すい臓の負担が増えると消化酵素が無駄遣いされ老化が進む


今回のテーマは、

すい臓の負担が増えると消化酵素
が無駄遣いされ老化が進む

について紹介します。

体内ですい臓と言う器官は
非常に重要な役割を果たしますが、

そのすい臓の負担が増えると
老化が進む事になります。

逆にすい臓を大切にしてあげると
アンチエイジングも実現します。

すい臓に負担をかけるか否かは
食事の内容に大きく関わっていきます。

何をどんな順番で食べるかだけで
その負担の大きさは変わっていくのです。

すい臓と言う期間はか弱いものです。

しかし重要なホルモンを出す
きわめて大切な臓器なので、

我が子のように守ってあげなければいけません。

老化を防ぐためのすい臓の守り方
まずはしっかりと理解しましょう。

スポンサーリンク

すい臓に負担をかける食事法

食物酵素のない、加工食品や調理食品
また加熱したものばかりを食べていると、

事前消化が行われないので、

消化に関わるすべての器官が
フル活動を強いられます。

例えば、すい臓は、その能力以上の
消化液を作らなければならず、
肥大化していきます。

そして消化酵素も無駄に消費されます。

消化酵素を無駄に消費すれば
体ますます負担がかかり、

ダイエットの成功はおろか、
美しく健康的に若返るのは困難です。

さらに、この時、食べ物を良く噛まないで
食べていれば、状況は悪化します。

消化酵素というのは、
食べ物の表面にしか作用しないため、
より消化に手間がかかるようになります。

だから酵素はより分泌しなければなりません。

貴重な原材料のアミノ酸も、消化酵素作り
のために、どんどん浪費されていきます。

とにかく、私たちは、消化酵素の
無駄遣いを防がなければいけません。

消化酵素を守る方法

消化酵素をいかに節約するか?

すい臓を守るための食事ステップを
守る事が大切です。

まずは良く噛む事。

なんと言っても、咀嚼というのは消化の
重要な第一ステップです。

そして、

食事に食物酵素の多い生食の割合を増やす事。

調理加工食品は最低限にとどめるべきです。

また、単純糖質を取りすぎない

暴飲暴食や食べ過ぎたりしない事も、
酵素の節約のために守るべきなんです。

良く噛んで食べない、、歯に問題がある、
自分では噛んでいるつもりでも、咀嚼が不十分。

或いは、生モノや、発酵食品を
食べていない少ない人は、

ほぼ例外なく、すい臓が疲弊し、
体調不良を抱えているはずです。

だから今日から、食物酵素の多い食べ物、
また良質タンパク源をよく噛んで食べる。

これだけで、体調が良くなり、肌つやが良くなり、
日々のバイタリティーが見違えて良くなってきます。

すい臓を守る=アンチエイジングの成功

すい臓に気を使い、良く噛んでいく事は
ダイエットにももちろん効果的です。

タンパク質はもちろんのこと、
他の栄養素についても摂取というのは大切ですが、

それはきちんと吸収されて初めて効果があります。

吸収されなければ、体内代謝のプロセスは
うまくいかず、そんな状態では健康維持なんて絶望的です。

老化は恐ろしいスピードで
進んでしまいます。

消化酵素がお金以上に

私たちの健康美容長寿と言う
かけがえ無いものを守るとしたら…

無駄遣いや浪費がどれだけ
良くないかも理解できるはずです。

そしてまさしくその通りなのです。

命はお金で買えないと言われますが、

お金より貴重なのがアミノ酸であり、
エンザイムなのです。

逆に言えばここで、

確実に消化を助け、酵素の無駄使いを防ぐことは、

ハイクオリティの人生を歩むために
絶対に必要な事です。

今日言ったことをぜひ実践し、日々の
健康状態を上げていって下さい。

それでは、今回はこの辺で。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。