unnamed

タンパク質は20種類のアミノ酸の組み合わせがダイエットの基礎


今回のテーマは、

タンパク質は20種類のアミノ酸の
組み合わせがダイエットの基礎

について紹介します。

私たち人類は実は
シンプルな仕組みで動いています。

私たちの身体を構成する
タンパク質は20種類のアミノ酸
から出来ています。

たった20種類…で私たちは
成り立っているのです。

タンパク質は、
アミノ酸が100から数千も
つながってできた巨大な物質と言えます。

アミノ酸は全部で20種類ありますが、
これらが組み合わさる事で

ほぼ無数のバリエーションとなります。

そして人体には約10万種類の
タンパク質が存在すると言われています。

20種類のアミノ酸のうち、

アラニン、
アルギニン、
アスパラギン、
アスパラギン酸、
システイン、
グルタミン酸、
グルタミン、
グリシン、
セリン、
チロシン、
プロリン、

の11種類は
体内の酵素によって別のアミノ酸を
モデルチェンジして作られます。

そのため「非必須アミノ酸」
と呼ばれています。

残りのアミノ酸は別の
アミノ酸から作る事ができず、

食事からとるしかないので
「必須アミノ酸」と呼ばれます。

必須アミノ酸は

トリプトファン、
リジン、
スレオニン、
バリン、
イソロイシン、
ロイシン、
メチオニン、
フェニルアラニン、
ヒスチジン

の9種類です。

スポンサーリンク

アミノ酸のリサイクル=生命

このたった20種類のアミノ酸の
ダイナミックな動きがつまり、

私たちの命でもあるのです。

生命の神秘である、アミノ酸と
タンパク質の謎について

しっかりと学んでいきましょう。

ダイエットにもアンチエイジング
にもここは重要なポイントです。

20世紀にはいるまで、

一度体内で合成されたたんぱく質が
食物のたんぱく質と交換される

と言うことは考えられませんでした。

現代は、単純に
何かものを食べたときに、

その中のたんぱく質が
消化されてアミノ酸になって、

それが、血液に吸収されて
各細胞に運ばれて、

体を作るたんぱく質として
再構成されて使われる。

と言うことが科学的にも一般化されています。

つまりタンパク質のリサイクル
がすなわち生命と言えるのです。

20種類のアミノ酸の組み合わせでタンパク質はできる

そして、そんな体を
構成するたんぱく質なのですが、

前回も言ったように、多種多様です。

でも、その元をたどってしまえば、
わずか20種類のアミノ酸という玉が
結合している鎖のような分子のことです。

元をたどればたったの20種類。

私たちが毎日食べるものから
摂取されたたんぱく質は、

いったんバラバラの玉(アミノ酸)になって

体に入ってから、
その玉の組み合わせや順番、長さによって

違うネックレスのようなものに作り変えられて
それぞれの目的に応じて使われるのです。

アミノ酸そのものは300種類くらい
見つかっているようなのですが、

一般的には27種類のアミノ酸が知られていて、
そのうち20種類だけがたんぱく質を構成します。

そのほかのものは、
代謝の過程で使われます。

そんな特定の順番でアミノ酸がつながりあって、
50個以上つながるとたんぱく質になります。

GOD(神)とDOG(犬)は大違い?

たとえば「インシュリン」という言葉を
聞いたことがあると思うのですが、

血糖値を司る
重要なホルモンです。

しかしこれもたんぱく質の中で
最も小さいもののひとつであり、

全部で51種類のアミノ酸で
つながってできています。

このように、アミノ酸の順序や長さによって、
タンパク種類の種類や役割が決定付けられます。

でも、元はたった20種類とはいえ、

たんぱく質の場合は
何百何千ものアミノ酸が連なるので、

その組み合わせの可能性は
天文学的な数になるんですね。

とはいえ、体内で使われるたんぱく質としての
組み合わせは、5万~10万程度ではないかと言われています。

しかしその組み合わせによって
役割が大きく変わるのです

たとえば、アルファベットなんかでも
DOGとGODなら順番が違うだけで
まったく意味が違う犬と神という意味になります。

同じように、アミノ酸も並び方の順序や長さに
よって役割が厳密に決まってきます。

ダイエットにとってもこの
仕組みは重要です。

同じアミノ酸でも順序が違えば…

だからもし、

あるたんぱく質を作っていく過程で
ひとつでもアミノ酸の順序が間違ってしまえば、

本来作るべきたんぱく質とまったく違う
たんぱく質が作られることになります。

だから本来の機能を果たせずそのまま
捨てられてしまうんですね。

逆に、場合によってはまったく別の
迷惑なたんぱく質になってしまうこともあります。

たとえば、そんなたんぱく質が腫瘍を作り
これが悪性であれば癌という事です。

ほんの少しのアミノ酸の配置ミスで
がんにもなりえると言うことです。

この辺りの極意が健康のカギを握り、

真のダイエット、そしてアンチエイジングの
カギを握るのです。

たった20種類のアミノ酸ですが、
それは奥深い世界なのです。

最適なアミノ酸の組み合わせ
たんぱく質の作り替えが、

人体のクオリティを左右します。

なので、今までアミノ酸やたんぱく質について
深く考えず、無視してきた人は

これを機にアミノ酸の大事さ体に対する
重大な役割を理解してほしいと思います。

基本は食事からとるたんぱく質ですが、
他にも様々な要因があります。

では、次回もさらに突っ込んだ内容を
話していくの楽しみにしていてください。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。