unnamed

たんぱく質の働き、役割、仕組みを知り痩せるアンチエイジング


今回のテーマは、

たんぱく質の働き、役割、仕組み
を知り痩せるアンチエイジング

について紹介します。

さてこのサイトでは現在、

美容健康長寿に関わる
ダイエット、アンチエイジングという
テーマに関して、

タンパク質、アミノ酸というものに
特化して追求をしています。

たんぱく質の役割を知ることで
健康に痩せる事が出来ますし、

アンチエイジングの実現にも役立ちます。

タンパク質と言う言葉は、
誰でも知っている言葉だと思いますが、

その働き、役割や仕組みまで
詳しく知っている人は少ないのが現状です。

学生時代から勉強が苦手だった人も、

このタンパク質の役割を知り
しっかり勉強する事をお勧めします。

これを知る事で、
若返りが実現できるので、

他の役に立たない知識を
学ぶよりも遥かに有益だと思います。

タンパク質=肉?

たんぱく質という言葉を聴いて

あなたは何を連想しますか?

・・・

私は、よくコンサルをする際など、
この質問をするのですが、

だいたい女性で、少し年配の方は

「納豆」とか「卵」とか、「魚」
などの食材が答えとして出るのですが、

スポーツをしている男性や女性になると

ほとんどの人が「肉」と答えます。

次に、

「食材ではなく、体の
たんぱく質といったら?」

と聞きなおすと

女性は、皮膚、髪、爪、、、と答えるのですが、

男性なら大体、筋肉、、と答えます。

こうした答えは、
たんぱく質の働き、役割、仕組みとして
ちょっと不十分なイメージです。

タンパク質=プロテイン

いろいろ環境や性別が違うと、それぞれに
もちイメージが違うんだな・・・と思い
とても興味深いのですが、

たんぱく質とは、

英語でプロテイン(Protein)と言って、

この言葉の語源は、ギリシャ語で

『第一義的に重要な』

と言う意味を持っています。

日本人はプロテインと聞くと
ボディビルダーやアスリートが飲む粉

…を連想してしまう人が多いのですが、

実際はタンパク質の事で、

彼らが飲むプロテインは
タンパク質を吸収しやすいように
粉状にしたものと言う事です。

そして、そのギリシャ語の意味が示すように、
人間と言うのは、このたんぱく質の
塊であり、

このたんぱく質が生命現象のすべてを
握っているとさえいわれています。

たんぱく質の働き=生命の全て

と言ったらあなたはどう感じますか?

