unnamed

人により老化スピードは個人差があり、老化のサインも部位も違う


今回のテーマは、

人により老化スピードは個人差があり、
老化のサインも部位も違う

について紹介します。

人間は永遠には生きる
ことはできません。

どんなに愛着ある人生でも、

また自分自身の肉体であっても、

いつかその働きが終わる
時がやってくるのです。

「始めあるもの終わりあり」

が真理であり、

オギャーと生まれてから
我々は老化という自然現象と
日々向き合っている訳です。

お釈迦様の人間の四大苦として

「生老病死」をあげているように、

やはり老化には身体の
不調など相応の苦を伴うものです。

しかし、我々は老化に対して
何も出来ない無力なのでしょうか?

老化というのは自然現象と諦めて、

呆然と時の過ぎ行くままにしか
我々にする事はないのでしょうか?

そんな事はありません。

人により老化のサインも部位も違う

こうした疑問に答えるのが、
このサイトの目的です。

アンチエイジングというのは

日本語では抗加齢医学と呼ばれる
比較的新しい領域の医学です。

抗加齢というと、

加齢という自然に抵抗する
不自然なものに聞こえる
かもしれませんが、

実際には加齢に伴う
様々な老化現象をできるだけ、

少なくするように
コントロールすることが、

この医学の目的であり、

これからその為のテクニックを
紹介していきます。

そこでまず覚えて欲しいのが、

人間はそれぞれ個性があるように

人それぞれ老化のサインも違うものです。

あなたが自分の中に老化の兆しを
感じるのはどんな時でしょうか?

・鏡を見るとシミや皺が増えていた。

・人の名前がなかなか思い出せない

・階段を上ると息切れする。

…そんな時、自分がどっと
老けこんだ気分になるかもしれません。

しかしそんな自分のいくつかの
老化のサインを見つけたからと言って
それだけで悲観する事はないのです。

人により老化スピードは個人差がある

なぜなら老化というのは
全身でいっせいに進む訳ではないのです。

脳、血管、骨、筋肉

といった部位や機能によって、
老化の進み方にばらつきがある事が、

既に科学的なデータでも
証明されています。

老化が進みやすい部分もあれば、
比較的緩やかな部分もあります。

もともとの人体の仕組みがそうなっているのです。

例えば、

さまざまな生理機能の中でも
肺活量というのは早くから衰えがちな
機能の一つで、

30歳から45歳までの間に
平均20%も落ちてしまいます。

また腎臓の血流量のように、
65歳前後から、急激に低下するものもあります。

それに比べて神経機能や、基礎代謝率
(人が生きていく上で必要最低限のエネルギー量)
などの低下は、一生を通じて緩やかです。

もちろんデータはあくまでも平均値です。

ただこのように老化の速度は
体の部位や機能によって違う

という事はまず頭に入れておいて下さい。

あなたに合った老化対策をしよう

さらに理解して頂きたいのが、

どの部分の老化が早くやってくるかは
個人個人で違うという事です。

例えば、

あなたの同級生が45歳から
高血圧に悩み始めても

あなたの血圧は60歳になっても
問題ないかもしれません。

でも筋肉の状態をその人と比べたら、

もしかしたらあなたの方が老化が
進んでいるかもしれません。

どの部位から老化が早く進んでいくかは、
その人の生まれつきの体質や生活習慣、
環境などによって違ってきます。

大切なのは、自分はどこの老化が
早く進むタイプなのかをまず知る事です。

そして、それに合った対策をして行けば、

「何となく体によさそうだから、、」

とサプリメントを飲んだりするよりも、
ずっと効果的なアンチエイジングができます。

アンチエイジングライフを楽しもう

そして覚えておいて欲しいのです。

年を重ねるというのは
素晴らしい現実です。

長年培ってきた人生の知恵を
次の世代に引き継ぐ事が

人生の先輩としての
大きな使命とも言えます。

ただ一方で、

身体的に不自由になり
次の世代に迷惑をかけたくない、

という不安や心配も湧いてくるでしょう。

でも大丈夫です。

神のアンチエイジングの知恵は

私たちの人生を充実させる
知恵を持っています。

こうした不安や心配を
できる限り減らしながら、

日々健康で長生きする事を
目標にして欲しいのです。

そしてその為の方法は存在します。

確かに人により老化スピードは
個人差があり、

老化のサインも部位も違うものですが、

誰でも楽しく若返りを図れるような
方法のすべてを紹介し生きます。

どうすれば自分の老化タイプが分かるのか?

老化を遅らせるためにはどんな対策があるのか?

長寿遺伝子をオンにするにはどうすればいいか?

…などなど

まさにその質問に答えていくのが、
このウェブサイトなのです。

楽しみながら読み進めていってください。

unnamed
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。