unnamed

プロテインを飲むタイミングは朝より夕食時に夜飲むと良い


今回のテーマは、

プロテインを飲むタイミングは
朝より夕食時に夜飲むと良い

について紹介します。

前回、美容健康の為に
超優良プロテインを勧めたのですが、

最後にプロテインの摂取タイミングは
「寝る前か夕食時」など夜飲むと良い

というのは意外だという声をいただきました。

「朝はたっぷりと、昼はそれなり、夜は少なく」

が理想の食事バランス…

という考え方は根深いものだと思っているのですが、

特に夕食を軽めにするのが
健康的と考えている人は多いと感じます。

夜は昼間ほど体を動かさないので、

エネルギーを必要とせず夕食を食べ過ぎると、
消費されずに余ったカロリーで太ったり、身体にも良くないし…

確かにそうです。

カロリーの消費量だけで言うと、
夜より昼の方が多いのは確かです。

タンパク質は夜に必要

でも、タンパク質という観点でみて、
身体のリズムを考えると、

その食べ方では代謝は逆に低下します。

例えば、人間の成長ホルモンというのは
睡眠中に分泌されます。

「寝る子は育つ」という言葉もあるように寝ている間に
このホルモンが子供を成長させるため使われます。

成長ホルモンは子供だけでなく、
大人も出るのですが、

大人の場合は、傷んだ組織を
修復させるために使われるのです。

そして、その材料として
使われるのがタンパク質です。

夕食で、しっかりとタンパク質をとらなければ
成長や修復と言った作業に支障が出ます。

一日何時にプロテインをとっても
効果は変わらないと考えている人もいますが、

内臓の機能は一日で変わるので
そのタイミングに合わせる方が、

タンパク質の効果も上がります。

理想のタンパク質の取れる夕食の極意

昔から、豪華なご馳走や宴会といえば夜です。

ある意味、理にかなった食べ方なんですね。

もちろんカロリーに気を使う必要はあるのですが、
タンパク質の質や量を落とすべきではありません。

そんなことをすると、
逆に太りやすくなり痩せにくくなります。

夕食で控えていいのは
炭水化物や糖分です。

ご飯やパン、お菓子やスイーツなどは
夜に食べない方がいいです。

そのほうがダイエットにとっても
いい習慣となります。

が、むしろタンパク質は夜
控えない方が良いのです。

そう言う意味では、
プロテイン製品も朝より夜が
理に叶っているのです。

プロテインを夜飲む際の注意点

寝る直前に食事をすることは
避けた方が良いのですが、

夕食はタンパク質源を
たっぷりとるのは多いに結構な事です。

そして、寝る1時間前ほどに
プロテインを飲むのも構いません。

その日一日の食生活に合わせて
ここで調整するのがポイントです。

今日はタンパク質少なめだったなら
大目に飲んだり、

今日は多くタンパク質を取ったと
言う日であれば、

少量、あるいはなしでも良いでしょう。

消化吸収の良いものであれば、

パウダー状のプロテインを
夜飲む事でスムーズに効率的に
身体にタンパク質を使う事が出来ます。

ただ、、

「たくさん食べて、すぐ寝ちゃう…」

これは絶対に避けるべきです。

しっかりとした夕食を夜7時くらいまでに
済ますのが理想なのですが、

食べてから寝るまでの間が短いと、
起きているときに消化活動が終わらず、

寝ている間に身体に大きな負担がかかります。

朝起きても、疲れが残っている…

そんな人はこれが原因であることが多いでしょう。

プロテインを飲むタイミングは
朝より夕食時に夜飲むと良いのですが、

そう言う意味で生活リズムが
不規則であれば、

朝型に飲むのもオッケーです。

とにかくあなたの生活リズムに
合わせて調整して欲しいのですが、

夕食はタンパク質をしっかりとる。
或はプロテインを飲む。

でも寝るまでの時間はたっぷり空ける。

これを意識して下さい。

それでは、また。

unnamed
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。