老化の影響は環境か?親の遺伝か?双子に見る老化や病気の違い


今回のテーマは、

老化の影響は環境か?親の遺伝か?
双子に見る老化や病気の違い

について紹介します。

老化に影響を及ぼすのは

環境でしょうか?
それとも遺伝でしょうか?

あるいは病気の発症も

「自分はガンの家系だし…」
「親が糖尿病だから自分も…」

と考える人もいますが、

三大死因となっている病気は
生活習慣病とも呼ばれます。

つまり生活習慣なのですから、

それは遺伝だけで決まる
とは言えないのではないでしょうか。

才能を言い表すときにも

氏か育てか…と言う議論がありますが、

老化を司る影響という点に置いて
前回は環境について少し話題に上りましたが、

今度は、老化のスピードや
寿命を決めるもののうち、

遺伝的な要因と環境的な要因は
どのくらいの割合なのか?

という話をして行きましょう。

スポンサーリンク

確かに長寿は親の遺伝も影響するが

アメリカ、ボストン大学
パールズ博士の調査によると、

100歳以上の長生きをした
家族が一人でもいる家系は

いない家系に比べて、

家族が90歳以上の長生きをする
確率は4倍異常高かったと言います。

つまり、長寿家系というのは
確かに存在します。

しかし、遺伝だけが長寿、老化、
病気や健康の条件ではないのです。

前代社会では、

ガンを始め、様々な病気の
発症に関わる遺伝子が
発見されていますが、

ある病気の遺伝子を持っている
からと言って、

必ずしもその病気を
発生する訳ではありません。

たしかに、病気の発症する可能性の
高い危険な遺伝子もありますが、

ほとんどのものは、

「持っていない人よりは発症しやすい」

という傾向を示す程度に
過ぎないのです。

考えてください。

もし将来が全て遺伝子で
決まってしまうならば、

双子である一卵性双生児は

同じ病気、同じ年齢で
死ぬ事になりますが、

そう言った訳ではありませんね。

老化の影響は遺伝よりむしろ環境

老人問題を研究している
アメリカマッカーサー財団では、

2万5千組の双子の統計を取り
調べて調査結果があります。

一卵性双生児と、
二卵性双生児の寿命のうち、

各組で二人の寿命にどれくらいの
バラつきがあったのかを調べた研究があります。

一卵性双生児は、遺伝子が100%同じなので、
老化が遺伝的要因によるものならば、
同じように老化していくはずです。

しかし実際にはそれぞれの老化や寿命には、
多かれ少なかれ、差があったのです。

そのデータを基に計算すると
老化に占める遺伝要因は

たった25%に過ぎませんでした。

残りの75%は、
環境によって決まっていたのです。

前回紹介した、
イギリス人女性のテロメアの調査結果と同じく

ここでもまた、
老化はさまざまな要因によって
個人差が出る事が分かったのです。

この研究の結論は、

「老化スピードや寿命の長さには、
両親から生まれつき受け継いだ時間と
共に変えられる部分と、

生まれた後の本人の生活習慣や
生活環境などで変えられる部分とがあり、

その比率は1対3である」

というものでした。

これらの調査から、私たちが遺伝に
支配されている部分は、

一般的なイメージよりもずっと
少ない事を感じたのではないでしょうか?

なので、

「親が早死にしたので自分も早いだろう」
「認知症になりやすい家系だから自分のなるんだ」

…などと悲観する必要はありません。

双子に見る老化や病気の違い

挽回できる部分が75%もあるのですから、

自分の生活環境の作り方次第で
老化や病気のリスクは大幅に減らせるという事です。

もちろん我々は遺伝的要因である
親を選ぶ事は出来ないので変えれませんが、

環境要因の方は、
考え方一つで今日からでも変えられます。

変えられないものに悩んでも
人生は苦しくなるだけですが、

変えられるものにフォーカスしていけば
人生は良い方向に変える事も出来ます。

そうです。

人の寿命も健康も

遺伝子以外の条件によって
決まる事の方が多いのです。

遺伝より環境なのです。

遺伝が全てであれば
アンチエイジングは成立しません。

健康長寿は後天的なものである事、

健康と長寿は自分で素来るもの
と肝に銘じておけば、

これからの人生は変わるはずです。

双子の実験など、
データにも出ている事ですから、

これから若々しく生きるために
環境面をしっかり整えていきましょう。

次回は特に重要な
老化を遅らせる環境要因の一つ
について解説していきます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメント

  1. ななし より:

    >そのデータを基に計算すると
    >老化に占める遺伝要因は

    >たった25%に過ぎませんでした。

    遺伝は25%の根拠何になりますか?
    アメリカマッカーサー財団で遺伝は50%と言う記事を見かけました。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。