脳の若返りが実現する食べ物、記憶力を高く保つ食材、栄養素


今回のテーマは、

脳の若返りが実現する食べ物、
記憶力を高く保つ食材、栄養素

について紹介します。

前回は脳を老化させないため、
脳の病気を予防するための

食生活について、

大きな枠組みを紹介しましたが、

今回はもう少し具体的な

脳の若返りを実現させる
食材や栄養素の効果について
くわしく解説していきます。

これから挙げていく食品は
脳の若返りに高い期待が出来ます。

毎日の食事に中で積極的に
取るようにしたい食品ですね。

スポンサーリンク

脳の若返りが実現する食べ物

まず前提として覚えて欲しいのが、

アルツハイマー病というのは、

一種の生活習慣病という事です。

例えば、

糖尿病の人は
アルツハイマー病のリスクが
二倍にも増えるのです。

また、アルツハイマー病の
患者は血栓症を発症し、

脳梗塞で亡くなるケースが多いのです。

さらに脳梗塞になれば
アルツハイマー病、認知症の
症状が悪化します。

最近の疫学調査では、

カロリー摂取が過剰な人
肥満傾向にある人ほど、

認知症の発症率が高いという事です。

実際に認知症患者の
95%にカロリー過剰摂取が見られ、

39%が脂質異常症、
32%が高インスリン血症、
12%が糖尿病

という統計が出ています。

また血液検査による
認知症の危険因子として

飽和脂肪酸、アルコールの
過剰摂取があげられており、

防御因子としては魚類や野菜
という事が分かっています。

魚と野菜

このサイトでは何度か紹介していますが、

過剰なカロリー摂取と
アルコールを控えて、

魚の良質タンパク質と脂肪、
野菜中心の食生活というのは

脳の病気を予防する食生活の
基本という事です。

そしてその基本に以下のような
食材や栄養素を加えれば、

さらに記憶力が高まり、
脳の機能もアップして、

脳は守られると言う事です。

脳の若返りが実現する食材、栄養素

1.クルクミン

多く含む食材:ウコン

ネズミの実験では、

クルクミンを含むえさを与えたネズミは
脳の老人斑の形成が30%減少した
という結果が出ています。

単純に比べる事はできませんが、
カレーをたくさん食べるインドでは

人口比率に対するアルツハイマー病患者が
米国に比べて少ないという報告もあります。

カレーのスパイスに含まれる
ターメリック(ウコン)にクルクミンが
豊富に含まれているので

これが関係していると言われています。

2.ドコサヘキサエン酸(DHA)

多く含む食材:サバ、イワシ、ぶり、さんま、ウナギなど

不飽和脂肪酸であるDHAには
高脂血症を改善する効果がありますが、

世界中の調査で脳の健康にも
効果があることが明らかにされています。

3.ビタミンE

多く含む食材:ピーナッツ、アーモンド、ウナギ、西洋カボチャ

ロッテルダムとシカゴの多規模調査で
ビタミンEにアルツハイマー病の抑制効果がある
事が報告されています。

ただビタミンEは野菜や果物から摂取しなければ
効果は認められません。

サプリメントからの摂取は抑制効果がない
事は覚えておきましょう。

4.エピガロカテキンガレート(EGCG)

多く含む食材:緑茶

緑茶カテキンの主成分であるEGCGの
研究も進んでいます。

ネズミの実験では抑制効果が認められていますが、
まだ判明していない点も多く、研究がつづけられています。

5.その他の機能性食品物質

イチョウ葉に含まれるフラボノイド

ニラやレバー、ほうれん草などに
多く含まれるアルファリポ酸

これらの成分は、ネズミの実験によって
記憶力を向上させる効果があると
分かっています。

脳の健康も記憶力も生活習慣が肝

最後に改めて付け加えておきたいのは、

食事だけでなく、運動と生活環境も
脳を若返らせるのに大きく関わってくるという事です。

脳の病気である認知症というのは、

「脳血管型」と「アルツハイマー型」

が知られていますが、

最近ではこの二つの
根本は同じという考えが
認められています。

両者ともその背景は、

高血圧、脂質異常症、肥満、
糖尿病などがあり、

その結果脳血管が破綻して起きる
生活習慣病なのです。

もちろんこれらの病態の
ベースにあるのは動脈硬化、

血管の質が低下している事です。

日々の生活において
健康的な習慣を加えるのが、

脳の若返りにおいて
最も需要なのです。

適切な運動や、豊かな環境での
生活は脳の病気の予防にも役立ち、

逆に、喫煙、悪習慣、ストレス
などは悪化の原因になります。

カロリー制限や、地中海食など
バランスの良い食事を心がけると同時に

食品の面でもぜひ改善していけるよう
頑張っていきましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。