適切な新陳代謝とアンチエイジングに必須なタンパク質の必要量


今回のテーマは、

適切な新陳代謝とアンチエイジング
に必須なタンパク質の必要量

について紹介します。

細胞の生まれ変わり、

不要なタンパク質を捨てて
必要なタンパク質を取り入れるのが、

私たちの生命のタンパク質利用の
メカニズムとも言えます。

これを新陳代謝と呼びますが、

このサイクルがうまく行くほど
美容、健康、長寿は実現するという事、

では、適切な新陳代謝に必須なタンパク質の
必要量はどれくらいなのでしょうか?

この概念を知っておくと、
効率的にアンチエイジングを
達成する事が出来ます。

例えばあなたが
家を建てたとします。

この家を出来るだけ長くキレイなまま保ち
快適に住み続けるためにはどうすれば良いでしょうか?

普通に暮らしているだけでも
家具や壁など汚れていったり
古くなってもろくなったりします。

だからこそ適切なタイミングで
適切な素材を使って

古くなったものを新しく変えてあげる
定期的にレノベーションや修理をする

するといつまでも長く
キレイなまま住み続ける事が出来ますね。

スポンサーリンク

新陳代謝とたんぱく質

人間の身体も同じです。

身体=家…だとすれば、

適切な材料=たんぱく質

レノベーション=新陳代謝

といえます。

いつまでも若い身体を保つ
アンチエイジングのためにも

新陳代謝がいかに重要かは理解できるでしょう。

これまで、説明してきたとおり、

体内タンパクの分解によって生じたアミノ酸は、

70%はリサイクルに回されて、
残りは捨てられます。

日々、新陳代謝が激しい細胞などは
数グラムから数十グラムのタンパク質が分解され、

体全体では数百グラム単位になりますが、
それらはリサイクルに回されず、

捨てられていく30%程は、
食事からの補給が必須となります。

適切な新陳代謝に必要なたんぱく質の量

つまり一日に必要なタンパク質の量は、

そんな風に必ず捨てられてしまうタンパク質の量や、
個人差などのに対する安全面を見込んで

良質たんぱく質は、

自分の体重1kgあたり1グラム確保

する必要があると計算されています。

体重70kgなら70グラムという事です。

最低でも、これくらいのタンパク質を毎日食べなければ、

筋肉も、腎臓も肝臓も、脳も
設計図通りに動いてはくれません。

ただ、これまで話してきたとおり、

タンパク質の必要量は日々変化します。

怪我をした際、運動時などはより多く必要ですが、

ストレスがかかると、抗ストレスホルモンが
でてきて、タンパク質の分解を促進するので、
さらにタンパク質の必要量は増えます。

このようなときには、普通より多くの
良質たんぱく質をとらないと、
アミノ酸を補えなくなり、

そのツケとして、全身的にダメージとして繋がります。

これでは適切なアンチエイジングはできません。

たんぱく質の重要性を脳に刻もう

道具でも毎日手入れして
丁寧に扱っていれば、

長く使い続ける事はできます。

逆に乱暴にメンテナンス無く
使っていればすぐに壊れます。

人体と道具は違いますが、

こうした考え方は似ています。

身体も丁寧に扱えば
いつまでもハイクオリティで
丈夫なまま保持されるのです。

そしてその土台となるのが、

タンパク質の新陳代謝です。

これまで、少し専門的な話も混ぜながら
アミノ酸、タンパク質の重要性を説いてきました。

そして、良質なたんぱく質をとる事が

あなたがこれから素晴らしい肉体を
構築するために絶対に必要な事なんです。

若返り、真のアンチエイジングに必須なのです。

できれば、何回も復習して、
タンパク質の重要性を脳ミソに刻み込んでおいて下さい。

そして、次回からいよいよ、

どんなふうに、
いったいどうやって

良質なたんぱく質を体内に供給していくか?

そんな話をしていくので、
楽しみにしておいて下さい。

それではまた!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。