

そして骨を大切にするために
決めたカロリーの範囲内で

「良質なタンパク質」

をしっかりとることがポイントになります。

骨の強度を保ちながら
カロリー制限をして行くには

骨の材料になるタンパク質が大切なのです。

なお、タバコ、喫煙の習慣は、

カルシウムの吸収を防ぎ、
効率的な栄養素の摂取を妨げます。

またアルコールの飲み過ぎも、

骨を作る骨芽細胞の
働きを弱めるとともに、

ビタミンDの働きを抑制してしまいます。

或はどうしても食生活が
乱れがちな人であれば、

サプリメントの補給も検討しましょう。

カルシウム、マグネシウムと
ビタミンDを補給できるように、

栄養状態が悪い人は
しっかりと補充します。

日常なこまめな運動と共に、
食事と運動の両面から

骨粗鬆症を予防し、

骨のエイジングコントロールにも
しっかり勤めて行きたいですね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。