動脈硬化は脂肪よりビタミン不足とカルシウムの沈着が原因


今回のテーマは、

動脈硬化は脂肪よりビタミン不足
とカルシウムの沈着が原因

について紹介します。

脂肪やコレステロールが、
動脈硬化の原因だ!

と巷では騒がれれていますが、

実際の所は、

動脈硬化の原因はビタミン不足と
カルシウムの沈着などが大きな
原因とされています。

「カルシウム」と聞くと
健康に良い栄養素として
誰もが重視しているものと思いますが、

実はバランスが崩れる事による
健康被害があるのです。

カルシウムは身体の生体活動にとって
最も重要なミネラルのひとつです。

これが不足しないように

様々な加工食品にも
「カルシウム配合」などと銘打っていますが、

実はこういった質の悪いカルシウムが
血管に溜まってしまい問題になったりします。

栄養のバランスをとるためには
全体のバランスを考えていかないといけないのです。

ここでは前回からの続きとして
動脈硬化を例にとり、

健康レベルを全体から高める
ための考え方について紹介していきましょう。

スポンサーリンク

ホモシステインを分解する栄養素

前回紹介した、

厄介なホモシステイン…

このホモシステインを代謝分解するには
葉酸、ビタミンB6、ビタミンB12などが
必要になります。

もし、これら栄養素が食事から不足していたり
うまく吸収されないと

血中ホモシステインレベルは上昇し
細胞膜や血管にダメージを与えます。

メチオニンからシスタチオンへの
代謝プロセスを完了させるには

セリンと言うアミノ酸とビタミンB6が必要です。

ビタミンB6というのは

非常に熱に弱いビタミンさんなので
調理によってほとんど壊されます。

このビタミン一つが足りないだけで
身体はホモシステインをシスタチオンにまで
転換はできません。

それなのに実は現代人はなかなか
ビタミンをきっちり摂取できていません。

血液の健康とビタミンの関係

逆にセリンとビタミンB6を補えば
この転換はスムーズにいくことになり
血中ホモシステインは低下します。

栄養不足のない健康な体では
ホモシステインはメチオニンにも
戻る事ができます。

ただし、この為には適量のメチオニンと
いくつかのアミノ酸ベースの酵素
そしてビタミンB12が必要です。

このビタミンB12は代謝活動の
あらゆる場面で働くのですが、

分子量が大きいため、消化器官に
問題を抱えている人にとっては

吸収が困難ですぐに排泄されてしまいます。

もし、ビタミンB12サプリメントを補ったとしても
まともな吸収活動をしないと吸収はされないし

またビタミンB12が不足すれば、体内の
あらゆる代謝プロセスが影響を受ける羽目になるのです。

ホモシステインがうまく代謝されるか否かは
ほんの少しのビタミンが足りないだけで起こるのです。

動脈硬化とカルシウムの沈着

さらにカルシウムの沈着という問題もあります。

ホモシステインによる傷ついた血管の後には
カルシウムが沈着しやすいのです。

ここまで聞くと、

「カルシウムは摂り過ぎたらいけないのかな…」

と思われるかもしれませんが、

これは全くの逆で、カルシウム不足が
この状態を引き起こすのです。

カルシウムは体内で極めて重要な役割が
任されているのですが、

血液中にはカルシウムが常に十分量
確保されていないといけません。

食事から摂取量が少なくなると
血液カルシウムを補給する為に

骨からカルシウムを溶かし出します。

この時、必要以上のカルシウムを
溶かし出してしまうため、

その余分なカルシウムが血管壁や
心臓の弁や肝臓などに付着する
事になるのです。

血管の健康には十分なカルシウム摂取
も必要なんですね。

かといって、質の悪いカルシウムを取れば
問題も増えてしまう、、、

なかなか困難な問題なのです。

脂肪だけが問題ではないのです

こういった様々な問題が
複雑に絡み合い症状は起きます。

しかし巷では、
心臓病、脳卒中、動脈硬化など

進んで起こる生活習慣病の予防や
改善対策として、

「脂肪」

だけに焦点を当てますが、

大きな間違いです。

何かひとつの問題で健康に
問題が起きるのでなく、

解決策も何はひとつではないのです。

それよりも、脂肪やたんぱく質の
代謝に影響を及ぼす

身体全体の「代謝プロセス」に
目を向けるべきなのです。

身体が脂質を溜め込むのを許してしまうから
血管が硬化し、血液が上がるのです。

これは単純に、

代謝プロセスが正常に機能していない

というサインなのです。

木を見て森を見ず…で健康は損なう

一部を見て全体を忘れる

と言う事がないよう、すべての面から
健康状態を挙げて行く必要があるんですね。

脂肪だけ、アミノ酸だけ、、、

で考えないで、ビタミンもミネラルも
他の栄養素もすべて大切です。

動脈硬化はコレステロールの問題だけなのではなく
ビタミン不足とカルシウムの沈着なども
大きな原因となるのです。

こういった事はなかなか理解できないかもしれません。

木を見て森を見ず…では健康を損ないます。

様々な角度から物事を見るクセを付けましょう。

また、その栄養を取り入れる為に
日々の食事は極めて重要です。

日々食べる食べ物が私たちを作るのです。

しっかりと実践していきましょう。

それでは、また次回。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。