unnamed

糖新生はダイエットに大切な働き、糖分のエネルギー源のメリット


今回のテーマは、

糖新生はダイエットに大切な働き、
糖分のエネルギー源のメリット

について紹介します。

前回紹介したように
糖質をカットする安易なダイエットには
注意が必要なのですが、

ここでもう少し詳しく解説したいと思います。

太古昔の人類は
食料を確保するのが困難な時代を
ずっと生きていました。

だからこそもっとも身体にとって
効率的なエネルギーが源となる

糖分を美味しくて甘く感じるように
出来ているのです。

しかし時代は進み特に先進国に住む
私たちの周りには食料があふれています。

飽食の時代に糖分はたしかに
本来の目的以上の意味を持つ事になりました。

そこで過剰な糖分摂取など
問題が起き、ダイエットを困難なものしています。

しかしここでもう一度
本来の根本的な糖分の役割を
見つめ直す事で、

しっかりと糖質と向き合う事が出来るようになるのです。

特に糖新生というのはダイエットにとって
大切な働きなのでしっかりと理解しておきましょう。

スポンサーリンク

脳と糖分の関係、糖分のメリット

筋肉などのエネルギー源の主役は脂肪酸ですが、

脳のエネルギー源はブドウ糖のみです。

筋肉や肝臓にはブドウ糖を別の形に
変えて貯めておく事もできるのですが、

脳はできません。

脳はもっぱら血液のはこんでくる
ブドウ糖をあてにして働くのです。

もしブドウ糖の供給がストップしてしまえば、、

わずか数分で脳の働きは完全にストップします。

脳は何よりも大切です。

ブドウ糖の供給がストップしたら
脳の働きが止まってしまう・・・

そんな事態になっては大問題です。

だからこそもし、

体内でブドウ糖の摂取が不足すると、
肝臓がブドウ糖を作り始めるのです。

糖分摂取と聞くと多くの
ダイエッターにとって

弊害を思い浮かべるでしょう。

が、、糖分にもメリットがあるのです。

糖分のエネルギー源としての重要性

思考活動やコミュニケーションを始め、

人間らしい活動の全ては
脳によるものです。

糖分は脳の活動の唯一の
エネルギー源なので、

他の栄養素が揃っていても、

糖が不足していては
脳が働かないのです。

また神経伝達物質の
中にも糖分を原料とするものがあります。

脳は一時間に約五グラムの
糖分を消費すると言います。

そして脳が糖分を
蓄えておけるのは、

約24分と言われています。

ですから身体に糖分を
蓄えておいて、

血液を介して脳に回して使います。

また意外なのは、
眠っている間も脳のエネルギー
消費量はそれほど落ちません。

睡眠時は、脳以外の身体の
エネルギー消費量は80%
ほどの低下しますが、

脳が消費するエネルギーの量は
起きていても寝ていてもあまり変わりません。

寝ている間も脳は休んでいず、
ブドウ糖は消費され続けるのです。

こうしたブドウ糖はどこから
来るのでしょうか?

糖新生とダイエットの関係

糖分を蓄えている場所は
おもに血液と肝臓と筋肉です。

こう働きの事を

糖新生(とうしんせい)

と呼ぶのですが、

このときに材料として使われるのが、
筋肉から取り出されたアミノ酸です。

食事からブドウ糖の元になる
糖質が入って来ないとなると…

身体は筋肉をムシャムシャと食べて
エネルギー源の確保に努めるのです。

つまり、

糖新生により、筋肉が衰えれば、基礎代謝量は減り、
太りやすい身体を作ってしまいます。

この糖新生と言う働きから分かるように

糖分を単純にカットするだけと言う
安易なダイエットプランは
身体に取って悪い事だらけなのです。

糖分の種類とメリットを知ろう

ただここでもうひとつ
しっかり覚えておいて欲しいのが、

糖分にも種類があるという事です。

様々な食品に糖は含まれており、

「単糖類」「少糖類」「多糖類」

に分かれます。

単糖類は果物や蜂蜜に含まれる糖で、

ブドウ糖とか糖があります。

甘みがあり、構造が単純で
小さいので、

消化が早く、すぐにエネルギーに
変換できる効率的な糖分です。

そして単糖類がいくつか
結合したものが「少糖類」です。

砂糖はこの分類ですが、
乳糖や麦芽にも含まれています。

そして、穀類やイモ類、
豆類、レバーなどの含まれる糖が
「多糖類」です。

これはエネルギー源の
基本となるもので、

特徴としては、他の糖類と
違って甘くないという事です。

主なものがでんぷんで、

これはブドウ糖が繋がったもので、

このつながりを切るのに
時間がかかるので、

エネルギーに変換するのに時間がかかり、
一気になくならず徐々に使われます。

こうした色々な種類の
特徴やメリット、デメリットを知り

適材適所に使う事こそ、

糖分とい言うエネルギー源を
美容、健康、長寿に
活用する秘訣なのです。

その具体的なテクニックも
今後紹介していきますが、

糖新生というダイエットに
大切な働きをまず理解して、

間違った糖質カットは避けるように
注意しましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。