基礎代謝を高める事とダイエット、アンチエイジングの深い関係


今回のテーマは、

基礎代謝とダイエット、
アンチエイジングの深すぎる関係

について紹介します。

おなかがちょっと出てきた…

肌のハリが消えてきた…

疲れがなかなか取れない…

髪が細くなってきた…

もしそんな思いが出てきた人は、

体内の基礎代謝がかなり低下している

という可能性が大という事になります。

言いかえるとつまり、

確実に体内の老化が進んでいる

という事です。

「基礎代謝」というものが
ダイエットやアンチエイジングと
深く関わってくるのですが、

基礎代謝を高める為に
効果的な方法とは何でしょう?

スポンサーリンク

アンチエイジングのために基礎代謝を高めよう

そして、このコンテンツを
見てくれているあなたにはグッドニュースです。

基礎代謝さえ高める事ができれば
体内は一生懸命働いてくれるようになり、

消費カロリーは増え、無駄な体脂肪だって
スムーズに落ちて行ってくれます。

そして、代謝回転が速くなり、
細胞の生まれ変わりなども加速されますから、

どんどん若返っていきます。

つまりアンチエイジングに成功でき
健康にダイエットすることが出来るのです。

「でも、そんなことは本当にできるのでしょうか?…」

と言う心配や不安が出てくるかもしれません。

大丈夫です。出来ます。

これからそんな話をしていきます。

キーポイントは基礎代謝です。

基礎代謝とは何でしょうか?

基礎代謝というのは、私たち人間が
呼吸や体温調整など生命を維持するために
消費されるエネルギーのことで、

一日中仮に何もせずぼーっとしているだけで
消費されているエネルギーの事です。

つまり人間が生きていくうえで
絶対に消費されるエネルギーのことです。

この基礎代謝は男なら16歳、女性なら14歳を
ピークに下がっていくと言いますが、

基礎代謝は一日で消費される全ての
エネルギーの大半を占めています。

つまりダイエットにとって
大切なのは基礎代謝を上げる事です。

なぜなら

基礎代謝が上がると、運動をしなくても
消費エネルギー量が増えるので太りにくくなります。

逆に基礎代謝が下がると
消費エネルギー量も減るので
太りやすくなるのです。

基礎代謝を高める秘訣

ちなみに体の中で安静にしていた場合、
もっとも基礎代謝量の多い部分と言えば、

筋肉と肝臓です。

特に肝臓は体内のあらゆる仕事を
受け持つ大工場です。

食事で摂りこまれた栄養素というのは
まず肝臓へ運ばれ、再合成され
全身の細胞へと送り出されていきます。

肝機能が低下すれば、そこでの
エネルギー消費が減るのはもちろんですが、

肝臓から体内の各細胞へと
届けられる栄養素も減ります。

それでは、細胞は
フルパワーでは働くことができなくなり、

代謝プロセスはすべてスローダウンします。

相乗的に筋肉や他の器官でも
基礎代謝率が大幅にダウンしてしまいます。

つまりしっかりと肝臓が
役割を果たさなければ
アンチエイジングは成功しないと言う事です。

基礎代謝とたんぱく質の関係

そんな重要な役割を持つ
肝臓の機能を上げる秘訣は何でしょうか?

答えはたんぱく質です。

もう少し正確に言えば
適切な量と質のたんぱく質の摂取です。

ちなみに、肝臓の組織の代謝回転というのは
早い部分では、10日というスピードです。

これだけ半減期が短く、しかも肝臓は大きいので
肝臓の組織が更新するために必要とする
タンパク質というのは一日23グラムと言われています。

つまり、基礎代謝の中核を担う
あなたを若返らせてくれる重要な肝臓さん

彼にしっかり働いてもらうには何よりもまず

良質たんぱく質を毎日十分確保する事

なのです。

そしてあるアミノ酸の組み合わせで
肝臓機能が高まり、

基礎代謝を高める事ができます。

肝臓がフルパワーで働き出すと、
ダイエットもアンチエイジングも
加速していきます。

このことは何度も言っていますが、

何度も学習し、理解し、そして
しっかりと実践して下さいね。

次回、さらに深くアミノ酸を使った
若返りの秘密に迫っていくので、お楽しみに~

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。