食物酵素が消化をサポートするメカニズム(バナナが熟す理由)


今回のテーマは、

食物酵素が消化をサポートする
メカニズム(バナナが熟す理由)

について紹介します。

食物酵素(エンザイム)というものが
消化をサポートしてくれえて、

健康、美容、長寿をサポートしてくれます。

この食物酵素のメカニズムは
バナナが熟す理由で解説できるのですが、

今回は詳しく解説をしていきます。

酵素と言う言葉は
日本でも聞かれるようになってきましたが、

未だビタミンの一種なのかな?・・

など誤解が多いものでもあります。

ここでしっかりと酵素の役割を
理解してダイエットに役立てていきましょう。

スポンサーリンク

バナナで分かる食物酵素のメカニズム

前回、酵素を無駄遣いすることによって、
身体は悲鳴を上げていくという話をしました。

このような状態に陥らないようどうすればいいのか、、

実は、自然というのは、
私たちが口にする食べ物に

食物酵素

というものを用意してくれています。

食べ物自身に含まれる酵素というのは、
その食べ物そのものを消化します。

例えば、青いバナナというのは
固いし、甘味もないですよね。

それをしばらくおいておくと、

そこに含まれる酵素が自分を分解し始め、
柔らかくなり、甘くなり、べたべたになり

しまいにはドロドロになってきます。

このことを通常「熟す」と形容しますが、

本当は、バナナに含まれている酵素が
自分で消化を始めたのです。

消化を助ける食物酵素の力

私たちがそんな酵素が豊富な食べ物を食べると、

胃の上部でとどまっているときに、
その食べ物の酵素によって事前消化が進みます。

濃野うような食べ物を食べている限り
身体は体内で持つ消化酵素を
目いっぱい生産する必要はないのです。

その分、身体は消化に回すアミノ酸の配分を
減らせることができ、

その他の代謝や合成など重要な仕事に
回せることができます。

さらにここで大事なことは、

野菜であれ、肉であれ、

自然のままの生の食べ物はどれも
ふんだんに酵素を含んでいるのですが、

熱を加える

事によって破壊されます。

ローフードのメリット効果は
ここにあるのです。

動物界で調理するのは人間のみ

動物界では、人間だけが自然の意に反して
食物の中に存在する酵素を調理によって
壊してわざわざ食べるんです。

これがいかに不自然な行為か、、

と気づく事がダイエットのヒントになります。

確かに、食べ物の中に、前にも言ったように
卵など、アミノ酸の吸収を阻害するものもありますが、

調理という行為は、タンパク質の変性をもたらし、
アミノ酸の吸収を困難にするだけでなく

重要な食物酵素を破壊することで、

身体がより多く消化酵素を生産しなければ
いけない状況を作り出すのです。

バナナの例で酵素の
メカニズムを紹介しましたが、

朝バナナブームなどありましたが、

生のままで便利に食べれる
バナナは小供物酵素と言う観点からみて
ダイエットにとって良い食材と言えるのです。

じゃあいかに、酵素を無駄にしないで
効率良く使用できるか?

そんな話を次回からしていきので、

今回の話も良く復習して、この酵素さんの
重要を頭に叩き込んでおいて下さい。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。