unnamed

遊離アミノ酸、フリーフォームのアミノ酸効果でスリムに若返る


今回のテーマは、

遊離アミノ酸、フリーフォーム
のアミノ酸効果でスリムに若返る

について紹介します。

前回まで少し理論編に
偏りすぎたので、

ここで骨休めの意味も含め、

少しテクニックも
紹介しておきたいと思います。

これから真にアンチエイジングを
達成していく際に覚えておいてほしいのが、

遊離アミノ酸(フリーフォームのアミノ酸)

と言うものです。

この特殊なアミノ酸の力を
使う事でスリムに若返る事が出来るのです。

こういった単体アミノ酸を
使うテクニックは、

自然な形でアンチエイジングを
計る上でのある種の奥義と言えます。

一般的な消費者が、
アミノ酸と聞くとコンビニに売られる

アミノ酸飲料のようなものを
思い浮かべるようですが、

栄養に詳しい人の頭の中に
浮かぶのは、

フリーフォームのアミノ酸です。

アミノ酸はあくまで
たんぱく質が分解されたものであり、

副作用などリスクは少ないですが、

無知のまま実行すると
効果が出ないだけでなく危険な事もあります。

もちろん、製薬や注射ほど
危険なものではないですが、

アンチエイジングを適切に
サポートするためのアミノ酸の摂取のコツとして

まずはしっかりとした
知識や知恵を得る事が重要となります。

老化と若返りの理論をしっかりと
踏まえた上で、

テクニックを使わなければ
間違った方法をやりかねません。

たんぱく質がアミノ酸に分解される

生命が維持されていくために、
あまりにも重要な働きをするタンパク質、

そのための材料が不足したことで、

いきなり死亡…

なんて事になったら大変です。

そのために、体内にはこのアミノ酸の在庫管理や
調整をやってくれるシステムが完備されています。

そして私たちの体内の各組織には
タンパク質だけでなく、

それが分解してできたアミノ酸や
新しいタンパク質を作る為のアミノ酸が
用意されています。

これらは、他の分子と結合せず、
バラバラに存在しているのですが、

こういったアミノ酸の事を

・遊離アミノ酸(ゆうりあみのさん)
・フリーフォームのアミノ酸

と呼ばれます。

アミノ酸の効果はスリムに若返る
だけでなく、

多岐にわたります。

具体的には今後の記事を
ぜひ参考にして欲しいのですが、

まずは単体アミノ酸の効果の
メカニズムを理解しましょう。

遊離アミノ酸(フリーフォームのアミノ酸)の役割

遊離アミノ酸は肝臓や筋肉の組織だけに限らず、
血液中にもたくさん存在して、体内を循環してます。

どこかの組織で今手持ちのアミノ酸が不足すると、

血液中のアミノ酸を取り込んで
タンパク質作りの材料にするんですね。

逆に、組織内で遊離アミノ酸が
過剰になると血液中に放り出します。

だから、血液と組織がいつでも材料として使えるよう
アミノ酸をプールしているような機能です。

とても便利で重要な役割です。

どのようなときも、
瞬時に必要タンパク質を合成できるよう、

遊離アミノ酸の編成というのは
絶妙にコントロールされています。

必要となるアミノ酸が足りなくなったら、
余っているアミノ酸を使って不足しているものを
作る事が頻繁に行われているのですね。

この遊離アミノは
タンパク質合成のバランスを過不足なくコントロール
してくれている機能があるのですが、

実は、これができるのも、
余っている材料があればこそです。

エネルギー源である、ブドウ糖や脂質
というのはアミノ酸を材料にして作れますが、

逆に、ブドウ糖や脂質からアミノ酸を
作り出すことは不可能です。

つまり、アミノ酸は
他のアミノ酸からしか作れないという事です。

そしてそれは、食事から摂取する
アミノ酸をあてにしないといけません。

必須アミノ酸と非必須アミノ酸

タンパク質を作ってくれる20種類のアミノ酸

そのうち9種類のアミノ酸は体内では作れません。

だから食事からしっかりと摂取して
絶対に不足させてはいけません。

こういうアミノ酸の事を

「必須アミノ酸」と言います。

そして、それ以外の体内で作られるものを

「非必須アミノ酸」と言います。

・・・

で、このアミノ酸バランスを
考えて摂取しないといけないのですが、

普通は、このバランスを考えるときに、
必須アミノ酸だけに目を向けがちです。

ネーミングも悪いと思うのですが、

「必須」は必要で「非必須」は不要…

と考えてしまいがちで、

で、非必須アミノ酸の11種類は、
食事から摂る事を気にする必要はない。

と考えている人もいるのですが、

そうではありません!

体内で作られるアミノ酸も、場合によっては
外から摂らなければ不足するケースもありますし、

外から摂ることで体の負担を軽くする事もできます。

非必須というものの、あらゆる場面で必須なんです。

外から補えるものは、極力外から補っておくことで
体内合成の負担を軽くできたり、
代謝プロセスも効率良くなります。

20種類すべてのアミノ酸が必須である

必須、非必須合わせて20種類の
全てのアミノ酸を食事から確保することこそが、

スリムに若返るだけでなく、
最高の健康を保つための大きな意義を持つのです。

いずれにせよ、常にアミノ酸プールが必要なだけ満たされ、
体の需要に合わせて都合よくタンパク質合成をする

そのために、私たちは日々の食事で

卵、肉、魚、豆類など

タンパク質源の食品をまんべんなく食べ、
バランスの良いアミノ酸を体内に送り込んで
あげる事が重要です。

そしてその上で、
もし足りないアミノ酸があれば、

遊離アミノ酸(フリーフォームのアミノ酸)を使う事で
補う事が出来るのです。

例えば、

アルギニンと言うアミノ酸が
成長ホルモンを分泌する効果があったり、

ロイシンと言うアミノ酸が
肝機能を高める効果があったり、、

と、それぞれの個別であったり
組み合わせで身体への効果が違うのです。

これはある意味、上級のテクニックとも言えますが、
そういった具体的な方法も、

今後このテーマでは伝えていきます。

まずはたんぱく質の適切な摂取が
スリムに若返るための第一歩です。

もしかしたら今までこのタンパク質というものを
軽視していたかもしれませんが、

非常に重要という事をこれからは
脳内に刻みつけておいてください。

そうすることえで、これからあなたは

スリムでキレイで若くて健康な状態が
保たれるようになります。

しっかりこれからも一緒に学んでいき
身体を改造していきましょう!!

unnamed
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。