睡眠不足、不眠症を改善する食材栄養素、サプリメントの選び方

睡眠不足、不眠症を改善する食材栄養素、サプリメントの選び方
今回のテーマは、

睡眠不足、不眠症を改善する
食材栄養素、サプリメントの選び方

について紹介します。

睡眠の質を高める為にも、

当然日々の食生活は大切です。

バランスの良い質と量にこだわる
栄養摂取をする事は、

健康、美容、長寿だけでなく、

睡眠不足、不眠症を改善する
為にも重要な事です。

睡眠の質を高めるダイエットの詳細は
以前の記事を参考にして欲しいのですが、

ここでは具体的にどんな食材
栄養素、サプリメントの選び方をすれば、

睡眠不足、不眠症の改善に
役に立つのか、

具体的に紹介します。

ぜひ毎日の食卓に加えて欲しいと思います。

スポンサーリンク

睡眠不足、不眠症を改善する食材栄養素

まずはレタスに多く含まれる成分

「ラクチュコピクリン」

という栄養素は、自律神経の
バランスを整え、鎮静作用があり、

睡眠不足、不眠症を改善するのに
役に立ちます。

芯、葉を切った所から出る
苦味のある白い液体に、

この成分は含まれます。

他にもラクチュコピクリンが
含まれる食材としては、

サニーレタス、サンチュ、サラダ菜、
プリーツレタス、グリーンカール、
グリーンリーフ、コステラス、ステムレタス

などに含まれますが、

最も多く含まれる食材は
韓国料理によく使われる
サンチュです。

またカルシウムが豊富な野菜には、

精神安定作用があり、これも
睡眠不足、不眠症を改善する
のに役立ちます。

例えば、

青じそや赤じそ、

青じその方が栄養価は高いですが、

赤じその薬効成分が豊富で
胃腸や肺の機能を向上してくれます。

身体を温める効果もあるので
冷え性の人にも効果があるでしょう。

またシソの独特な香りにも
入眠作用があります。

睡眠不足、不眠症を改善する食材の選び方

また、

ネギ、玉ねぎ、ニラ、ニンニク、
らっきょう、アサツキ、ワケギ

などのネギ類には、

特有の匂いと辛味がありますが、

これが涙の原因にもなる
「硫化アリル」によるものです。

この栄養素は神経を鎮める作用や
疲労回復効果があり、

睡眠不足、不眠症の改善にも
役に立つものです。

最も効率的に摂取するには
生のまま食べるのがベストです。

中国の漢方医学では良く

ノイローゼの特効薬として
用いられる食材がユリネです。

不眠、寝不足のストレスだけでなく、

ストレスから来る精神不安、
女性の更年期障害にも
効果があると言われています。

快眠熟睡の為に不可欠な栄養素

ビタミンB群やカリウムも
豊富な食材なのでお勧めです。

また芳香精油の

「クリプトテーネン」
「ミツバエン」

が多く含まれるミツバもまた

鎮静効果があり、
ストレスと不眠の改善に役立ちます。

根ミツバ、切りミツバ、糸ミツバ
などありますが、

いずれもおひたしや和え物にすると、

不眠、睡眠不足の解消に
効果があります。

火を通し過ぎると
風味と薬効が落ちるので
注意が必要です。

セロリとパセリにも、

精神安定の他、疲労回復、
食欲増進などの効果があり、

セロリの「アピイン」
パセリの「アピオール」

という成分が睡眠に役立ちます。

セロリは白い色の方より
緑の葉の方に多く含まれるので、

葉付きのまま食べると良いでしょう。

睡眠不足、不眠症を改善するサプリメント

これらの野菜をバランスよく
取り入れる事は大切ですが、

どうしても不規則な場合
サプリメントに頼りたくなる事も
あるでしょう。

世の中には、睡眠をもたらす
サプリメントが出回っています。

もちろん良質なサプリメントは
副作用などなく安心ですが、

これらは薬ではないので、
多規模な効果の検証が
なされている訳ではありません。

商品によっては、基本的には、
営利を目的とした商品と捉えるべきで、

誇大な広告や、出所の分からない
評判に左右されないようにしなければ
いけません。

多くの人が睡眠改善のために
サプリメントを飲んでいますが、

残念ながら、万人に効果的で
口を揃えて「これは最高」と呼べるような
サプリメントは存在しません。

効果にはかなり個人差があります。

もちろんサプリメントは選び方次第で
使う事は良いのですが、

個人差があるという事をよく踏まえ、
自分にあったものを慎重に選ぶことが大切です。

そうすれば、副作用もなく
睡眠不足、不眠症を改善する
睡眠の改善に一役買ってくれるでしょう。

メラトニンサプリメントの選び方

ここで多くの人が睡眠の改善で
比較的良く使うサプリメントを挙げておきます。

まずはメラトニンサプリメントです。

メラトニンは薬事法の関係で、
日本ではサプリメントとして認められておらず、
買う事が出来ないのですが、

個人輸入で海外から簡単に
入手することはできます。

メラトニンは松果体から分泌され、
睡眠のサイクルを調整する作用があるので、

ベッドに入る30分ほど前に服用すると、
時差ボケや軽い睡眠不足であれば

良い睡眠が得られる可能性があります。

ただし、睡眠薬よりはマシですが、
常用するのはリスクも増えます。

自然な分泌の為には
外部服用に頼るべきではないからです。

睡眠のリズムが狂ったときなどに
試してみると良いでしょう。

直接メラトニンを服用する事は、
メリットだけでなく、

デメリットもある事を選び方の
参考にしておいてください。

また妊婦や乳幼児については
どのような影響が出るか分からないので
使用は控えた方が良いでしょう。

次回はさらに睡眠の役立つサプリメント、

直接睡眠に影響するのでなく
間接的にサポートする栄養素について
紹介して行きます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。