健康、美容、寿命の統計データを見ると菜食主義者が最も短命?


今回のテーマは、

健康、美容、寿命の統計データ
を見ると菜食主義者が最も短命?

について紹介します。

東京老人総合研究所という機関の統計で
とても面白い統計データがあるのですが、

「動物性食品を全くとらない
菜食主義者が最も短命である」

という統計データがあるようです、

ベジタリアンや極端な食生活は
健康やダイエットにとって不利と言う
情報をこれまでこのサイトでは伝えてきましたが、

この統計データはこの考えを
裏付けてくれる興味深いものとなります。

健康、美容、寿命に関する
統計データなどを見ていると

色々な事が学べます。

マクロビオティックや
ベーガン食など

健康のための菜食主義
ベジタリアン健康法が
提唱される事もありますが、

動物性食品を避けると、
タンパク質や脂肪分の低下と言う
問題が引き起こります。

何となく、ベジタリアンダイエットは
健康で美容に素晴らしいと考えている人も
いるかもしれませんが、

実はそうでもないのです。

今回はそんな統計データをふまえ
詳しく解説していきましょう。

スポンサーリンク

菜食主義者が最も短命と言うデータ

詳しくは、次の4つのグループに分けて
追跡調査したデータがあるのですが、

1.納豆、豆腐は食べるが、
肉、魚、乳製品は摂らない

2.菜食中心だが、卵や乳製品は食べる

3.肉や魚を週に1~2回は食べる

4.肉や魚を週に3~4回は食べる

というグループに分けて追跡調査した結果

1.は70歳前後で亡くなっており
ほとんどの死因は脳卒中か肺炎です。

で、早死にする順番に2.3.と続き
4.が最も長生きだったそうです。

つまり、1の動物性食品を食べない
菜食主義者が一番短命と言う
統計データがあります。

「健康で長生きしている人ほど、
粗食で伝統的な日本食を食べている」

というイメージは強いと思うのですが、
そんな事はありません。

あらゆる調査研究で、
動物性たんぱく質と油脂類の摂取が
寿命の延長に貢献している事が分かっています。

健康、美容、寿命を実現する、

つまりアンチエイジングを実現するために
動物性食品も大切なのです。

アンチエイジングの適切な食生活とは?

お年寄りでも、健康を維持している人は
しっかりと動物性食品を食べています。

先ほど紹介した機関では、

病気を予防し、寿命を延ばす事を
視点とした調査だけでなく、

高齢者の生活の質(クオリティオブライフ)
まで踏み込んだ調査もおこなっていて、

中には、どのような食生活パターンが
生活機能の自立性の維持増進に寄与するか
という目的で行ってるものもあります。

そのデータ分析によると、

1.緑黄色野菜、大豆、海藻を良く食べる習慣
2.動物性食品、油脂類を良く食べる習慣
3.ごはん、漬物、味噌汁を良く食べる習慣

という3つのパターンのうち、

2.の動物性食品の習慣が最も
高齢者の生活の自立性の低下を防ぐ

という事が分かっていて、

つまり、肉食も含めたまんべんなく
色々なものを食べている高齢者ほど、

元気で長生きするという事です。

・・・

我慢しながら短命になると言う皮肉…

健康、美容、寿命に関しては、
このようなデータもあるのにかかわらず、

なぜ、巷では動物性食品を悪の根源とみなし
健康のために動物性食品をカットして粗食にするべき

と信じられているのでしょうか?…

もともとお肉が苦手で
野菜が好きでよく食べる人はいいですが、

もともとお肉が大好きなのに、

健康のために、生活習慣病を予防しようと
肉などをカットし、味気のない食生活で我慢し、

でも結局、植物性食品だけでは病気になる…

そういった皮肉的なことも
実際に起きているのです。

もちろん、菜食主義の
メリットもあります。

が、長期的に見れば
栄養バランスに偏り起き、

健康を損なう事もあるのです。

特に、お肉が好きなのに
我慢して無理して辞めてしまうと、

ストレスで潰されてしまいます。

美味しく食事をする事は、
心と身体の健康にとって

最も基本的な態度と言えるのです。

ちなみに精神性を高める
というスピリチュアルな理由で
菜食主義生活を実践する人もいますが、

かのヒトラーも菜食主義者だった
という話もあります。

動物を食べる=心が汚い
植物を食べる=心が綺麗

とは一概には言えないと感じます。

満足しながら楽しく食べていく
ダイエットの手法については

このサイトでも紹介していきますが、

次回、菜食主義者では短命となる

これはなぜなのでしょうか?

この謎についてこの後じっくり紹介していこうと
思うので、楽しみにしていて下さい。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。