ボケない人、脳が老けない人の特徴、脳を老けさせる習慣とは?


今回のテーマは、

ボケない人、脳が老けない人の
特徴、脳を老けさせる習慣とは?

について紹介します。

脳の老化を防止するのは
非常に重要ですね。

世間では脳に関する研究が進み、
脳ブームと言っても良いほど流行っていますが、

それは現代社会において
知的な成長こそが成功であり、

脳を鍛えるのは大切なのですが、

最近では脳をテーマにした
本がベストセラーとなり、

テレビ番組などでもしょっちゅう
特集が組まれていますね。

脳に関する世間一般の
関心が高まっている証拠でしょう。

ボケない人、脳が老けない人を
目指すのは当然の事でしょう。

スポンサーリンク

脳を老けさせる習慣とは?

しかし、中年以上の世代では、
脳への関心は不安の裏返しという
面でもありそうです。

「最近どうも、物忘れが激しくなってきた」
「新しい事がなかなか覚えられない」

など、そうした部分で脳の老化を
感じてる人も多いのではないでしょうか。

実際の所、脳の機能は20代から30代
あたりから少しずつ低下しています。

神経伝達速度というデータを見ると
30代から直線的に落ちていくのが分かります。

それでも、心臓や肺、腎臓と言った
臓器に比べれば、比較的機能が
温存されていて、

変化は緩やかですが、
確実に老化は進んでいます。

脳を老けさせる習慣を持つ人は
もっと早く能が老化する事もあります。

しかし心配し過ぎは禁物です。

私たちの工夫次第では、
脳の老化を遅らせることはできますし、

気になる認知症やアルツハイマー病に
有効な対策もたくさんあります。

脳が老けない人の習慣を
身につけていく必要があります。

ボケない人、脳が老けない人の特徴

これから脳の構造や老化の
原因に触れて行きながら、

実際にどうすれば脳の老化を
防げるかを考えて行きましょう。

ここで、

「脳細胞の数は、生まれてから
ずっと減る一方で一生増える事はない」

そう思い込んでいる人も多いと思いますが、
確かに長い間それは定説でした。

しかし1980年になってその説は覆されました。

実は生まれてから後も、新しい脳細胞は
生まれ続ける事が分かったのです。

それまでは脳が発達していくのは
脳の神経細胞そのものは減るが、

神経細胞と神経細胞の間に
新しく回路ができるからだと考えられていました。

もう少し詳しく言えば、その回路の
つなぎ目にはシナプスという構造体があります。

そのシナプスの数が増えると、
確かに脳の機能を高めることができます。

その為に、脳卒中などを起こした人が
リハビリによって回復するのも、

シナプスが増えるからだと
考えられていたのです。

しかし1980年になって、

シナプスそのものだけでなく、
脳細胞そのものの数を増やす事が
可能だと分かったのです。

いつまでもボケない人の特徴

これはボケない人、脳が老けない人
を目指す上で非常に重要な考え方です。

この説によって、脳機能の修復や
アンチエイジング対策に関して
一層の光が見えたのです。

この事から、
脳の老化が心配な人の対策としては

「脳神経細胞の数を減らすだけにしない」
「シナプスを増やす」

という二つの戦略が出てくるのです。

アンチエイジングは

「積極的予防医学」

と呼ばれる事もあります。

言い換えれば

「病気にならないようにする事」

なのです。

病気になってから病院にかかる
というのが普通の考え方に
なってしまっていますが、

病気にならないように予防して
健康生な天寿を全うする、

いわゆるPPK(ピンピンコロリ)
と呼ばれる考え方です。

脳の健康さとQOLの関係

多くの人が最期まで
人間らしく自立していたいと
望む事でしょう

その為の脳のアンチエイジングは
極めて重要な事です。

ボケてしまい寝たきりのまま
長生きしても幸せとは言い切れません。

アンチエイジングの目標のひとつは

QOL(クオリティオブライフ)
を高めることです。

高齢者のQOLを低下させる要因は

糖尿病、高血圧、動脈硬化
などの生活習慣病、

骨粗鬆症、認知症などの病気があります。

脳を老けさせる習慣を持っていると、
こうしたリスクが上がるのです。

単に長生きするのではなく、

寝たきり、認知症、要介護者にならず、

病気と無縁で元気に生きる

生きている間を

「いかに良く生きるか」
「QOLをいかに高めるか」

この観点を持って、

ボケない人、脳が老けない人の
習慣をぜひ持ってください。

その為の具体的な方法について
次回以降紹介していくので
ぜひ活用してください。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。