タンパク質は身体を構成する役割がある

痩せるためアンチエイジングのため
には留まらず、

幅広い働きをするのが
タンパク質の役割なのですが、

そして、私たちの体の主たる構成材料は、
水、たんぱく質、そして資質でできており、

全体的に見て、水が一番多いです。

大体成人では60%ほどを水が占めているといいます。

次に多いのが、たんぱく質で、大体
20%ほどを占めています。

そして、体の固形部分だけ見ると、
なんと75%がたんぱく質です。

われわれの体の細胞の主な構成成分で

筋肉はもちろんのこと、内臓も、皮膚も
髪や骨、歯、さらに目玉すら、

その重要な成分はたんぱく質なんですね。

つまりタンパク質の最も重要な役割は
身体を構成すると言う根幹部分です。

たんぱく質の役割=コラーゲンを司る

で、たんぱく質は、大きく次のように
分けられます。

●コラーゲン

女性に人気のコラーゲンは聴いたことあると思うのですが、

あらゆるたんぱく質が私たちの生命を支えており、
なかでもたんぱく質で一番多いのがコラーゲンです。

動物に特有のたんぱく質で、全たんぱく質の
3分の1を占めています。

このコラーゲンさんがないと、
私たちの体はクラゲのようになります。

コラーゲンの働き、役割、
仕組みは綺麗に痩せるアンチエイジングに
とって重要です。

コラーゲンが体の形を支え、外力に対して
抵抗してくれているおかげで、

私たちは重力に逆らって、
直立することができるのです。

肌のハリ、血管の強さ、骨の強度、、

すべてコラーゲンのおかげです。

たんぱく質の役割=酵素(エンザイム)を司る

●酵素(こうそ)タンパク

体を作るうえで重要なのがコラーゲンですが、

生命現象を担うのがこの「酵素(こうそ)」です。

日々に作り出されるたんぱく質ので圧倒的に多い
酵素というたんぱく質は、

体内のすべての代謝活動にかかわっています。

現代にわかっているだけで、
3000種類以上の酵素が体内に存在している
ことがわかっているのですが、

これら酵素さんが作れなかったら、
私たちは生きていけません。

私たちが食事をするのは、
生きるために必要な栄養を体内に運ぶためですが、

そうやって取りこむためには、食べたものが
きちんと消化酵素によって分解されなければいけません。

あらゆる栄養素は体内にそのまま取り込まれるわけではなく、
酵素がきちんと食品を分解してくれるんです。

一連の消化活動には20種類以上の消化酵素が登場する
のですが、この酵素はすべてたんぱく質です。

もし、この消化酵素が不足したら、
各細胞で、必要な栄養が取れなくなり、

生産力がダウンします。

結果、

筋肉は動かないし、脳も正常には働かず、
解毒作用もうまくいかないので毒が溜まり、

ホルモンは作れず、神経物質も作られない…

最悪の状態です。。。

これでは、ものを考えることも、見ることも
できないし、

酵素がなければ人を愛することもできません。

その前に心臓が止まってしまうのですが…

だから人間も動物も、生き物と言うのは、
この酵素さんがなければ一瞬たりとも
生きてすらいけません。

健康美容長寿の為に関わる
酵素の働き、役割、仕組みは重要です。

そして、酵素はたんぱく質であり、

これがたんぱく質が重要であることを
揺ぎ無いものにしてくれます。

たんぱく質の役割=免疫を司る

●免疫タンパク、運搬タンパク、タンパクホルモン

体内で重要な働きをしているのは
酵素だけではありません。

免疫タンパク(抗体)と言うものは、
われわれの体を最近やウィルスから
守ってくれます。

なので、このたんぱく質が作れなかったら、
我々は簡単に病気になってしまいます。

次に、コレステロールを運んでくれる
運搬タンパク

このたんぱく質に問題が出ると、
アテロームと呼ばれる

細胞の死骸などが固まってできる蓄積物が
あるのですが、

これらが原因で心臓病や動脈硬化が起こります。

そんなものが発生してしまいます。

さらに、タンパクホルモン(インシュリン)が
不足すると血糖値がコントロールできなくなり、

糖尿病の原因となります。

ほかにも、いろいろな種類のたんぱく質が
それぞれ独自の機能を持って、

すべての細胞の中で目的に合うように
作られたり、壊されたりしながら、

私たちの生命は保たれているのです。

・・・

タンパク質の役割を考えて健康になろう

これらたんぱく質は生命活動の
すべてに関わっています。

これらを作る過程において、
何かしらの問題が発生すれば、
体はどうなるのでしょうか。

そうした自体こそ、

体調を悪くしたり、
老化現象を起こしたり、
あらゆる疾病を起こしたり

につながるのです。

そう。

まずは、あなたの体に現れるいかなる現象も、
すべては、体内たんぱく質に関わるんだ。。。

このことをまずは認識することが大事です。

そしてこのタンパク質の役割を
しっかりサポートできれば
健康になる事が出来るのです。

あなたの体の管理はまずはそこから始めないと
いけないのです。

痩せるアンチエイジングのため
こうした知識を知っておくのはお得です。

今回は長くなってしまいましたが、
非常に大事なので何度も読み返して
しっかりと理解しておいて下さい。

では、また!!

unnamed
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。