カロリー以外も5大栄養素を改善しバランス良くダイエット成功


今回のテーマは、

カロリー以外も5大栄養素を
改善しバランス良くダイエット成功

について紹介します。

前回までお伝えしたとおり、
吉田さんの食事の取り方には

タンパク質、糖分、脂肪分、
ビタミン、ミネラル

など5大栄養素の全てに問題があったので、

それぞれの栄養素別にダイエットのための
食生活の改善のポイントを示す必要がありました。

5大栄養素をすべて改善すれば
ダイエットに成功するのは間違いありません。

このサイトではいつも言うテーマですが、

何かに偏りすぎるのは
健康、美容、長寿にとってよくありません。

ダイエットは引き算よりもむしろ足し算を考える方がうまく行くのです。

すべてはバランス、

特に栄養、食事に関しては
5大栄養素すべての量と質にこだわる必要があります。

特に量だけでなく
質にこだわる人は少ないので、

ここでしっかりと理解しましょう。

スポンサーリンク

カロリー信仰からの脱却

ダイエットを志す人が

食事面でまず気にするのが
「カロリー」と言う言葉です。

カロリー計算をして、
カロリーを気にして食事をする人が多いのですが、

カロリーとは国際的に決められた基準で、

正確には

「人若しくは動物が摂取する物の熱量又は
人若しくは動物が代謝により消費する熱量の計量」

とされています。

栄養学的には、食物中に含まれる

炭水化物=4カロリー
たんぱく質=4カロリー
脂肪=9カロリー

とし、すべてのカロリーが計算されます。

そして人が一日に消費する
カロリーを上回るカロリーを
食事過多とってしまうと太る…

と言う計算になるのですが、
確かに分かりやすい指標ではあります。

「これは高カロリーだから辞めておこう」
「これは低カロリーだから安心」

と言う評価をしてしまいがいですが、

しかし、実際は私たちの体内では
こんなに簡単には行きません。

このカロリー計算では量にのみ注目しており、
質を完全無視してしまいます。

そしてそのカロリーをうまく活用する
ビタミンやミネラルの機能を
無視してしまっているのです。

実は食物にはすべて
質のいいカロリーと質の悪いカロリーがあります。

良いたんぱく質と悪いたんぱく質

良い脂肪と悪い脂肪

良い炭水化物と悪い炭水化物

そしてそこに含まれる微量栄養素

ここで真に健康的なダイエットを目指すなら
カロリー信仰から脱却し、

食物の「質」に注目する必要があるのです。

カロリーだけでなくカロリー以外も
5大栄養素を改善しバランス良く

食生活を送るのがダイエット成功の秘訣です。

健康に痩せる食事法4つのポイント

ここで私がダイエットコンサルティングを
行い吉田さんに指導した

5大栄養素をすべて意識した
ダイエットとアンチエイジングを
同時に達成するための食事のポイントを紹介します。

もちろんこれらポイントは、

あなたの健康維持にも
きっと当てはまるものなので、

万人受けする日々の食事改善のための
4つのポイントと言う事になります。

アドバイス1.

タンパク質は摂取必要量の確保
そしてアミノ酸のバランスを考慮して食べる

・卵を一日2個は食べる事

・納豆をこれまで通り食べ、

一緒に動物性タンパク質を自分の
「手の甲」くらいの大きさを目安に食べる事

・夕食時に特に意識してタンパク質を取る事


アドバイス2.

酵素をきちんと働かすためにサポーターとして
ビタミン、ミネラルを補給する事

・朝に新鮮な生の果物、或いはフルーツジュースを飲む事

・昼と夜は生の野菜ジュースを食事前にグラス一杯飲む事

・食間におなかが空いたなら、果物や野菜ジュースを飲む事

・野菜はなるべく「生」のまま食べる事

・外出時などジュースが飲めないときは
マルチビタミンや消化酵素のサプリを飲む事


アドバイス3.

食事は良く噛んで食べる事

糖質はムリして控えないで、タンパク質や野菜を
優先的に摂取したうえで、ご飯、麺類は良く噛んで食べる事


アドバイス4.

脂肪に注意する事

・使用している植物油の代わりに
バターかオリーブオイルを使う

・肉や魚の脂肪を気にしすぎる必要はないが
揚げ物はなるべく食べない事

以上この4点が私が指導した全てです。

食事内容を改善しバランス
良くダイエットするよう話し合い、

この4つを経て吉田さんがどうなったのでしょうか?。。。

カロリー計算を忘れた結果、ダイエットに成功

私はカロリー計算を指導中一回も言いませんでした。

というのもこの4つのポイントを押さえれば
必然的にカロリーは制限されるからです。

しかし重要なのは本人が辛いと思うかどうかです。

もしカロリーを計算して減らした所で
本人が辛いと感じるならば、

それは身体が要求している食事には
なっていないと言う事になります。

人間の身体は想像以上に
素晴らしい機能が働いています。

身体の要求に従ってさえいれば

身体の機能もスムーズに進み
本人も快適と思うからです。

今回の指導が無理ではないレベルであったことは
吉田さんの言葉からも読み取れました。

「今まで、なんであんなにお腹が空いて
たまらなかったのに…うそみたいです。

以前に比べて食べる量はずいぶん少ないのに
おなかが空かないんです。

以前は、満腹になるまで食べてから寝ても
必ず夜中におなかが空いて目を覚ましていたんですね。

タンパク質中心の食事を取り
生ジュースを取るようになってから

朝までぐっすり寝れるようになり
一度も目を覚ますことはありません。

食間に何か食べたいと言う気持ちもなくなりましたし、
とにかく体調がみるみる良くなる事を実感しました。

これまで色々なダイエットに励みましたが
今は我慢している感覚も全くなく

でも体重も減って行き、体調が良くなるなんて
こんな経験は初めてです」

そんな言葉を目を輝かせながら話してくれました。

これがバランスの力です。

5大栄養素の「量」と「質」

ダイエット=カロリー制限と

カロリーの量だけに意識した
ダイエットを続けていれば、

いつか健康を損なう事になります。

体内の働きを無視して、無理な食事制限などしても
必ずシワよせが来て長続きはしません。

辛い思いをして少し効果が出たとしても
結局元の食事に戻れば元の黙阿弥…

意味がありません。

食事と言うのは一生私たちに付いて回ります。

5大栄養素の「量」にも「質」にもこだわり、

自分の新しい習慣として簡単に導入でき
なおかつずっと続けられる。

これこそが病気を遠ざけ、いつまでも若く
美しい体型を保ったまま、元気で入れる為の
健康の最優先事項です。

カロリー以外も5大栄養素を
改善しバランス良くダイエットに
成功していけるのです。

とはいえ、吉田さんの指導中も
問題がなかった訳ではありません。

次回彼女が陥ってしまった問題点について
解説して行きます。

今日も最後まで読んでくれてありがとう。

それではまた。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。