unnamed

生卵かけご飯は食べすぎ危険、生卵のアビジンなどデメリット


今回のテーマは、

生卵かけご飯は食べすぎ危険、
生卵のアビジンなどデメリット

について紹介します。

前回紹介した、
理想のタンパク源である卵ですが、
生卵は食べすぎるのは危険なのです。

日本人の朝の定番といえば、

生タマゴかけご飯…

或いは、納豆に生卵をかけて
ご飯とみそ汁など…

「私は朝食は和食でヘルシーに、
ダイエットにも効果ありそう。。」

と考えている人も多いかもしれません。

でも、ちょっとだけ待って下さい!

前回もお伝えした通り、

プロテインスコアが100である卵は
100点満点の素晴らしいタンパク質源です。

でも、生卵はNGです、、

健康、ダイエット、若返りにとって
生卵を食す事は危険があります。

卵黄は生で食べるのも良いのですが、
卵白は加熱が必要です。

スポンサーリンク

生卵で精がつく?

「生卵は精が付く」

などと長い間信じ込まれてきましたが、

映画のロッキーでも、

スタローンが生卵を大きなグラスに入れ
グビグビと飲んでいるシーンがありましたが、

この映画の影響からでしょうか、

ボディービルダーやスポーツ選手の中にも
筋肉作りのために生卵を飲む人もいるそうです。

中には何個も生卵を
ミキサーにかけ飲み干す人もいます。

そして、それを真似して
生卵は良いと思っている人がいますが、

でも、これは少し危険です。

生卵のアビジンなどデメリットのある
成分が含まれているのです。

ローフード信奉者は
何でもかんでも生が良いと思い込み、

生卵を食べる方が言いと
考えている人もいますが、

卵に関しては生で食べると
逆にエンザイム阻害物質が働き、

酵素を阻害してしまいます。

確かに卵は良質の
プロテインとなりますが、

それはあくまで加熱した卵です。

生卵をタンパク源にしてはいけません。

詳しく解説します。

生卵に含まれる「アビジン」のデメリット

生卵には

アビジン

という物質が含まれていて

これが

ビオチン

というビタミンの吸収を阻害します。

ビオチンは、脂質、タンパク質、炭水化物の代謝
細胞の成長、ビタミンBの有効活用などをする
大切な栄養素です。

これが欠乏すると、口やまぶたに炎症を起こしたり
ニキビが出来たり、貧血、うつ、抜け毛、
不眠症、筋肉痛、吐き気などを催すと言われています。

この影響で生卵を10個ほど飲むと、
顔が青ざめ吐き気を催す事があるそうです。

これは腸内にあるビオチンが根こそぎアビジン
に捕まり、排泄されるからなんですね。

一個や2個生卵を食べて問題が
起きる事はあまりないでしょうが、

それでも、あえて食べる必要もありません。

生卵かけご飯も食べすぎは危険です。

毎日の習慣にしてしまうと
徐々に体内バランスを崩す恐れもあります。

食べるならば、先ほど
紹介したように

「卵白」を抜いて「卵黄」だけで
食べるようにしてください。

生卵で抜け毛が増える

私自身も卵かけご飯が好きで
若い頃毎朝食べていた時期がありますが、

その頃の一番の悩みは抜け毛が増える事。。

なぜか理由が全く分かっていなかったのですが、
師匠に生卵を食べることをやめるようアドバイスされ、
ストップしてから、髪の毛のコツや強さも回復しました。

健康や美容のためにできるだけ
生卵を避ける事の大切さを実感したのですが、

手軽に食べれて美味しい
卵かけご飯が大好きな人もいると思います。

味が好きで辞めれない…という
思いがある人もいるでしょうが、

生卵のアビジンなどデメリットが多く、
有用な成分はありません。

でも卵に関しては、加熱したものを
食べることをおススメします。

半熟でも少し加熱するだけでも
構成成分は変わるので

火を通す事が大切です。

卵に火を通すとどうなるか

生卵はそもそも
菌などのリスクがあり、

外国では食べる習慣はほとんどありません。

それを食べられる日本の
卵の品質はそれほど素晴らしいとも言えますし。

卵というのは素晴らしいタンパク質源ですが
それは生卵ではないのです。

さらに、卵白には、

オボムコイド

と呼ばれる糖たんぱくがあるのですが、

これは、タンパク質消化酵素である
トリプトシンの作用を阻害します。

なので、せっかく卵を食べても、
タンパク質の消化が妨げられ
体内に吸収されませんので、

食べる意味がなくなってしまいます。

でも、卵白に熱を加えると、タンパク質の
分子構造の立体構造が変わり、

白く不透明になります。

このような状態になると
アビジンとビオチンは結合できなくなり

オボムコイドも加熱して変性し、
その働きを無くします。

だから、卵は加熱して食べる事が原則です。

加熱した卵が優秀な
タンパク質源となるのです。

味が好きで卵かけご飯を毎朝食べる…
という日本人も多いとは思うのですが、

健康面から見ると決して良い選択ではありません。

それでは次回は、なぜ、
加熱でタンパク質の変性が起こるのか。。

その謎に迫ります。

お楽しみに。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。