慢性の睡眠不足の人に効果的マイクロスリープのやり方とコツ

慢性の睡眠不足の人に効果的マイクロスリープのやり方とコツ
今回のテーマは、

慢性の睡眠不足の人に効果的
マイクロスリープのやり方とコツ

について紹介します。

忙しい現代社会、

毎日、しっかりと睡眠を取る
事がなかなか難しい…

という人もいるでしょう。

もちろん理想的な時間に
理想的な睡眠を取るのがベストですが、

休息を上手く工夫する事で、
健康維持する事は可能です。

今回は、マイクロスリープという
概念をお伝えしたいと思います。

特に慢性の睡眠不足を
感じている人にお勧めの方法です。

かの有名なナポレオンも使用していた
と言う画期的な睡眠の方法です。

もちろん昼夜交代勤務などで
睡眠のバランスを崩してしまい

体調も崩してしまう。

こういう場合、理想なのは
勤務体系を変更する事です。

根本的に睡眠環境を整えることは
もちろん大切なのですが、

しかし仕事である以上は
なかなかそう簡単にはいかなかったりします。

スポンサーリンク

マイクロスリープとは?

これらを解消し、仕事のパフォーマンスを
一定に保つためにはどうすればいいのでしょうか?

まずは前回のお伝えしたように、
休日にたっぷりと「補充睡眠」をする事です。

とはいえ、

勤務時間が不規則なので
一定の睡眠のリズムを作れません。

すると、どうしても仕事中に
眠くなり、注意が散漫になり、

ミスの原因になってしまいます。

これを解決してくれるのが、
マイクロスリープです。

マイクロスリープと言うのは
読んで字のごとく、ほんの短い睡眠、

それこそ数秒から数十秒の
睡眠の事です。

このマイクロスリープを行う事で
眠気を覚まし、

頭をはっきりとさせ、
仕事に集中できるようにします。

得に慢性の睡眠不足の人は
マイクロスリープのやり方とコツを
覚えると良いでしょう。

野生の動物も行うマイクロスリープ

マイクロスリープは、
私たちの日常生活に無縁の
ものではありません。

むしろ、寝不足が高じたときなどに、
無意識のうちの私たちはこれをやっています。

例えば、会議や自動車の運転中、
どうしても眠くなってします。

そんな時、我慢しているつもりでも、
ほんの一瞬がくっと意識が飛んでしまう
事があると思います。

これはマイクロスリープです。

以前にも野生の草食動物は
短時間睡眠であるという話をしましたが、

一日に数十分しか眠っていないと
思われる動物でも、

このマイクロスリープで頻繁に
睡眠を補っていると考えられています。

つまり、マイクロスリープと言うのは、
動物としての私たちに本来備わっている

睡眠を補充する為の効果的で
ありがたいツールと言えるのです。

このマイクロスリープのやり方を
交代勤務など、慢性的な睡眠不足を
避けられない職場において

活用するようにできます。

マイクロスリープの具体的な活用法、

では具体的にどう活用するか?

マイクロスリープの効果的な
やり方を紹介します。

無意識的に起きてくる
マイクロスリープはせいぜい
数十秒の事ですが

これではあまりに短すぎます。

これを意識的に5分程度とるようにします。

つまり、五分間だけ眠るのです。

五分で目を覚ます自信のない人は
携帯電話のアラームなどを利用すると良いでしょう。

具体的なコツとしては、

ゆったりと椅子に座り、
自律訓練法を行う時のように手を
リラックスさせてももに置き、

目を閉じ、顎の力を抜きます。

そして「頭の中のひとりごと」も
止めるようにします。

今回紹介している睡眠のスキルにおいて、

例え眠れていなくても
顎の脱力と「頭の中での独り言」の停止
さえなされていれば、

すでに半分睡眠が達成されているという事。

マイクロスリープにおいても、
意識がなくても、目を閉じて何も考えていない
状況があるだけで、

睡眠としての効果が十分にあると言われています。

短く深く眠る人のやり方とコツ

世の中には短い睡眠時間で
人の何倍も仕事をこなしている人がたくさんいます。

きっと彼らは自らの
マイクロスロープのやり方を編み出し
活用しているのでしょう。

特にビジネスの第一線で活躍している
経営者などになると、

短時間睡眠できびきびと
働いている人はたくさんいます。

例えば、医学界の重鎮

日野原重明博士

90歳を過ぎて、
大病院の理事長を務めながら

現役の医師としても診断も行うだけでなく
講演で全国を飛び回るハードスケジュールですが、

日野原博士の睡眠リズムは
以下のようなものであると言います。

・毎日の睡眠時間は3~4時間

・週に一度、調子のいい時は完全徹夜をし、
翌日はいつも通り働く、

特に徹夜の翌日は
頭がハイ状態になり

普通の日よりも仕事がはかどるらしいのです。

きっとマイクロスリープのコツを
上手く活用しているのだろうと感心します。

ナポレオンも活用したマイクロスリープ

11日間眠らなかったアメリカの高校生や
ショートスリーパーの代表であるナポレオン

彼らも覚醒の状態の中で
このマイクロスリープを取っていたと考えられています。

「たった五分の睡眠で?」

と不思議に思われるかもしれませんが、

しかし、頭をすっきりさせるという事では、
五分間で十分なのです。

仕事のちょっと空き時間やトイレ休憩を
利用してマイクロスリープを行えば、

交代勤務などによる寝不足や
体調不良も改善をすることができます。

ぜひ参考にして下さい。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。