仮眠は20分が最適な時間である理由、効率的な仮眠の効果とコツ

仮眠は20分が最適な時間である理由、効率的な仮眠の効果とコツ
今回のテーマは、

仮眠は20分が最適な時間である理由、
効率的な仮眠の効果とコツ

について紹介します。

睡眠リズムを崩さないため、

徹夜してしまった時のリズムの戻し方
として20分程度の仮眠を取る方が良い

と前回お話ししました。

普段でも、眠い時には、
20分程度の仮眠をとることはおススメです。

この「仮眠は20分」が最適な時間
であることには理由があります。

20分以内の仮眠をとると、
疲れも取れ頭もスッキリし、
その後の勉強や仕事もはかどるようになります。

あなたも電車やバスの中で座っていて、
うとっと寝てしまって、

その後すごくスッキリして
気持ち良くなった経験があるのではないでしょうか?

昼寝や仮眠にはそれと同じ効果があります。

スポンサーリンク

仮眠には疲労感を取り除く効果が

リラックスした状態で眠らないのと、
1回ウトッとしてしまうのとでは

どちらがその後の疲労感や眠気が
取れるかという実験がありますが、

それによると、
一回ウトッとしてしまうほうが
リラックスした状態で起きているよりも、

効率的に疲労感と眠気が取れることが
明らかになっています。

どれだけリラックスしていても、
起きている状態であれば、

あまり疲労感は取れないのです。

同じ時間を休憩に使うのであれば、

疲労感が取れて、
頭がすっきりしたほうがいいですね。

なのでリラクゼーションをするよりも、
一回ウトッとする程度の
仮眠をとるのはおススメなのです。

ただしその仮眠の時間は、

20分以下に抑える事、

決して30分を超えないことが大切です。

仮眠は20分が適切な理由

効率的な仮眠の取り方のコツとして

20分には理由があります。

それは睡眠不足が続いたり、
徹夜明けのような断眠状態では、
入眠後にすぐに深い睡眠に入っていけるからです。

睡眠深度で3~4の深いノンレム睡眠です。

だから20分程度の短い睡眠であっても、
目覚めた後は思いのほかスッキリしているのです。

もし2時間以上に仮眠をとってしまうと、
副交感神経の方が優位となり、
脳は本格的な睡眠と認識しています。

すると仮眠から覚め、夜が来て、
さあ寝ようとしても脳は既に睡眠から
目覚めたと誤認しているので、

なかなか眠ることができません。

「じゃあ仮眠などしないで
起きていれば良いじゃないか」

と思われるかもしれませんが、

それはお勧めしません。

生理的に来る眠気に抗して
起きていようとすると、

さらに交感神経を興奮させてしまいます。

そうすると、今度は夜になっても
眠ることができなくなります。

交感神経の興奮性を適度に鎮めながら、
完全には交感神経優位に切り替わらない
ようにすることが重要なのです。

それが20分の仮眠のコツです。

仮眠がもたらす学習への効果

昼寝の効果についてなど、
いくつも研究があるのですが

その一つが、

久留米大学医学部の
内村直尚教授による実験で、

彼は福岡県の高校で
40日に渡って15分間の昼寝タイムを設け、

昼寝をした生徒と昼寝をしなかった生徒を
比較すると言う実験をしました。

その結果、
昼寝をした生徒たちは、

昼寝をしなかった生徒に比べて、
勉強の効率が上がり、

最近の成績が上がったと
回答した割合が高いことが分かりました。

仮眠をとると学習の効果が上がるのです。

他にも世界中で昼寝について
研究は行われていますが、

記憶力との関係などが確認されています。

昼寝には勉強の効果を上げる作用があるので、

学校や会社で眠気が襲ってきた場合、

昼休みの時間などを利用して、
20分程度の仮眠を取りましょう。

仮眠した日の夜の睡眠の対処法

この仮眠は、夜の睡眠の時刻が来るまでの間、
眠気が来るたびに繰り返し取るようにします。

そして次に夜の睡眠をどうするかです。

昼間と同様、副交感神経への切り替えが、
うまく出来ないかもしれません。

交感神経から副交感神経へ
切り替えがスムーズにいくようにするためには
自律訓練法が良いでしょう。

いつも、床につく時刻より、
二時間くらい前から

たっぷりと時間をかけてこれを行うようにします。

まず部屋を薄暗くして、
アロマや音楽など、

五感を刺激するものはシャットアウトします。

どうしても使用したい場合は、
アロマならごく弱いもの、

音楽なら音量を小さく、歌詞のない
ゆったりとしたものにしましょう。

そしてリラックスできる睡眠環境を整えたら、
自律訓練法の開始です。

第二公式までで良いので、
じっくりと行って下さい。

自律訓練法も基本は脱力なので、
顎と両腕の力を抜くことから入って下さい。

自律訓練法によって、
ある程度交感神経の興奮を鎮められたら、

今度は布団に横になって
睡眠術を行って下さい。

そうすれば、スムーズに眠りに
入っていけるようになるでしょう。

とにかく、

仮眠は20分が最適な時間

これを覚えておいて下さい。

これが効率的な仮眠の
効果とコツなのです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。