unnamed

アミノ酸とプロテインの目的を併用してバランスよく摂取する


今回のテーマは、

アミノ酸とプロテインの目的を
併用してバランスよく摂取する

について紹介します。

真の健康やアンチエイジングを実現するために

アミノ酸もプロテインを併用して
バランスよく摂取する事が重要になります。

前回紹介しましたが、

これらはそれぞれ目的が違います。

アミノ酸と言うのはある種
若返りの特効薬のようなものなので、

いそいで飛びついてしまいがちですが、

単体アミノ酸の摂取を考える前に、

まずは、プロテインスコア100の
プロテインを優先して摂取する事で、

体内のアミノ酸バランスが全体的に整えられて
全体的な健康バランスがレベルアップし、

ダイエットやアンチエイジングに成功する事ができます。

なので、最低でも1カ月は、

全てのアミノ酸がバランスよく取れる
超優良プロテインと言うのを摂取して行くことです。

それでも体調に変化が見られない場合

自分の抱える問題が改善に向かっている
…と自覚できない場合は、

プロテインに加えて、
自分の目的に合った特定のアミノ酸を
摂取して行くことを考え始めましょう。

スポンサーリンク

アミノ酸とプロテインの目的、役割の違い

全体のバランスを整える
と言う意味でもプロテインは大切ですが、

例えば、

アミノ酸、プロテインを過剰に
摂取したときに、

アミノ酸中の窒素が取り除かれて、
尿または便となり排泄されますが、

アミノ酸の摂取ではその排泄量が少なく
プロテイン摂取では多いので、

アミノ酸の方が吸収率が
良い事が分かります。

なので例えば、

アスリートが運動機能をあげる
と言う目的の場合、

運動前、途中、後に
アミノ酸を摂取すると効果的です。

BCAAなどのアミノ酸を
糖質と一緒に摂取すれば、

筋肉のたんぱく質合成を
高める事が分かっているので、

アミノ酸サプリメントと
オレンジジュースを一緒に飲んで

効果を上げる人がいます。

中には、運動前後に
プロテインを粉末で飲む人がいますが、

これは消化が必要なため、

疲れている所で、
プロテインを飲んでしまうと、

胃腸や肝臓など消化器官に
負担をかける事で、

筋肉の回復を遅らせる事があるのです。

つまりケースバイケースで
プロテインとアミノ酸サプリメントは
使い方を工夫して変えるのベストなのです。

上手く併用するべきです。

プロテインなど
全てのアミノ酸がバランスして
含まれているものと

アミノ酸単体のそのものを摂っていく
では目的がまるっきり違います。

全てが含んでいるものは、

身体全体のバランスを整え、
健康レベルを確実にサポートする為

アミノ酸そのものは、
自分の体のトラブルと直接関わる代謝プロセスに
必要な材料を送り込みトラブル解消を目指す為

その違いをはっきりさせましょう。

アミノ酸の種類別の目的や役割

まずアミノ酸の良い所は

自分の目的に必要ない
と思っていても、

だからといって副作用は無いと言う事、

悪質なアミノ酸サプリメントに
手を出さない事や、

極端にバランスを崩さない限り
健康に被害が無いのがメリットです。

また、必須アミノ酸、非必須アミノ酸と
大きく二つに分かれるアミノ酸ですが、

さらに細かく一つ一つをみると、
それぞれに違った機能があります。

この機能は、たんぱく質の合成に加え、

単体で身体に良い作用を
もたらすものもありますし、

複合的に身体に作用するものもあります。

例えば、

スポーツ後の筋肉損傷の修復
疲労回復や免疫の低下を抑えるのは

BCAAやアルギニン、グルタミンを
取るのが効果的ですし、

アルギニン単体では

アミノ酸の中で最も重要な
機能を持つと言われ、

肝機能の強化や血液循環改善作用
免疫力を高める機能もあります。

グルタミンもアルギニンと
同様に重要な機能を持ち、

胃腸の粘膜を守ったり、
消化管のエネルギー源になります。

アミノ酸サプリメントのメリットとは?

、、かといって、

それぞれの種類のアミノ酸を
単体で摂取するのは難しいかもしれません。

アメリカなどでは、主なアミノ酸は全て
1つ1つそれぞれでサプリメントになっているので、

自分の症状に合わせてオーダーメイド的な
アミノ酸療法が可能になります。

それをカプセルなどに入れて
飲む人もいるのですが、

しかし日本ではあまり出回っていないので、

輸入するか、自分の目的に近い
アミノ酸ブレンドを使うことしかできません。

日本では目的や目標となる
傾向に従って商品開発されている
ケースが多いのが実情です。

しかし、所詮既製品なので、自分の身体に
ぴったりのものと言う訳には行きません。

でもせっかくなら、最大限のアミノ酸パワーが
引き出せるよう使いたいですよね。

アミノ酸はプロテインと違い、

吸収するための
最小単位で吸収されるので、

その効果を得るまでに
とてもスピーディーで、
即効性があるのがメリットです。

例えば運動中など

まさに身体がアミノ酸を
必要としているときに飲めば、

タイムリーかつ素早く
必要としている場所に働きかけ、

その場所で必要なたんぱく質を
合成してくれるのです。

アミノ酸にはアミノ酸の
プロテインにはプロテインの

それぞれのメリットがあると言う訳です。

アミノ酸とプロテインの目的知り、
うまく併用してバランスよく摂取する

これがポイントです。

ということで、次回は
アミノ酸摂取に関する注意点をお伝えします。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。