unnamed

ダイエットできない現代人が抱える食事内容の問題点、改善点


今回のテーマは、

ダイエットできない現代人が抱える
食事内容の問題点、改善点

について紹介します。

私がダイエットコンサルティングで
指導した、

吉田さんの食事内容が抱える
明らかな問題点それは4つある。

と前回の最後に説明したのですが、
もう少し詳しく解説しましょう。

これはダイエットできない現代人が
抱える食事内容の問題点でもあります。

科学技術の進化が進み、

私たちの生活は便利になりました。

コンビニ、外食、ファーストフード、
加工食品、冷凍食品、

加工、流通技術が進み、

今ではロボットと機械が
私たちの食べ物を作っています。

その是非を議論するのはとても難しい事です。

が、私自身は健康面と言う事に関して言えば、

栄養素と言う問題もしかり、

手間ひまや愛情と言った
面倒と時間をかけた食事こそ、

健康的に体系を維持する
食事内容になると考えています。

ダイエットに失敗し、健康を損なう
食事内容には問題があります。

愛情や目に見えない力は
次の機会に譲れますが、

中でも今日から改善できるような、

現代人の抱える栄養バランス
についての問題、改善点について紹介します。

逆に言えば、この4点を改善すれば
ダイエットも成功できるのです。

吉田さんの事例を参考にし、
あなたの日々の食事内容もぜひ
改善していってください。

現代人の抱える食事内容4つの問題

身長161cm、体重99kg
いくつかの病気のリスクを抱えていた

吉田さん彼女は以下のような
食生活の問題を抱えていました。

1.タンパク質の決定的不足

彼女は納豆は1日1パックほど食べていたのですが

それ以外は、さつま揚げとかはんぺんとか
イワシの缶詰、ハムと言った加工食品ばかりで
良質タンパクはほとんど食べていませんでした。

2.食物酵素、ビタミン、ミネラルの決定的不足

野菜や果物はほぼ食べない。

ときどきサラダやおひたしを食べる程度…。

3.糖質の過剰摂取

1日5~6食、おなかにたまる
ご飯や麺類を中心にたっぷりと食べ、

和菓子やせんべいスナックなど
間食として食べている

4.脂質摂取のバランスの悪さ

植物脂肪を過剰に摂取していながら、
必要脂質は全く取っていない。

・・・

細かくはここでは別にして、

この4点がまさに現代人の食生活の問題を
集約しているという内容です。

吉田さんにはこの点を重点的に
改善点として指導しました。

もしあなたも身体に何らか知らの
トラブルを抱えているならば、

これらすべてを見直さないといけません。

偏ったダイエット知識の弊害

吉田さんの食事内容の場合、

まず体を作るたんぱく質の質が
明らかに偏っています。

アミノ酸がすべてそろっていないと
健康維持もアンチエイジングも不可能です。

ダイエットのために動物食品を減らそうと、
偏った知識を持っている事が問題でした。

納豆や加工食品からでは
プロテインスコアを上げる事はできません。

また彼女の場合、

カロリー摂取過多が問題なのですが、
特に糖質中心に過剰摂取していました。

さらにミネラルビタミンが少ないので、
身体はさらに多くの糖分を欲してしまいます。

こうなると、身体がさらに糖分を欲求してしまうので
次に摂取カロリーを減らすことは困難になります。

しかも、無理してカロリーカットすると、
さらに栄養不足は進み、代謝が低下し、
ますます太ってしまいますね。

次に血糖値、中性脂肪、肝機能などの
改善を目指すのが絶望的になります。

ダイエットを目指し不健康になり、
リバウンドして太り病気になる、、

これは現代人が誤ったダイエットの知識を
持つ事による大きな弊害です。

その多くの部分を彼女は
実践してしまっていたのです。

悪い物を辞めるより、良い物を入れる

彼女は偏ったダイエットの知識を持ち
偏った栄養バランスの食事内容を

ダイエットのためとがんばっていました。

そして結果的に体のバランスを崩し、
体重をリバウンドして増え、体を悪くしていました。

じゃあどうするか、、、

私が指導した内容はまず

「もっと食べましょう」

と言う事です。

ダイエットを目指す人にとって
逆説的なアドバイスですが、

食べる量を減らすよりも、

体に良い物を食べる方が、
長期的に健康的なダイエットに
成功できるのです。

体内酵素を働かすために、
良質タンパク、ミネラル、ビタミンを
確実に体内に送り込めば

糖質を欲する気持ちもおさまり
自分の意思で楽に食事の量がコントロールできます。

自然に無駄なカロリーを欲しなくなるのです。

従って、私は吉田さんには

「あれこれ食べちゃだめ」
「これをカットしなさい」

と言う事はほとんど言わず、

むしろこういうものをしっかり食べた方が良い

と言う事を中心に指導しました。

それが結果的には良かったのだと思います。

これは心理学上有益な
テクニックでもありますが、

人間にとって悪い物を辞めるのはつらく、
良い物を入れるのは簡単です。

禁煙が難しかったりするのも同じ理由です。

この作戦が功を奏し
吉田さんは健康的に体重を
減らす事ができるようになったのですが、

詳しくは次回以降お伝えします。

情報過多の現代人はダイエットを目指すと
食事内容に問題点が生まれ様々な弊害を生みます。

注意しなければいけません。

あなたの食事内容はどうでしょうか?

食事内容に改善点はありました?

4つの問題に心当たりはないですか?

それでは、次回からどんな食べ物を食べた方が良いか

と言う話から詳しく話していきます。

それでは、お楽しみに。

unnamed
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。