熟睡、入眠、睡眠の改善をサポートするアミノ酸サプリメント

熟睡、入眠、睡眠の改善をサポートするアミノ酸サプリメント
今回のテーマは、

熟睡、入眠、睡眠の改善を
サポートするアミノ酸サプリメント

について紹介します。

前回眠りに役立つ栄養素として
食材をオススメしましたが、

アミノ酸系のサプリメントは
睡眠の改善に非常にサポートになる
サプリメントとなります。

今回は睡眠の改善で役に立つ
アミノ酸系サプリメントを挙げておきます。

前回はサプリメントに対して
懐疑的な面を紹介しましたが、

今回はアミノ酸サプリメントの
優れた作用について紹介します。

生体を修復し、酵素(エンザイム)を作り、
免疫系を働かせ、

女性ホルモンや男性ホルモン、
抗ストレスホルモンの原料になる
のがたんぱく質ですが、

日々食べ物から取り入れた
たんぱく質を体内でアミノ酸に分解し、

そのアミノ酸を体内で再構築し、
身体の隅々まで作用します。

アミノ酸は全部で20種類ありますが、

その量やバランスいかんで
体内の機能は変わるのです。

そのために単体アミノ酸と言う
サプリメントがあります。

これは副作用もなく安心です。

なのでこれから睡眠の改善に効果のある
アミノ酸を紹介しましょう。

スポンサーリンク

睡眠の改善をサポートするアミノ酸「テアニン」

最初のアミノ酸は、
緑茶のうまみ成分であるテアニンです。

テアニンは正式名を
グルタミン酸エチルアミドと言います。

日本人にとって緑茶は美味しく、
緊張が取れてリラックスできますが、

その成分がテアニンなのです。

効果としては鎮静作用で、
睡眠の改善もこれによります。

テアニンを服用すると、
副交感神経を優位にし、

リラックスの脳波であるα波が
良く出ると言われています。

アメリカの栄養士
キム・エリクソンは

試験前にストレスを感じていた
学生に200mgのテアニンを摂取させた所、

40分以内にストレスが
和らいだと発表しています。

睡眠では、途中で目が覚めなくなったり、
熟睡感がえられてすっきり起きられるなど
効果が期待できます。

お茶一杯(200ml)あたりの
テアニンの量は、

一番多いのが抹茶の100mg
次に玉露の90mg
紅茶は10~20mgと少なめなです。

熟睡、入眠、睡眠の改善する
素晴らしい栄養素と言えます。

睡眠の改善をサポートするアミノ酸「ギャバ」

発芽玄米から抽出されるギャバも、
多くの不眠で悩む人が飲む
アミノ酸サプリメントです。

脳を鎮静する伝達物質
GABA(γーアミノ酪酸)は
今から50年前ほど前に発見されました。

小脳や脊髄に豊富に存在する
神経伝達物質としてギャバは

神経が過活動にならないように
抑える作用があります。

つまり、鎮静や抗不安、
睡眠の改善効果です。

その熟睡、入眠効果のためにギャバを
サプリメントとして飲む人が多いのですが、

確かに脳内で自然に作られている
ギャバにはそのような効果がありますが、

内服してもギャバは血管脳関門という
脳を守るメカニズムを通過する事が出来ないので
外部から摂取することの効果は懐疑的、

と言う意見もありますので、
試してみて個人個人で効果があるか
試してみると良いでしょう。

またグルタミン酸と
ビタミンB6を十分に摂取すれば、

脳内にギャバを間接的に
放出させる事もできるそうです。

グルタミン酸は
魚介類、肉類、卵、乳製品など
豊富に含まれています。

ビタミンB6は
酵母、レバー、肉類、鰹、カワハギ、
マグロなどの魚類、

大豆、小豆、空豆など豆類にも多いです。

熟睡、入眠、睡眠の改善に役立つ
食材と言えるでしょう。

睡眠の改善をサポートするアミノ酸「グリシン」

次にギャバと同様の抑制性の
神経伝達物質にグリシンがあります。

ゼラチンから分泌された物質で、
エビやホタテの甘み成分です。

これは血管脳関門を通過するので、
口から摂取しても脳まで到達します。

なのでグリシンは睡眠の効果があり、
体の熱放出を促し、

それに伴う体温の下降と共に
熟睡、入眠をもたらすとされています。

しかし、質のよろしくない
グリシンも「安眠サプリメント」と銘打って
販売している会社もありますので、

なるべく質の良い
サプリメントを選んで飲むようにしましょう。

睡眠の改善をサポートするアミノ酸「トリプトファン」

次にトリプトファンで、
牛乳から分離されたアミノ酸です。

これは大豆、ノリ、ゴマ、マグロ、
チーズ、バナナにも豊富に含まれています。

口から摂取し脳に移行すると、
セロトニンと言う物質に変化します。

食品だけでなく、アミノ酸サプリメントとして
服用するのも睡眠のサポートになるでしょう。

そしてセロトニンが

夜の快眠を促してくれるホルモン
メラトニンに変化します。

睡眠を改善する上で
メラトニンを十分に分泌させるのは
必須の事です。

そしてこのセロトニンもメラトニンも

トリプトファンと言うアミノ酸から
作られるのでかなり重要です。

セロトニンは、鎮静、抗不安、抗鬱などに
効果がある脳内ホルモンですが、

トリプトファンの代謝にはビタミンB6が
不可欠なので、

もし摂取するなら

にんにく、ピスタチオ、かつお、マグロ
などともに食べると良いでしょう。

以上の栄養素をしっかり取れるように
食生活を意識しながらも、

アミノ酸サプリメントを
試してみても良いでしょう。

熟睡、入眠、睡眠の改善をサポート
してくれるはずです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。