unnamed

アミノ酸サプリメントの種類とタンパク質の意味、効果の違い


今回のテーマは、

アミノ酸サプリメントの種類と
タンパク質の意味、効果の違い

について紹介します。

前回、アミノ酸についての誤解という
点についてお話ししてきましたが、

実は、それだけではありません。

アミノ酸サプリメントというのは、
必ずしも「アミノ酸ではない」…という

とんでもない事態が、この業界で展開されています。

誤解したまま、
たんぱく質、そしてアミノ酸の
力を発揮できないのはもったいない事、

それで害が生まれるほど
問題がないのが、

処方薬など西洋医学の世界とは違い、

副作用のない栄養療法など
自然療法の世界の特徴ですが、

ダイエットやアンチエイジングにとって
しっかりと役割ごとの意味や知識を得る事は大切です。

「アミノ酸サプリメント」と「タンパク質」
の違いを理解しておく事は大切です。

それぞれ解説していきましょう。

そもそもタンパク質とは何か?

たんぱく質は生命の維持に
最も重要な栄養素です。

脳、心臓、肺、筋肉、皮膚、
髪の毛、爪、

血液中にあって酸素を
身体の隅々の細胞にまで運ぶヘモグロビン

化学反応を実行する酵素

病原菌をやっつける
免疫細胞もたんぱく質でできています。

古代ギリシャ人がたんぱく質を
「最も大切な」と言う意味の
「プロト」と呼んでいました。

これが、「プロテイン」の
語源となりました。

脂肪と違って体内に蓄えれないので、
たんぱく質はほぼ毎日、
とる必要があります。

非常に重要な意味と役割を
持つ栄養素です。

戦争や飢饉の経験、
実験室での多くの研究から、

成人であれば体重1kgあたり
毎日1gのたんぱく質を取らなければ
ならないと言われています。

例えばお米は
炭水化物の塊と思われていますが、

意外にも含まれる
総エネルギーの8%がたんぱく質です。

そしてたんぱく質はアミノ酸がつながって
できた巨大な物質で、

アミノ酸は全部で20種類があり、

食事から取る如かない必須アミノ酸、
体内で作る事のできる非必須アミノ酸

に分かれます。

これらアミノ酸を身体に供給するために

毎日良質なたんぱく質を
摂ることが美容健康にとって
まず何より先決なのです。

アミノ酸サプリメントとは何か?

食物から摂取された栄養素は

まず体内でいったんバラバラに分解され、
次に私たちの細胞に必要に応じて再合成されます。

このように体内で起こる化学反応
によって栄養素が変わる事が代謝です。

そして、各細胞や臓器が
必要とするアミノ酸はそれぞれ違います。

普通の食材は、

アミノ酸がバランスよく
配合されているたんぱく質です。

それを食べる事で、
体内で分解され必要な分だけ運びます。

ただそこで、過不足のバランスを
整えるために、

単一のアミノ酸を供給すれば、
それだけ効率よく体内が動く事ができます。

こうした思想で作られたサプリメントが
アミノ酸サプリメントです。

だから本来、「アミノ酸」という場合、

遊離アミノ酸(フリーフォーム)

の事を指すんですね。

アミノ酸の種類と組み合わせは
たくさんあるので、

アミノ酸サプリメントは
たくさんありますが、

タンパク質源やプロテインは
アミノ酸サプリメントではありません。

タンパク質はアミノ酸がネックレスのように
つながっているものですが、

これはアミノ酸ではありません。

タンパク質はあくまでタンパク質です。

消化の段階でバラバラのアミノ酸になって
初めてアミノ酸となり、体内に吸収され

さらに再結合することでまた
タンパク質と呼ばれるのです。

アミノ酸サプリメントによって効果が違う

サプリメントでも、
本来「アミノ酸」と言えば、

1つ1つバラバラに分離された
フリーフォームの事を指します。

例えば、

「リジン」とか「アルギニン」とか「グルタミン」など、

一種類のアミノ酸だったり、

バラバラになっているアミノ酸を
数種類ブレンドしたものだったりします。

そしてそれぞれが効果、効能が違います。

BCAA(分岐鎖アミノ酸)は
バリン、ロイシン、イソロイシンという
アミノ酸でできたものですが、

これは筋肉を動かすときの
エネルギー源として働く事で
成長ホルモンを出しやすくします。

他にも例えば、

メチオニンと言う必須アミノ酸は

気分を高める効果があり、
ダイエットによるストレスを
和らげる効果があります。

いずれにせよ、口に入れて飲みこみさえすれば
すぐに体内に吸収されるのが大きな特徴です。

タンパク質の消化は通常数時間かかりますが、

フリーフォームのアミノ酸なら30分程度。

しかもタンパク質のように吸収にロスはありません。

こんなフリーフォームのアミノ酸なら、摂取すると、
消化の影響を受けずストレートに吸収され

その特定のアミノ酸が要求されている
代謝プロセスに直接介入して、

色々な疾患や症状を解消させていくことが可能なのです。

つまり『効く』んですね。

食品というよりも薬剤に近いイメージです。

副作用なしで効くアミノ酸サプリメント

もちろんたんぱく質を
食事から摂取するのは大切な事です。

バランスの良い質のいいたんぱく質を
食べる事ができれば、

十分必要な量のアミノ酸を
体内に供給できる事になり、

美容、健康レベルも上がります。

だからそれでも十分なのですが、

しかし、それでもアミノ酸の力を
最大に使う事で、

その効果をさらに発揮できると言う事です。

ただ、ここで素晴らしすぎるのが、

アミノ酸の場合、薬のように症状を
抑え込むだけで麻痺させるだけでなく、

身体に取って異物ではないのです。

あくまで体内で不足する栄養素を
補うだけなんで副作用なんてありません。

副作用なしに効く…

奇跡のようなサプリメントなのですが、

ここで、

「え~、アミノ酸てすごいですね、、
早速飲み始めようと思います。」

で終わればいいのですが、、、

現代社会では、実際にはフリーフォームではない
安い大豆プロテインや、ビール酵母、、まで

様々な種類のものが
「アミノ酸サプリメント」
として売られてしまっているのです。

まずはアミノ酸サプリメントの種類や
タンパク質の意味、効果の違いなど

正しい知識を持ちましょう。

次回からそんなアミノ酸サプリメントの隠された裏側に
ついてお話ししていくので、

次回またお会いしましょう。それでは。

unnamed
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。