一般食品と医薬品、そして栄養機能食品と特定保健食品の特徴


今回のテーマは、

一般食品と医薬品、そして
栄養機能食品と特定保健食品の特徴

について紹介します。

一昔前は、口に入れるものと言えば、

「一般食品」(健康食品を含む)と「医薬品」

だけの分類でしたが、

現在では、

「栄養機能食品」と「特定保健用食品」

という分類が加えられ、

「栄養機能食品」と表示されたサプリメントなどが、
ドラッグストアなどの店頭に並びはじめましたね。

正直良く分からない、、混乱する。。

というのが多くの人の声だと思うのですが、
今回はこの点を整理して解説します。

これから健康的な食品を
口にするために一般食品と医薬品、

そして栄養機能食品と特定保健食品というものの
違いについて正確に理解するために
解説を加えていきます。

スポンサーリンク

食品、医薬品、サプリメントの定義とは?

日本では、人が口から摂取するものは
「一般食品」か「医薬品」のどちらかになります。

食品と医薬品の区別は

使用される成分が厚生労働省の

「食薬区分」でどちらかに
分類されているかにより、

食品衛生法と薬事法で
規定されています。

食品法第2条では

「食品とは、すべての飲食物を言う。

ただし、薬事法に規定する医薬品
及び医薬外部品はこれを含まない」

とされ、

一方、薬事法では、

「病気の治療や予防に使われるもの
以外はすべて食品」とされています。

だから、サプリメントは
「健康食品」として食品に分類されるのですが、

そこに「栄養機能食品」と「特定保健用食品」
と言う新しいカテゴリーが追加されました。

薬とサプリメントの特徴の違いとは?

基本的に医薬品と言うのは
日本薬局方に収載されたものであり、

病気の診断、治療、予防を目的としています。

日本の法律ではサプリメントは
食品に分類されていますが、

目的を考えれば実際には
医薬品に限りなく近いものですね。

ただし、医薬品として
許可されるには厳しい審査を
クリアする必要がありますが、

サプリメントは食品扱いなので厳しい
基準がないのです。

そこで大きな特徴の違いなのが、

サプリメントは、
基本的に効果、効能を
表示する事が禁じられているのです。

つまり同じビタミンであっても

医薬品であれば効能、効果を
表記する事は可能ですが、

サプリメントはできないのです。

そして現在では厚生労働省の定めによて

サプリメントは

栄養機能食品と特定保健用食品(トクホ)
一般食品に分類されています。

トクホは、国が認めた成分を
使用した製品に対して許可を受けているものです。

多くの科学的な試験の結果をもとに

有効性や安全性について
個別審査を受け、

消費者庁が「特定の保険の用途」
を表示する事を許可した食品で、

製本には許可マークが付けられます。

栄養機能食品は

国の定めた規格基準に
適合していれば、

国への許可申請や届け出がなくても、

企業の責任において
厚生労働省が指定した栄養素の機能を
表示できると言うもので、

許可マークはありません。

栄養機能食品=優れた製品、、ではない

つまり、

栄養機能食品と特定保健用食品
という分類が加えられたという

この変化により、

これまでサプリメントには、

配合しているビタミンやミネラルの効果を
表示する事は一切認められていなかったのですが、

新しい分類である「栄養機能食品」では

ビタミン12種類とミネラル2種類の
効能表示も可能となりました。

例えばビタミンEであれば、

抗酸化作用にとって、体内の脂質を
酸化から守り、細胞の健康維持を助ける

他にもカルシウムならば

骨や歯の形成に必要

などのように、効果を表示しても
良いと言う事になった訳です。

この変化は、消費者にとって
「栄養機能食品」と表示される事は
効能もキチンとうたっているので、

これらは厚生労働相のお墨付き
つまりより優れた製品と思ってしまいます。

とは言え、ここにも落とし穴があります。

実は、栄養機能食品=優れた製品

と言う訳ではないのです。

むしろサプリメントの良さが消えた

栄養機能食品には、

ビタミン、ミネラルなどの栄養素が
ある一定量含まれていなければなりませんが、

問題は、上限があると言う事です。

この栄養素はこれくらいまでしか入れてはいけない!

と言う事です。

これって実はかなりおかしな事だと思うのです。

しかも一日摂取目安量の
上限値はかなり低い値に設定されていて、

さらにはその科学的根拠が曖昧なのです。。。

つまりどういう事か、、、

摂取しても期待している効果を
得る事は出来ないのが特徴と言う事です。

摂取する意味があまりないと言う事です。

摂取する意味があまりない製品に

栄養機能食品

と言う表示が認められて、
効能や効果を宣伝してもOK

という特殊な状況なのです。。

逆にいえば、

身体にプラスの効果が期待できるだけの
栄養素の分量が入った製品と言うのは、

栄養機能食品とは表示できない。

効能効果を宣伝してしまえば、

即薬事法違反!

となってしまいます。

効果の出ない分量なら効能を宣伝してもOK
効果の出る分量ならば効果を宣伝はNG

これって実は、、かなり
おかしい仕組みだとは思いませんか?

「健康になる」でなく「危険を回避する」

栄養機能食品の上限がいかに低いか、、
一例をあげてみましょう。

アメリカの健康指導の本を参照してみると、

例えば、ビタミンB12

病気を予防し、理想的な健康を保つのに
必要なビタミンB12の一日摂取量の目安と言うのは、

200~400mcg

とされています。

この量が、果たして本当に効果を生むかどうかの
議論はひとまずここではおいておいて、

日本の栄養機能食品であるためには
ビタミンB12の含有量は、

0.8~60mcg

までしか認められていません。。

これじゃあ、何のためにサプリメントを
取るのか全く分かりません。

妙な分類が出来てしまったため、

健康食品会社も、消費者の健康を
第一に考えた製品作りではなく、

効能効果を合法的に宣伝できる
指定栄養素の範囲内になんとか抑える商品作りに
フォーカスしてしまいます。

健康が何よりも重点を置くべきではないでしょうか?…

厚生労働省も、色々と考えがあるのでしょうが、
国民の真の健康を考えた基準にしてもらいたいですね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。