unnamed

コレステロールはアンチエイジングに重要な役割、機能を果たす


今回のテーマは、

コレステロールはアンチエイジング
に重要な役割、機能を果たす

について紹介します。

巷では悪者とされるコレステロールですが、

実はアンチエイジングに
重要な機能を果たす素晴らしいものです。

これまで、恐ろしい動脈硬化について
色々と話してきたのですが、

ここまでの話でどうしても納得できない
人が出てきたかもしれません。。。

なぜならかの悪名高い

コレステロール

についてなにも触れてこなかったからです。

一般的に健康のために
コレステロールの値を気にして、

コレステロール値を下げようと
努力している人がいますが、

それは根本が見えていない、
愚かな行為と感じます。

ちょっとアミノ酸やダイエットの話からは
それてしまうのですが、

動脈硬化関連…と言う事で、
少し紹介しておきたい話があります。

スポンサーリンク

動脈硬化とコレステロール

動脈硬化と言ったら、医学界では一般的に

アテローム(粥腫(じゅくしゅ))が怖いんだ!
と言う理論で、ここにコレステロールが悪物として登場します。

このアテロームが動脈の壁から血管に
コブのように付き出てくるから

血管内が狭くなって、血流がよどんでしまい、
血栓がでやすくなる。。。

脳梗塞の原因となる厄介な物なので、

このコブを調べてみたら、そこに
コレステロールが溜まっていた…

この発見から、コレステロールがまるで
犯罪者のように扱われるようになりました。

ちなみにコレステロールと言うのは
動物性食品にのみ含まれているため

動物性食品が目の敵になる、という話です。

そこでコレステロールフリーと
銘打った食品が人気になって、

スーパーなどに売られており、

何か健康に良さそうと
皆そういったもの選んでしまう傾向があります。

コレステロールはアンチエイジングに必要

しかし、ここでハッキリと言いたいのですが、

コレステロールと言うのは身体に機能に取って
極めて重要な存在です。

アンチエイジングだけでなく
健康にとってかなり多くの役割を果たします。

例えば、

細胞膜を作るのもコレステロールが必要だし、
不足してしまえばまともな細胞が作れません。

また女性ホルモンや男性ホルモン、
ストレスを緩和する抗ストレスホルモンなんかも

コレステロールから作られます。

そうです。

コレステロールは人体にとって
必要不可欠な存在なのです。

それを目の敵にして、摂取を控えよう!
そんな事をして果たして本当に良いのでしょうか?

コレステロールは重要だからこそ

コレステロールは実際には
アンチエイジングに重要な役割、
機能を果たすものなのです。

身体に取って重要な役割をするからこそ
身体が必要とする量も多く、

通常の食事をしている健康な人なら
肝臓で合成されるコレステロールの量は
食事で摂るコレステロールの4~5倍になります。

ちょっと考えて欲しいのですが、

もし食事から取るコレステロール量が減ってしまえば
より多く肝臓で作られる事になると思いませんか。

体内でこの重要な物質が必要なとこに
間違いなく届けられるように

コレステロールは肝臓でリポタンパクという
宅急便のパッケージみたいなものに丁寧に包まれます。

こうやって梱包された状態で、コレステロールは
血液の中を流れ、必要とする細胞まで届けられます。

このパッケージにいくつか種類があり
これが良く言われる

善玉コレステロール(HDL)
悪玉コレステロール(LDL)

です。

これはコレステロールの種類でなく、

コレステロールを梱包したパッケージの
違いを指すものです。

コレステロールを悪玉と善玉に分けていいの?

なんか、悪玉、善玉という区別をされるので
悪玉は悪い奴、善玉は良い奴
と言うように思ってしまいがちですが、

LDLというのは肝臓から発送され、コレステロールを
必要とする細胞に運び届ける役割

HDLはどこかでだぶついてしまったコレステロールを
回収して、元の肝臓にまで持って帰る役割をします。

だからこそ、LDLに対してHDLの割合の方が
多ければなんにも問題はないのです。

LDLもHDLもそれぞれ任務があって存在しているのであって、
悪玉、善玉に分けること自体間違っていると私は思います。

今回のテーマでは
ダイエットやアンチエイジングにとて
動物性食品を避ける事はやめようと

再三アドバイスしてきましたが、

コレステロールはすべて役割があって
重要な機能を果たしている…

不容易な脂肪カットは危険です。

とにかく今日はこの事だけはしっかり認識
してもらいたいと思っています。

じゃあ何が問題なのか?。。

次回そんなコレステロールが問題になる
原因を探っていきます。

それでは次回またお会いしましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。