徹夜してしまった時の睡眠リズムの戻し方、徹夜の心身の影響

徹夜してしまった時の睡眠リズムの戻し方、徹夜の心身の影響
今回のテーマは、

徹夜してしまった時の睡眠リズム
の戻し方、徹夜の心身の影響

について紹介します。

徹夜をする時と言うのは、
翌日がテストであったり、
会議での発表があったり、

何かしらやるべき事があって、
おちおち寝てもいられない状況で
ある事がほとんどでしょう。

そして肉体的、精神的な面から
リズムが崩れてしまうことがあります。

このサイトでは、健康のために
規則正しい生活リズムを守る事を
推奨していますが、

時として、羽目を外して遊びすぎたり、
必死に徹夜で仕事をする事も

人生にとって必要な事です。

なのでそんな徹夜で崩れた
睡眠リズムを戻す方法を知って置く事は
大切な事です。

スポンサーリンク

徹夜をすると身体はどうなるか?

ではまず、徹夜をした時に、
身体にはどういう変化が起きているのか、

徹夜の心身の影響について
見てみましょう。

「徹夜をする」と言う意思が働くと、
寝る時間になっても、

自律神経は無意識のうちに
副交感神経への切り替えを拒否し、

交感神経の優位性を維持しようとします。

活動時、緊張時、ストレスを時など
交感神経が働き、血管が収縮するのですが、

勉強や資料の作成など
集中し続けることで

興奮は一層高まり、

さらに、脳を刺激する為に
カフェインを含んだコーヒーを
飲んだりもします。

この時、脳内では覚せい系の
神経伝達物質であるドーパミンが
盛んに分泌され、

興奮性を高めています。

つまり自律神経が
交感神経に振れてしまっている状態です。

寝ていないのに眠れないのはなぜ?

こうして徹夜をして、
無事に乗り切ったとします。

そのまま眠い目をこすって出かけ、
やるべき事をこなして帰宅したとします。

どっと疲れが出て、すぐにでも
ベッドに倒れこみたい衝動にかられます。

ところが、不思議な事に
倒れこむように床についたとしても
なかなか寝付く事ができません。

妙に興奮して、
目が冴えてしまいます。

これはどうしてでしょうか?

本来は物凄く眠いはずです。

それは、徹夜によって高まった
交感神経の興奮が一向に収まらず

なかなか副交感神経優位へと
切り替わらないからです。

そう言う意味では
徹夜は睡眠リズムだけでなく
心身への悪影響があるという事です。

徹夜でリズムが狂う理由

その結果、徹夜して疲れているはずなのに
いざ布団に入っても眠れないという事が起こります。

この交感神経の興奮は、
徹夜明けの昼ごろになって
やっと収まってきます。

これと以前お話しした
セーカセミディアンリズム、

つまり、お昼過ぎになって
眠くなるという現象とが重なると、
猛烈な眠気に襲われます。

この睡魔に負けて
何時間も眠ってしまうと

体内時計がリセットされ、
その日の夜に眠れなくなってしまいます。

これが徹夜した時に起きる
睡眠のリズム障害です。

もちろん眠らなくても
目を閉じて横になるだけで
心身の疲れの多くは回復する事があります。

ことさら徹夜の徹夜の心身の影響や
睡眠リズムの乱れを気にし過ぎると
悪化する可能性があるので、

前向きに考えて欲しいのですが、
リズムを戻す方法は
知っておくべきでしょう。

あるいは徹夜明けと似た症状が、

良くアスリートが
試合の後興奮して眠れないと語ったり、

歌手がコンサートの後に眠れない
と言った話がありますが、

睡眠不足で身体はくたくたなのに
眠れないと言うのはこういう理由です。

徹夜で崩れたリズムを戻す方法

これをどう回避するか?

徹夜してしまった時のリズムを戻すために、
体内時計がリセットされてしまわないよう、

そしてサーカセミディアンリズムによる
眠気に同調してしまわないように、

睡眠を調整しなければなりません。

その為には徹夜明けのお昼から夜にかけて、
決して長時間眠らないようにします。

かといって全く眠らないのは苦痛なので、
ある程度の睡眠を取るようにします。

その目安は20分です。

徹夜の心身の影響は良いものではないですが、
しょうがない場合もあるでしょう。

そう言った場合にも、

20分の仮眠を取ることで
徹夜してしまった時のリズムをうまく
整えることができるのです。

次回はこの20分の仮眠の
秘密について解説していきましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。